薬剤師会主催の第1部は福祉医療公開講座で、薬剤師会の会員でもある一般社団法人愛知県薬剤師会会員、いきかた研究所 大人の食育塾やわるしす塾長 市川 歩氏のお話をお聞きしました。

現代医学、漢方薬。陰陽五行論。

気=エネルギーの塊が私たちが生命活動を営むために必要なもの。

カラダの中に気がたっぷりあり、気が駆け巡っていること。

食べ物も生きていたものなので、気を持っていて元気をくれるものである。

空気も気、呼吸をすることでも元気をもらっている。(呼吸は深く、)

おへその3センチ下にある丹田(骨盤の中)に気をためる事ができる。

ちゃんと食べて、ちゃんと吸って、ちゃんと出す。

あなたが健康なら、世界は平和になる。

薬膳のおすすめ食材として、山芋(長芋)、黒ごまを紹介いただきました。
咳をする肺を強くするには、蜂蜜、大根、なし、ネギ、玉ねぎ。

よく寝ること、声を出すこと、身体を温めることが当たり前に大切。

自分が元気だと周りも元気になるという言葉はその通りだなって思いました。

コメントをして足跡を残す

家族で日帰り「東京モーターショー2019」へ行ってきました。


ニュースで毎年開催の様子を見ていましたが、第46回!(私と1歳違い)
初めて会場に足を運びました。

新しい技術、自動運転でカラオケルームのような室内ももうそこまできてる感じです。

展示に人だかりでぱっと見は大人の頭?背中しか見えません。車椅子や小さな子どもでも展示が見れるように一列前にコーナーを設けていたのはSuzukiとNissanのブース。
未来を感じる展示だけではなく、構造を理解するもの、クラシックカーや高価な車と車にまつわる色々が勢揃い。




(金色)

展示エリアが3カ所、その間をつなぐオープンロードも歩きました。



歩ける運動靴で行ってよかった☺️
日帰りはハードでした。

コメントをして足跡を残す

午後は、議会報告会で議会からの発表内容について模擬発表の時間でした。

議会報告会は来月11月16日(土)14:00〜長久手市役所西庁舎3階です。


2つのグループに分かれ、教育福祉委員会のメンバーが「ごみの減量について」を発表することになっています。


大島令子委員長と12枚のパワーポイントを作成し、発表は大島委員長が、パソコン操作を私がしました。
発表後に、足りない部分、課題を明確にする必要があるなど…
指摘を受けたので全体リハーサルの前に手直しが必要になりました。

もう1つのグループの「住民自治と活動拠点について」の発表は課題が共有しやすい発表でした。

終了後。

山田かずひこ議員に興和商事で行われているプラスチックごみの選別作業現場へささせ順子議員、大島令子議員と一緒にご案内いただきました。

ごみを分別するにはそれなりの労力が必要です、長久手市内の家庭から出るごみをきちんと分別するには、各家庭の協力が不可欠です。


いろんなごみの選別は人の手で行われていました。本来、プラゴミには匂いもないはずなのに…。
目の当たりにした光景が衝撃的でした。この辺りは議会報告会でご紹介します。

コメントをして足跡を残す

「NTT GROUP COLLECTION 2019」名古屋の吹上ホールへ行ってきました。

お目当ては
①小中学校の学習用端末の導入事例
(愛知県は全国ワースト1の整備率、そして長久手はそれよりさらに遅れています)
②文字起こし

丁寧に説明を受けることができました。



今回見学に向かった背景としては、10月の一般質問で、まずタブレットの増台を進めるとの答弁をいただきました。
しかし、国の整備台数の目標は3クラスに1クラス程度整備です、長久手市は遠い遠いところにいます。

まず増台と言ったのも5年以内に各学校40台?!
(聞き間違えかと思うほどです)
1校あたりのクラス数が一番少ない長久手中学は13クラス、一番多い市が洞小学校では36クラスもある。
つまり国整備目標3クラスに1クラスに一番近い長久手中学でも13クラスに1クラスの整備😲


NTT GROUP COLLECTION 2019では、

①遠隔会議の需要からか、数年前に学校で見た電子黒板よりずいぶん進んでいました。
上部のカメラが手を上げた子を捉え、その子の声を拾うようマイクが働く。
小中学校の学習用端末は丈夫さがスタンダード、その上、紹介いただいたものは、個々人の情報をクラウドで管理しているので何の端末からでも個人のフォームにアクセスできる。
これは、遠隔授業にも生かせるし、入院や不登校などで学校に出てこれない場合はその部屋から、クラスでの学びを一緒の時間にうけることができる。
端末はタブレット型ではなく、ノート型でしたが、画面とキーボードの可動部が360度回転、丈夫だそうです。
ノート1台あたりは定価で5万ほど、納入実績では3〜4万?。

文部科学省の情報セキュリティポリシーガイドラインが改定予定、学校の環境整備に自治体の責任は益々重くなってきます。


②文字起こしは、20名近い会議では難しそうな印象でした。(今日の環境がなのかもしれませんが)
1:1の電話受付やオペレーション業務をリアルタイムで文字にし、共有できるので、電話を受けた人によって対応スキルがあることを可視化しにくかったものが見えるようになり、業務改善できそうです。かかってきた電話でどのようなやりとりが行われたのか文字で残すことができるので画期的です。

他にも
○顔認識では、性別、年代の判定に加え、興味の具合?感情?も分析できるようで、驚きです。
カウンターを右手に交通調査などが行われていますが、この顔認識カメラに任せた方が正確で休憩要らず?!

○長久手のN-タク(実証実験したタクシー型のドアトゥードアの市内移動支援)に似た、会津若松市の自宅にバスが寄ってくれるサービス。地域生活支援ポータルのサービス。

○セキュリティ対策・御用聞きのリモート化。

・・・

興味深かったです。

コメントをして足跡を残す

中部電力テクノフェア2019

今日は緑区の中部電力技術開発本部を見学させていただきました。



技術の進歩はすごい!

使える!安い!面白い!とたくさんのブースを見ました。

刈谷市議の渡邊たえみ議員、阿久比町議の大村文俊議員にお骨おりいただき、会派の冨田えいじ議員と出かけました。
ありがとうございます😊

ドローンの活用、Google マップを基礎に、レーザービームを回転させて、体重計からメールを送って…
どれもこれも、今あるものを道具に一歩進んだ使い方が新鮮でした。


VRの体験は衝撃的、スタートレックのホロデッキのような感じ・・・。
子どもの頃の未来が手に届くところに来てる感じでした。

丁寧にご案内いただいた中部電力の職員様ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す