4月始まり手帳

こんばんは。長久手市議会議員なかじま和代です。

私は、4月始まり手帳を使っています。

100マス計算で有名な陰山英男先生の陰山手帳、議員になる前から気に入って使っています。

年度の切り替えとともに新しい手帳には、子どもの新しいクラス、担任の先生をメモし、年中行事などを入れます。一仕事ですが、とりあえずの1年が見通せて、ホッとします。

この手帳「ビジネスと生活を100%楽しめる」というキャッチフレーズです。

月間スケジュールやタイムスケジュールなどに加え、右側のページが方眼ノートになっているのがポイントです。講演会などのメモ書きを兼ねて1冊で済ますことができるのが便利です。

使うペンは消せるボールペン、3色フリクションを主として使っていましたが、年度の終わりから初めにかけては消えないボールペンの出番も多く、アピタですごいものを見つけてしましました。

Dr .GRIP呪術廻戦  両面宿儺(4色ボールペン+シャープぺん)

新しい手帳のお供はこれにしました。

ペーパーレスでほとんどのことが問題なくできるのですが、頭の中を整理しながら作業を進める際には紙にペンがまだまだ現役活躍中です📕🖋

それでは本日はこの辺で。