田んぼで砂遊び?

こんばんは。長久手市議会議員なかじま和代です。

今日は自然農の田んぼで午前中を過ごしました。
何だか優雅そう???ですが、日差しも暑く、機械に頼らない人力で苗床になる場所の土をほぐす作業です。

この地方ではありがちな、ごろごろゴツゴツした土塊を叩いて、ほぐして、めぐちゃん曰く「ふわふわのベッドに」…めぐちゃんは農作業を教えてくださるアーティスト童心に返って、砂場遊びをしているような時間でした。
そういえば、何という作業だったんだろう?
「代かき」とか「田植え」のようにきっと名前があるんだろうけど、思いつきもしません。


一緒に作業するかたとお話もつきず。

大人になってそれぞれの居場所ができるとなかなか新しい出会いとじっくりお話は難しかったりしますが、農作業を一緒にしているとそんなことはポーンと飛び越えられる気がします。

昨秋から半農生活の入り口に立ち、田んぼを教えていただいていますが、 徹夜したってお米は実らない。収穫を見越して、土づくり、苗づくりと進みます。

いずれ、自分の主食を自分の手で作ること、あぐりん村に出荷することができたらいいなぁと夢見ています。

「一緒に筋トレのつもりで農作業をしてみようかな」という殊勝な方がいらしたら、お声がけくださいね。

それでは、本日はこのあたりで。

ヤッホウ❣️