障がい児発達支援センター湖の子園を視察させていただきます。

湖の子では、

・草津市の就学前児童の通所拠点として定員60名で運営しています。給食の提供もあります。

長久手市では令和2年に上郷保育園が東小学校西側の現在の農業改善センター地に移転新築します。この場所に度長久手市で初となる障がい児発達支援センターが1年遅れの令和3年度に新設予定です。
教育福祉委員会では所管事務調査などしてきました。
今日は、不安や支援への相談の体制や具体的な運営のノウハウを学んできます。

コメントをして足跡を残す

箕面市教育センター・箕面小学校を視察させていただきます。

長久手市議会が3つの委員会を2つにしたので、教育福祉委員会のメンバー8名と議会事務局1名の9名、少し大所帯です。

箕面市では、

・平成30年度9月から市内全小学校4~6年生の児童に1人1台のタブレットを配布している。

・使用する際の制限は特に設けず、休み時間中も自由に使用できる環境としている。

長久手市ではICT教育への取り組みが遅々としていますが、教育福祉委員会として視察することが叶い、様々な視点から市へ政策提案できればと考えています。

コメントをして足跡を残す

1人1台の端末に向けて

学校ICTフォーラムの文部科学大臣のメッセージ(Youtube)

「子供たちの可能性を広げるべき場所である学校が時代に取り残され、世界から遅れたままではいられません。令和元年度の補正予算案において児童生徒向けの1人1台端末・・・整備する経費が盛り込まれました。・・・」

さぁ!どうする長久手市!

一般質問や委員会、会派の予算要望などで様々に提案してきましたが、

10月議会では、
「10年後までに小中学校1校あたり40台整備の予定」
とまだまだ先のような答弁でした😢

整備の状況は、
全国平均5.4人/台
長久手市8.78人/台。


今、舵を切るべきです!

明日から2日間教育福祉委員会視察です。
学校ICTの取り組み(箕面市)、障がい児支援センターの取り組み(草津市)について。

箕面市、草津市ともに学校ICTフォーラムの先進校として今回視察校になっています。

しっかり学んできます!

国では「GIGAスクール実現推進本部」が令和元年12月に設置されています。
子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて対応するためのものです。
都道府県レベルでの共同調達の推進なども盛り込まれています。
愛知県は全国ワースト1の整備率です。
県の力も借りて、進めるべきです。

コメントをして足跡を残す

ソーセージ&こんにゃく手作り体験✨
3年物のこんにゃく芋を洗って、ミキサーにかけ、全身でかき混ぜたり、腸詰めも全部初体験でした。


こんにゃくいも
冬場には掘り起こし、霜にあたるのを避けまた畑に戻すそうです。3年も!


洗って切ることこんなに綺麗な白、匂いはう〜ん。



ソーセージの中身はなんと!鶏肉プラス豆腐
味付けはカレー🍛


ソーセージは魚焼きグリルで焼きました


全身の力を込めこね、ポールを作って熱湯へジャボーン、ぐつぐつ茹でます



お友達の家でしたが、同時進行で美味しく野菜を料理する様子が刺激的!
美味しいできたてをお腹いっぱいいただきました。

とりあえずキャベツ料理を自宅でも再現してみようと思います(パリキャベとザワークラウト)
ありがとう😊いろんな意味で充電できました!

コメントをして足跡を残す

日本国史学会主催の「芸術・文化と「自由」の問題-「あいちトリエンナーレ」が投げかけたもの-」の講演会にお誘いいただきました。


会場は名古屋国際会議場、1号間から4号間が取り囲む場所にスフォルツァ騎馬像があります。
真っ白な巨大な像だなぁと思っていましたが、調べたことがなかったです。
今回、基調講演の中で、基調講演をされた田中 英道先生(東北大学名誉教授・日本国史学会代表理事)たちがレオナルド・ダ・ヴィンチのスケッチ?からおこした作品だと知りました。
スフォルツァ騎馬像(ウィキ)

講演内容は河村市長は名古屋市長として公金を使った主催事業の観点から、田中先生は芸術家の視点から、岡島実氏は弁護士の立場からお話がありました。

コメントをして足跡を残す