実家の母を朝一番の電車で見送りました。

選挙の間の子どもたちのことなどを引き受けてくれました。(結果は無投票でしたが…)

3食の献立、子どもの学校の送り出し時間などお願いしていました。

早起きで、手間をかけ用意される献立…感謝いっぱいです。

母は、茶道を生きがいに表千家の講師を続けています。今日も午後には会があったようです。

まだまだ母には追いつけないなぁ…



15年ほど前に小さな苗木を沼津から「何の木かわからないけど、緑が綺麗よ」と我が家の庭に植えてくれた木に昨夏初めて花が咲き、実がなりました。

脚立を出し、母が収穫してくれました。

グレープフルーツより酸っぱくないみずみずしい美味しい柑橘でした。

コメントをして足跡を残す

長久手市議会議員選挙は定員ちょうどの18名が立候補届け出のため無投票になりました。

告示日(4月14日)に4,000枚のビラには証紙貼りをし、新聞店への持込みを行いました。昨日が休刊日だったため、本日新聞折込みされています。

ビラに貼る証紙は、告示日の朝8時半からはじまる立候補の届出が済むと4,000枚が交付されます。

事務所に持ち帰り、小さな証紙(縦1.3㎝×横1.9㎝)を1枚1枚のA4サイズのビラに貼ります。大変な作業ですが、2つのテーブルに分かれ、笑顔でどんどん作業を進めてくださる仲間にお任せしました。
2時間ほどで全ての証紙が貼り終えました。本当にありがたいことです。


新聞店へは証紙を貼り終えたビラを折込み枚数分数えて持込みますが、告示日の日曜日定休のところも多く、午前に営業していた店舗に持ち込みました。
定休の店舗分も後は持ち込むばかりに揃えていただきました。


[全画面表示する]


7日間の選挙があるものと準備を進めてきました。

ポスター貼り、はがき、証紙貼り、選挙カー…。

ポスター貼りも届け出後にポスター掲示番号が決まり「8番に貼ってね」の連絡に市内88箇所ある掲示板をたくさんの方に手伝っていただきました。

全てがボランティアで支えてくださった仲間との結晶です。
「無投票」の連絡には複雑な気持ちもあります。

ルール上4月21日(日)まで、候補者のままの立場です。

22日が選挙管理委員会からの当選証書付与となります。

新人4名を迎える臨時議会は5月17日に始まることになります。
新しい仲間とともに長久手市がこれからも安心して暮らせる環境になるように、引き続き取り組んでいきます。

本当にありがとうございました。

コメントをして足跡を残す

今日、市役所議員控え室にある私書箱(正式名称はなんだろう?)にハガキが届きました。

4月2日の朝日新聞関東版に私の記事が載ったことへの感想です。

記事のきっかけは、

昨年12月、女性議員向けに朝日新聞からアンケートがありました。

1期目を振り返り議員活動をする上で工夫したことや議員の仕事の魅力と人に勧めたい仕事かを答える質問でした。

私はやりがいを感じ、女性に勧めたい仕事だなどを書きました。それに対し、例え話の挿入が面白い内容だとご連絡をいただき、何度か記者さんとメールでやりとりをしました。

最終的には、面白いって言っていただいた部分では無く、家族に支えられていることへの感謝が記事になりました。


自分の記事だけど、読んでみたいなぁ。関東版か〜、ちょっと残念。

ハガキには、小牧長久手の戦いのことなど長久手についてもふれられていました。思いもかけず、遠くから応援をいただいて元気が出ました!

今日も感謝いっぱいの一日です✨

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

「議会だより5月1日号」は、3月議会の内容です。

記事について、最終稿のチェック!
議会だより編集委員ではありませんが、それぞれの議員が原稿を作成し、最後のチェックを行います。
私は総務委員長のため、総務委員会、総務分科会のページもあります。

・なかじま和代の一般質問
・佐野尚人代表質問への関連質問(ジブリパーク関連で宿泊施設の必要性を提案質問しました)
・総務委員会
・予算決算総務分科会
・総務委員会からの提言書

一般質問の原稿には1枚写真もしくは図表も原稿として提出します。1時間の一般質問を700文字程度(3分の2ページ)におさめるため、文章を補完する役割もあります。
今回は、教育振興基本計画の中に「不登校児童生徒の居場所としてNハウス(適応指導教室)充実」が記載してあることに強い違和感があり、その部分を補完するため本を紹介しました。
違和感は、安全な居場所が学校でなくなぜNハウス(適応指導教室)なのか?というものです。
私は、学校こそが安全な居場所にするのだと計画に書く必要があると思います。

関連質問は、同一の会派の議員に一人5分の時間で質問ができます。
長久手グローバルネットのページは1ページになります。


議会だよりが、お手元に届くのは長久手市議会議員選挙後になります。

今回、第6次総合計画について採決が割れた様子などが最終ページ◯×表でわかります。

議会だより編集委員が、議会閉会後にレイアウトや文章校正などをしてくださいます。
感謝です🌟

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

長久手市議会では議員1人につき年額12万円の政務活動費が交付されます。

政務活動費を充てることができる経費の範囲は次のように定められています。

・調査研究費
・研修費
・会議費
・資料作成費
・資料購入費
・広報費

さらに、運用する上での議会申し合わせ(運用指針)で細かな部分が決まっています。

一例をご紹介すると

・宿泊費は市の旅費条例に基づく「特別職の職員」を上限とし、実際の支出額を対象とする。
・視察先への手土産は対象としない。
・資料作成費におけるインク代、トナー代は上限額を年間1万円とする。
・新聞購読料においては、2紙目以降を対象とする。政党紙は対象としない。
・名刺代は対象としない。
・ホームページの作成依託費は対象としない。


なかじま和代は、平成30年度の政務活動費を、
3回分の議会報告(市内全戸へ配布)、7月の泉大津市視察で使用しました。

平成30年 7月1日 広報費 37,950円なかじま和代レター15
平成30年 8月9日 調査研究費 10,340円泉大津市視察
平成30年9月18日 広報費 34,100円なかじま和代レター17
平成30年12月28日 広報費 39,895円 なかじま和代レター20

なかじま和代レターは、自作のデータを入稿し印刷しています。印刷費は1枚あたり2円ほどです。

返金は0円になります。

政務活動費については色々なご意見があると思いますが、なかじま和代は年額12万円を使用しました。
ありがとうございました。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す