一般質問2日目
なかじま和代
3時25分から60分間一般質問を行いました。

【今回は4項目】
1 子育てしやすいまちづくりについて(10月に始まる幼保無償化、紙おむつの持ち帰り問題、小学生の放課後の居場所)
2 医療費助成について(子ども医療費を18歳までにできないか、脳ドック検診について)
3 教育振興基本計画について(不登校児童生徒の居場所について、自宅学習の正当な評価について、パブリックコメントの扱いについて)
4 AEDの屋外設置について

添付資料3点を用意しました。
添付資料自体は議事録に残りませんが提出することで議場にいる議員、執行部、傍聴者の方々と共有だできます。
添付資料
①幼保無償化資料[全画面表示する]

不登校児童生徒が自宅においてIT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱い等について(文部科学省通知)
③西小学校AEDの設置状況と学校開放の利用状況[全画面表示する]


提案が実現に向け舵を取ったものもあり、周知したかったこと欲しかった数字も明らかになり達成感もあります。
・保育の無償化で2.1億円の収入減、前提となる消費税増税で税収は3.4億増加
・紙おむつの持ち帰りは保護者、保育士の意向調査
・不登校児童生徒の家庭学習を正当に評価すべき(文部科学省連絡
・子ども医療費を現行の中学卒業までから18歳までにしたら年3,000万円(通院・入院)必要
・検診は活用しやすくわかりやすく周知に努める
・AEDの屋外設置を小中学校で来年度以降

AEDの屋外設置については、前回提案した際に、次の更新に合わせて実施していけるのではないかと思ってましたが、なかなかスムーズに事が進まず、市の執行部にヒアリングした際には検討したけれど屋外設置はしない、施設の開所時間外で使う場合には「ガラスを割ってもらっていい」というようなことを言われてギョッとしていました。
小中学校のグラウンドは日曜祝日の学校休業日に95%以上の利用率で貸し出されています。
少年野球やサッカーチーム…もしも必要となった時、ガラスを割るということは現実的な対応ではありません。1日も早くAEDの屋外設置が進むように今後も注視していきます。

・・・

パブリックコメントの取扱要綱について要望をしました。
私は、市の要綱にある「提出された意見に対する個別の回答は、行わない。」は見直すべきではないか?と質問しました。
が、
答弁は、要綱の読み上げのみでした。時間だけが経過…。

「要綱で決めているからできない」は理由になっていません。

氏名、住所、連絡先(電話・メールアドレス)を明らかにして意見を出した者に対して、どのように市は意見を取り扱ったかの結果です。きちんと本人にお返事すべきだと思います。
「閲覧場所やホームページで確認してください。」というのは、対話を進める気が感じられません。
みんなでつくるまち条例にある「互いに声をかけ合い、人を集め、とことん話し合うことを大切に」という姿勢は大切だと思っています。これは例え、集まれなくても話し合いに参加する意思のある人を大切にするための条例だと思っていますが、今回の答弁ではがっかりです。

明日は一般質問の最終日。
同じ会派☆のお二人も登壇します。

☆9:30〜 伊藤真規子議員
☆10:40ごろ 佐野尚人議員
13:00ごろ 野村ひろし議員
14:10ごろ わたなべさつ子議員
15:20ごろ さとうゆみ議員

通告内容はこちら

ぜひ議場にお越しください💕

コメントをして足跡を残す

昨夜は、政二塾で参議院議員の橋本聖子先生。


聖子の聖の字は、お父様が東京オリンピックの聖火の聖の字をつけたられたそうです。
小学2年生に札幌オリンピックを観て、ジャンプやスケートという冬の遊びが種目にあることを身近に感じたこと。

そして、小学3年生で発病、高校3年生では医療事故にもあい、治ることのない3つの病気を抱えながら、19歳でオリンピック初出場。
その後は、競技人として最低限の薬の使用にとどめる必要性から運動生理学や食などのチーム医療のお陰で、自然治癒力をあげ、体を疲労させずにトレーニングできるように体質改善をしたそうです。
当時最先端のスポーツ医療は、ソビエト。トップランナーを育てる論文(マサイ族をつくる)、マサイ族は汗をかかない。汗をかくと疲労するので、汗をかかない必要があり、そのための水分の取り方を変えることで身体が変わる。・・・不思議な話でした。

持って生まれた人間の治癒能力を引き出すことで、130%のトレーニングをしても100%と同じ疲労感になる。

ヨーロッパの地域医療は未病対策。
・風邪をひかせない
・怪我をさせない

日本は・・・

ヨーロッパのリゾート地は、その地域医療がバックアップし、介護、スポーツ、食に満足しながら長期の滞在ができる一つの産業となっている。

日本には安全安全な食があり、清潔で移動インフラが整っているので、メディカルツーリズムの需要が海外から高まっている。
山あり、海あり、モノづくりが盛んで、人口の多い愛知は高いポテンシャルがある。

WHO世界保健機関憲章前文に健康が定義されています。ウエルビーイングwell being

「健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。 ・・・世界中すべての人々が健康であることは、平和と安全を達成するための基礎であり、その成否は、個人と国家の
全面的な協力が得られるかどうかにかかっています。・・・」

健康的で良質な生活と社会福祉が充実した社会となるように!未来への先行投資、失われたコミュニティを復活させ引きこもりをゼロに。外国人労働者をどんどん増やすことはできない。

2020年のオリンピックパラリンピックはただのスポーツの祭典ではない、成熟した国家として、新しいイノベーションで、どこより素晴らしいおもてなしを訪日の4000万人に体感してもらいたい。そのためにはオールジャパンで盛り上げていきたい。

橋本聖子先生はわかりやすく力強いお話であっという間の時間でした。
講義の終了8時半の後、知立駅から電車でご自宅へと帰られました。
母親であることも大切にしているんだと思いました。



長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

長久手市議会は、令和元年6月議会が開会しました。


開会日は日程の決定、議案の上程と説明で10分で終わりました。

今日の流れ
全員協議会  9:45〜9:57
本会議開会 10:00〜10:10
全員協議会 10:20〜10:45

会の前後に行われた全員協議会の内容は

朝の全員協議会
・市長挨拶
・本日の本会議日程について
・議長からの報告(今後の日程、空き会派室2部屋は議会ミーティングルーム1・2として18名の議員の共有スペースとする。利用は30分単位での予約制、本日から利用可能)
・事務局からの報告(説明員の出席について、一般質問補助資料の提出ルールについて)

本会議後の全員協議会
・川合保生前議長表彰(6月11日に行われた全国市議会議長会総会で川合保生前議長の正副議長4年在職に対して表彰)
・議員の窓口訪問についてヒアリング
(議長から、
「窓口へ出向かず、課長以上の役職者に電話でコンタクトを取り、用件を伝える。込み入ったものは議会の用意する部屋(会派室、ミーティングルームなど)に課長以上の役職者を呼び、説明を受けるように」
ということについて議員の窓口訪問についてヒアリング
議員からは
「なぜそのような話が出たのか、議員側に改める部分があるのであれば改める。議員活動として窓口へ行く必要がある」・・・私は窓口であればサクッと解決する問題もあるし、相談を受けた市民の方に同行することもあるので必要だと思います。)

6月議会は23日間の日程のなかで、議案の審査、一般質問、所管事務調査などが行われます。

全て傍聴可能です。
明日は議案に対する質疑が行われます。
議会日程はこちら



市役所北側の駐車場には泰山木の花が咲きました。

コメントをして足跡を残す

📕朝読みボランティア📚で西小学校へ。

今日のクラスは41名とギュウギュウのクラスでした。


「にんじんさんがあかいわけ」

「クレヨンのはしご」

「トンガのきいちごつみ」

朝読みは授業前の8時25分〜たった10分です。

元気の良い主人公、ワクワクする冒険物語、可愛い顔で聞いてくれて私も元気をもらいました^_^💕


市内全小中学校でエアコン設置が進んでいます。足場でピンク色の校舎が囲まれ、真っ黒い布がはってあるのもあと僅かです。

コメントをして足跡を残す

議会運営委員会が開かれました。

議会運営委員会は、長久手市議会では会派制をとっているため各会派から選出された委員、無会派から1名の委員の8名で構成されています。議会を円滑に運営するために設置されていて、定例会の開催日程の調整、本会議の進行の確認、議会の課題の調整などを行います。

調整し合意することが大切なため、宿題を持ち帰り、各会派、無会派の合意意見を持ち寄る場になります。

メンバーは、山田かずひこ委員長、ささせ順子副委員長、青山直道委員、岡崎つよし委員、大島令子委員、、川合保生委員、佐野尚人委員、なかじま和代です。
議長、副議長、議会事務局職員が同席します。

会議は、開催日程が公開されており傍聴可能、配布資料を含め議事録も公開されています。


今回は以下の6項目を話し合いました。

①6月13日に始まる「令和元年第2回長久手市議会定例会」の日程、一般質問の通告内容、請願などの確認

②「令和元年第3回長久手市議会定例会」日程

③会派室の使用について

④議員報酬について

⑤議会報告会について

⑥検討事項の優先順位について

・・・・・

②については現吉田一平市長が9月17日で任期満了を迎え、8月25日に市長選挙があるために通常は9月議会として開かれますが、10月3日開会の28日間の日程で開催されます。

③会派室の使用については、市議会議員が改選により変わり、会派が6から4に減りました。これに伴い会派室として使っていた2部屋が空いているが、無会派の議員で使えないかどうか?
これが宿題となっていたので、それぞれの意見を出し合いました。
結果、18人の議員の共有スペースとして利用できるように事務局が準備することになりました。

ただ、共有スペースとして一時的に利用できるようになりますが、会派が構成された際には会派室としての利用が優先されます。

会派室は、会派内での打ち合わせや面談などに使うほか、一議員としても打ち合わせなどでも利用します。
複数名の議員で会派は構成されるため調整しあい、部屋を使っているのが現状です。

議会内にはそのほかに、議員控室、委員会室などのスペースがあります。

④議員報酬については、報酬審査会の開催を議長から執行部へ依頼することで合意。

⑤議会報告会については従来通り行う(開催時期?平日か休日か?昼間か夜か?は宿題)。団体へ出向く、市民まつりにブースを設けるなど意見が出ました。

⑥優先順位は議会基本条例の検証結果を受けた見直し、政務活動費の使途金額の見直しなど順次行われます。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す