佐野尚人(さの)市長候補が赤字体質を立て直すために何を考えているのか対談しています。
4分ちょっとの動画です。ご覧ください。

佐野尚人YouTubeチャンネル


・・・・・佐野尚人YouTubeチャンネル・・・・・

リニモテラスは、3回も「みんなで決める」とコンサルを使っています。

市民が決めたものを市長は突き返し、またコンサルを使って「みんなで決める」という場をつくる。

今まで出た意見は全てムダ、コンサル料もムダに。

ただでさえ、みんなで決めることにはお金がかかります。

市長は市民から出た意見が気に入らなかったのでしょうか。

コメントをして足跡を残す

選挙2日目。


佐野尚人(さの)市長候補は、お盆休み明け慌ただしく出勤される方に「いってらっしゃいませ」とご挨拶させていただきました。

なかじま和代は佐野尚人市長候補を応援しています。

選挙にはルールがあります。
公正な選挙が行われるための大前提がルールの厳守です。
街頭演説は朝8時から夜の8時まで、候補者以外の応援員は腕章をつけること、街頭演説ののぼりを立てることが決まっています。

市長選挙の選挙ビラは16,000枚(市議会は4,000枚)、証紙を貼ったものが配れますが、配布する人と場所が限定されています。
配る人は腕章をしている。
配る場所は、街頭演説中、個人演説会会場内、新聞折込、選挙事務所内のみです。

他にも選挙はがきの利用、街宣車の利用ができますが、ルールのもとでの活動です。
佐野尚人の陣営は、正々堂々とルールを守ります。

大きなマイクで街宣車がご迷惑に感じる部分があるかもしれませんが、長久手市の課題を市長候補者として訴えることができるのはこの選挙期間中しかできません。

みなさまのご理解とお支えをよろしくお願いいたします。

コメントをして足跡を残す

今日から長久手市長選挙です。

現職の任期満了(平成31年9月17日)に伴う選挙です。

3名が立候補を届け出ました。


顔ぶれは

・吉田一平(現職)72歳 WEBサイト
・佐野尚人(新人・元市議会議員)54歳 佐野尚人YouYubeチャンネル
WEBサイト
・河合直人(新人)57歳 Youtube

なかじま和代は市長候補「佐野尚人」を応援しています。

佐野尚人(さの)氏は、7月末まで長久手市議会議員でした。

市議会は4月の統一地方選挙で改選がありました。
市長に立候補するための空き議席は、選挙後3ヶ月であれば自動的に補欠選挙があります。
ところが今回の市長選挙は3ヶ月を超えるため、自動的に補欠選挙ができる状態ではありません。

今回、補欠選挙が行われるのは、便乗選挙と呼ばれるものです。
便乗選挙は、選挙が行われるときに同じ地域内での空き議席があればその空き議席のための選挙が行われるというものです。

議員辞職は議長に届けますが、告示日10日前までに空きがあること選挙管理委員会が確認できることが便乗選挙の条件です。議長から選挙管理委員会へ提出するまでに猶予があることなどを考慮し、7月末辞職しました。

この空き議席には「冨田えいじ」市議会議員候補が立候補してくださいました。
冨田えいじHP


佐野尚人(さの)市長を選んでいただき、赤字体質を立て直して欲しいと思っています。
長久手はもっと良くなる!

コメントをして足跡を残す

留守の間、芝犬のふぶきちゃんをペットホテルに預かっていただきました。
預かっていただいている間のお散歩や食事の様子が送られてきました。


写真にコメントもあり、可愛がっていただいている様子にとても安心しました。

今回お世話になったのは、シュシュマルさん。
長久手市打越109

コメントをして足跡を残す

第4期政二塾の終了式

昨夜は、政二塾の終了式に出席しました。
私は第4期からの参加でしたが、鈴木政二先生のもとで刺激的な学びをいただきました。
それぞれの地域で現職で仕事する仲間、政治を志す仲間と出会うことができ幸せです。
先生には今春の市議会議員選挙に向けてはずいぶん心配いただきました。


講義で型を教わり、質疑はそれぞれの立場で質問する。

自分のまちでの現状と他市町の当たり前の違いに驚くことも多々ありました。

会場が知立市で、夕方から始まる講義。
最初は土地勘の無い場所まで出向くことに不安もありました。
家族の理解がないと出られない時間ですが、快く送り出していただきました。
多くの出会い、そこから始まった活動、たくさんの方に大変お世話になりました。


修了に際し、
弱いものの味方になり、人の間違ったり、世の中の間違ったりしたところを正すという気持ちを持って欲しいと、「義憤」の言葉をいただきました。

義憤は、道義に外れたこと、不公正なことに対する怒りのこと。
「怒る」は悪いことのようなイメージがありましたが、最近の学びを通して見方が変わりました。

怒るは喜怒哀楽の一つ

怒りはパワーを持っていて、周りの人に怒る姿をただ見せるとそのパワーしか見えなくなりがちです。

「あの人怒ってる!(近寄らないようにしよう)」

そこで、怒りの感情と怒りのもととなる事実を切り分け、コントロールする。

喜怒哀楽の一つなので魅力の一つでもある。

義憤という言葉は多分このコントロールできている怒り。

弱い人のために政治をして欲しい、やってやれんことは無い、夢を持ってといつも応援してくださる政二先生に感謝いっぱいです。

コメントをして足跡を残す