今日は、味噌仕込みをしました。

毎年、おうちごはん研究会で企画する「みそ仕込み楽会」で仲間を集め樽に仕込みます。

みんなで集まって味噌作りできるのは幸せです💕

今回は小さな参加者もたくさん。



小さな手でクルクルと豆をミンチにひき、一生懸命混ぜてこねて、お団子を作って投げ入れる!

美味しくな〜れ!

味噌の原料は、お豆、麹、塩の3つ。

2種類の味噌(麦味噌 豆味噌)は出来上がり時期も味も違い楽しめます。

麦味噌は、麦麹+米麹を使います。

完成までは3ヶ月ほど✨

5月には出来上がりです!

豆味噌は、豆麹を使います。

出来上がりは1年後の今時期です。

蓋塩(ふたじお)に、塩の1割弱を仕込んだ味噌の上に敷きます。

(豆知識)

蓋塩は、雑菌から味噌を守るためです。

上に敷いた味噌は、仕込みの長い時間を通じて溶けて、全体に染み渡るそうです。

出来上がりの頃には濃度はほぼ均一になるというので、長〜いお話です。

コメントをして足跡を残す

大豆は、2日前から1日半浸水させ煮ます。

明日の「みそ仕込み楽会」の下準備です。

昨年は愛知県産の大豆でしたが、今回のお豆は青森県産のおおすず大豆。

吸水もはやく、まん丸のお豆が1日の浸水でこんな感じ。

大豆を水洗いすると、泡がでます。

さらに

煮ても、あわあわ泡がでます。

短時間でふっくらと煮えました。ほんのり甘い美味しい豆です!

(豆知識)

泡について豆知識。

この泡の正体は、サポニン

ラテン語の石鹸を意味する「サポ」からついた名前です。

大豆に含まれる苦みや渋みの成分で、洗うときや茹でる時に泡立ちます。

大豆サポニンは、抗酸化作用が高く活性酸素を除去し、脂肪の酸化を防いでくれます。

その他にも効果はいっぱい「サポニン」で検索してみてください。

コメントをして足跡を残す

私は4月始まりの手帳を使っています。

ここ何年も100マス計算で有名な蔭山先生の「蔭山手帳」です。

子どもの進級に合わせ、情報の更新に便利なのが4月始まりの手帳です。

アイボリーのカラーは新色!

次の4月に向け注文しました。

再来週2月18日からマスがあるので、移行しなければ(^ ^)

 

コメントをして足跡を残す

3月議会といっても、次の長久手市議会は2月19日(火)開会日です。

一般質問は、次の4項目の質問を提出してきました。

1 子育てしながら働き続けられる環境の実現について

2 食育の推進について

3 教育について

4 情報通信技術(ICT)の利活用による便利な市役所について


一般質問は、議員が市政全般に関して、行政側に現状や見通しを質問することです。一人の議員に議会期間中に1回、60分の持ち時間があります。

4項目の質問内容。

1 子育てしながら働き続けられる環境の実現について

①第6次総合計画案に生後2ヶ月からの保育実施が明記されているけれど、今までの議会答弁は「安全性が確保できないから長久手市では6ヶ月からです」ということだったので、安全は担保できたの?

②4月からの平成31年度予算案に、看護師加配が205万円計上されているけれど、この金額でどのような業務なのか?


2 食育の推進について

①1年後の4月に上郷保育園が移転新築オープンの予定でその中で自園調理もできる予定だとわかった。けれど、誰が献立をたて、調理するの?どうゆうスケジュールで?

②自園調理になったら、その保育園の園児分だけの食材でよくなる。そうしたら、長久手市産の野菜をもっと使えるようになる?


このじゃがいも、タマネギは給食生産者会に示された基準より小さいため納品できないサイズ


✨3 教育について

昨日まで3回、麹町中学校工藤勇一先生の学びを受けて、3項目の教育の部分は強〜い想いが詰まった質問です。

長久手市では、初の「教育振興基本計画(案)」を策定中です。
義務教育だけでなく、人生100年時代 の教育に必要な道しるべとなる計画です。
全世代のかたが対象に具体的な取り組みが記載されています。

この教育振興基本計画案はこちら

この中身についての質問。

①「生きる力」の育成は、人がそれぞれ多様な感じ方、考え方をするもので、対立があって当たり前だと自覚する必要があります。教育は、対立を解決することを学ぶ機会であるべきです。では、どのように取り組むつもりなのか?

②多文化共生の推進のページには、外国語を学ぶ、異なる文化習慣を学ぶことが具体的に書いてあります。でも、日本の文化習慣を知ることがまず大切だと思うけれど、どのように取り組むつもりなのか?

③中学校の学校図書館が昼放課時間の15分から20分しか開館していません。これは、読書活動の機会の損失でとってももったいない!開館時間延長のために4月からできることは?

⑷ 計画には生涯学習として人生を楽しむための趣味の学びの必要性が記載されていました。そのほかに、人生100年時代の教育は、転職や起業などの生き方をを支援する計画も必要。市内に4大学、近隣にも教育施設のある長久手らしい大人の自己成長、キャリアアップのためのリカレント教育を計画に取り入れられないか?


4 情報通信技術(ICT)の利活用による便利な市役所について

情報通信技術(ICT)は技術革新が著しい分野であり、スマートフォンの世帯保有率は平成29年には75.1%、モバイル端末全体では94.8%と普及が進んでいます。市民サービスに対し、「市民からの情報収集手法の構築」、「市民ニーズに合わせた情報提供手法の構築」及び「電子手続の充実」を図ることが必要。そして、行政事務に対し、「新たな技術の活用による業務効率化」を図ることも必要。どのような計画があるのか?

コメントをして足跡を残す

今日も日帰り千代田区立麹町中学校へ。


現在アマゾンでもベストセラーにランクインしている「学校の「当たり前」をやめた。生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革」
工藤勇一校長先生のお話をうかがいに日帰りです。

今回は脳科学者 DAncing Einsteinの青砥瑞人さんの講義がありました。


「脳についてはわからないこともたくさんありますが、仕組みがわかってきた部分もたくさんあるんですよ。」と。
科学的立場から脳の働き方の仕組みについて教えていただきました。

ざっくり言うと、


普段は、おでこの内側が司令塔としてからだに信号を送っている。けれど、極度のストレスを受けるとここの部分が機能しなくなり、信号を出さなくなる。これは太古の昔から人間が自己防衛のために身につけた能力で、端的に言うと頭が真っ白の状態。

真っ白になったら、正常な判断ができない。

問いに答えられず、頭が真っ白になる経験。
仕事が山盛りで、頭が真っ白になる経験。
怒鳴り声に、頭が真っ白になる経験。
・・・
確かにあります。

それを回避するのに必要な力が「メタ認知」。

客観的にみて、整理する力。

良いストレス、適度なストレスによる脳のパフォーマンスアップ効果の話も面白かった!

ストレスを子どもに与えることが否定されているような時風がありますが、その子に必要な良い具合のストレスなら、ストレスがあったほうがいいってこともある。


脳の仕組みを聞いて、現実の体験の中にその仕組みを実感した体験をグループワーク。

一つの話を一緒に聞いても、受け止める部分がそれぞれの体験に基づくので違っていて学びが深まります。



木村泰子先生、工藤勇一先生からも発表があり、お腹いっぱいな気持ちです。

1月26日に西尾市での出会いもふくらみ、大人の本気は面白い!を実感しています。

ご縁に感謝です💕

コメントをして足跡を残す