こんばんは。長久手市議会議員なかじま和代です。
コロナ禍で延期されてきた愛知七区議員連絡会(自民党)の総会が豊明市文化会館にて開催されました。
例年は懇親会スタイルでしたが、今回は元総務大臣 しんどう義孝代議士による「日本国憲法の改正実現に向けて」と題した基調講演がメインでした。
 
 

しんどう義孝代議士は、川口市役所職員11年、市議会議員を経て国会議員となった方です。

講演では、

日本国憲法は、9日間でGHQの起草したもの。

3人の起草者に話を聞いた際「占領下での憲法で自主独立後も使っていることへの驚き」を3人が揃って口にしていたことに加え、憲法施行から75年、時代や社会の変化に新しい価値観も加味してアップデートする必要を議論する場が必要だとのお話から始まりました。

「誰が国民を守るのか?何処にもその規定は無い。」など日本の置かれた不安定な状況に対し、憲法改正は喫緊の課題であることをお話しいただき、憲法改正の必要性と意義、自民党の「憲法改正4項目たたき台」の内容について資料をいただきました。

自民党憲法改正実現本部に設置した「憲法改正・国民運動委員会」は、2月にタスク・フォースを立ち上げ、今後も勉強の機会をたくさんいただくことになっています。
 
「今の社会にどのような憲法が必要か?」議論する場が気軽に話せる必要があると思います。
 
最後は、間もなく始まる東郷町長選挙に立候補表明をしている水川あつし氏、7月に参院選を控えている藤川政人先生の大勝利を誓い、ガンバロウコールでお開きとなりました。
 

それでは本日はこの辺で。

ヤッホウ❣️

 

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。