こんばんは。長久手市議会議員なかじま和代です。

今日は、コロナで中止、中止だった小学校の授業公開へ行ってきました。
新3年生のお母さん「初めてです^_^」という声を聞いて、複雑な思いでした。

授業では、電子黒板&タブレットはフル活用!
整備後、週末に持ち帰る程度でしたが、先生の使い方もスマートで使い込んでいる様子がわかりました。
ペーパーレスという訳ではなく、作図はプリントに定規と分度器を使い鉛筆で✏️
 
(復習)
・分度器を使った200度の作図
180度に足す子、360度から引く子は半々くらいの様子。
 
(新しい学び)
・辺アイ5cm、角ア50度、角イ45度の三角形アイウの作図
・作図の仕方に間違い探し「答えが正しいかどうかを説明しましょう」
 ・・・計算の答えを出すだけでなく、説明できるようにする教育
☆学校の45分授業、先生の板書が減ると時間が生まれ、一人ずつの作図の採点や応用問題まで進め授業が変わったと実感しました。
 
教室の様子、お友達との様子がわかり一安心です。

それでは本日はこの辺で。

ヤッホウ❣️

 
 

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。