今日は長久手市議会のくらし建設委員会の委員で武蔵野市立武蔵野プレイスを視察しました。


武蔵野プレイスは、JR中央線の武蔵境駅から徒歩1分の立地にあり、図書館機能に留まらず、生涯学習支援、青少年活動支援、市民活動支援をするための複合施設です。

地上4階地下3階、1571㎡(468坪)ほどの建築面積ですが、丸みのある窓、角のない天井、角のない壁、吹き抜け、書架の本棚にある空きスペース、ノスタルジックな気持ちになる優しい色の照明のためか人が多く賑わっていても息苦しさがありませんでした。完成から6年の建物です。
開館時間は9:30〜22:00。

4階から順に階を降りて、見学させていただきました。


4階部分には、「ワーキングデスク」と呼ばれる有料の予約貸し出しスペース40席があります。予約は60分前からできます。1日の利用時間を4時間ごと4コマに分け、¥400/4時間で利用ができます。
家に帰るまでに第2の書斎として利用される方が多いそうです。
利用料金の支払いに年払い制もあり、その場合は年額¥24,000円で、毎月8コマは優先的に利用できるそうです。この年払いの利用者は数百人と伺いました。
平日の昼間でしたが30%ほどの席が埋まっていました。夕方以降のコマは大抵満席だそうです。
その他に貸会議室(2部屋)がありました。
3階は、主に市民団体向けのスペースが用意されています。
カウンター、ミーティングスペース、5つの会議室、プリント工房という名前の印刷室(印刷、コピー、裁断、折りなど可)、貸ロッカー(メールボックス60団体分無料、ロッカー40団体分有料)などです。


「スタディコーナー」は図書館カードを持つ人の学習スペースで56席あり、4階のワーキングデスクと同じように予約貸し出しスペースですが、こちらの利用は無料です。同じ3階に利用者専用の端末があり、図書カードをスキャンし、利用時間帯と空席を予約する様子を見せていただきましたが、単純な動作でした。機械から座席利用票が発券され、この利用票を座席正面に掲示します。



会議室の一つでトーキョー・リアリー・フリーマーケットが開催中でした。フリー(Free)という言葉の通り、無料で持ち込み、持ち帰りができます。
今週末7月22日15時から18時には駅前の境南ふれあい広場公園で30以上の出店があり、物々交換だったり、気持ちと物の交換だったり、お金でない「なにか」との交換によるフリーマーケットが開催されるそうです。

2階は読み聞かせのできる「おはなしのへや」がありその周りには乳児向けから児童向けの本(少し漫画も)が配置されています。
同じフロアに育児、料理、健康に関する日常生活の本があり、親子、家族で利用できる工夫をしているそうです。
児童書コーナーの空中には、たくさんの星や天の川の様子が素敵でした。天の川は7月の装飾で、毎月変わるそうです。

1階のつくりは、

南北の入り口から武蔵野プレイスに入ると一列に自動貸し出し返却器があり、それに並行して新着・返却資料棚があります。新着・返却資料棚はその名の通り、新しく購入した本と当日返却の本を置く場所です。
「一番貸し出しがある新しい本は見つけやすく!」、「利用者の手で棚へ返却なので、職員の手を借りる必要がない」などメリットがいっぱいです。


「予約資料コーナー」は、予約した本が配置されていて、予約した本人が本棚から本を探して借りる手続きをします。予約したもの以外を持ち出すことはできず、こちらも職員の手を借りる必要がありません。
予約された本の中には漫画「宇宙少年」、「ちはやふる」、「ドラゴンボール」…もありました。





カフェが中央にあり、おしゃれなスペースでした。キッズメニュー、ランチメニューから、夜にはドリンクメニューにビール、ワインなどお酒も提供しています。とても賑わっていました。カフェ主催のイベントも時々開催されるそうです。

地下1階に下りると、音が無く、光が柔らかい図書館のスペースです。

地下2階は、「ティーンズスタジオ」という一番特徴的なフロアです。
利用者は基本的に19歳以下の青少年(ティーンズ)です。


青少年向けの本のスペースから扉を隔てて、中央にはカーペットの上に様々なソファやイスが配置され、何をしていても良いスペースがあります。
安心して本を読んだり、話したり、食べたり、飲んだりしている様子でした。おやつにカップ麺を食べる子も多く、湯沸しポットや電子レンジも利用できます。利用に予約の必要は無く、とても居心地が良さそうで気軽に立ち寄っている様子です。カーペットの上には大人は入れません。


ダンス練習ができる大きな鏡のあるスタジオ、ドラムなどのある防音室は2室、ボルダリングの壁、卓球の部屋、クッキングや工作用の部屋があり、ゆったりしたティーンズのためのスペースではたこ焼きパーティーが開かれたりするそうです。

平日の火曜日、お昼過ぎの時間から見学させていただきましたが、どのフロアもたくさんの人で賑わっていました。
利用者のアクセスは、徒歩もしくは自転車が主で28台用意されている自動車駐車場は大抵ガラガラだそうです。

各フロアごとのテーマがありながらも、目的外の出会いを意識しているそうですが、印象的だったのは、基本は職員の手を使わずに自分の手で席も本も借りれる、返せるということが合理的でした。22時まで開館しているので仕事や学校の帰りにふらっと寄ってリフレッシュできます。
休館日が水曜日なのは、武蔵野市立中央図書館と吉祥寺図書館が金曜日なので利用する市民の利便性を考慮してのことだそうです。
本臭さのようなものは無く、どのフロアも建物のデザインを生かし清潔でおしゃれでした。
地下2階のスペースには子どもでも大人でもないティーンズに秘密の時間を持たせてあげられる愛と余裕を感じました。



武蔵野プレイス館長さんには視察を受け入れていただき、丁寧にご案内いただきました。ありがとうございました。

見学中に空が真っ暗になり、バケツがひっくり返したような雨が降っていましたが、通り雨でした。


駅前にはNバスにそっくりな、Mooバスが!MooバスはNバス誕生の再参考にさせていただいたそうです。


歩道には路上禁煙の表示があちらこちらにありました。

満員電車を乗り継ぎ、明日の視察先「埼玉県深谷市」へ移動。


深谷駅

コメントをして足跡を残す

愛知県内の女性議員による超党派の政策勉強会「あいち女性議員の会」、第11回はフリーディスカッションに参加させていただきました。



先日の三市議会研修会での手話についての話から、プラスヴォイスのサービス、総務省の出しているアプリ「こえとら」などを教えていただきました。

手話での自己紹介はまず入り口。コミュニケーションが取れる仕組みが整うようにしていきたいです。

他市町の様子もうかがい、参考になりました。

あいち女性議員の会は、あいち女性議員の会は、愛知県内の女性議員による超党派の政策勉強会で、薬師寺みちよ参議院議員が、女性が未来に夢を持てる社会をつくり、子どもたちの笑顔あふれる明るく元気なまちづくりを実現していくためにと毎回様々なテーマで開催してくださっています。

コメントをして足跡を残す

キッズキッチンインストラクター講座2日目。
今日は子どもたちの料理を見守りながら、サポートに入りました。

身長や学年、性別はグループ分けで知っていましたが、一人ひとりを迎えると性格や経験値が違い、人参🥕をピーラーで薄いリボンのようにする作業一つを見守るにしても、かける声やタイミングが違うんだと実感しました。


4歳から10歳の子どもたちで一汁ニ菜を作りました(^-^)


卵アレルギー対応の代替マヨネーズ

本:もっとひろがる国産米粉クッキングから


卵と小麦粉のミックスの代替に便利なひよこ豆の粉(ペサン)

片付けの後には、アレルギー対応について、代替食の用意なども教えていただきました。

アレルギーは口から食べることによるもの以外にも、皮膚から体内に入ることでの危険性についてもお話しがありました。ちょうど6月議会の一般質問で取り上げた内容もありました。

とにかく、イベント当日までにアレルギーの有無、程度を十分に保護者の方から情報をいただくことが大切です。

子どもに基本をきちんと教えるために必要なことと不必要なこと、もしもに備えた下準備のひと工夫などたくさん教えていただきました。


神戸の中央市場、魚市場内のキッチンスタジオがあります。お昼はお隣の海鮮丼屋さん、赤だし付き691円。

コメントをして足跡を残す

坂本廣子(さかもとひろこ)先生主催のキッズキッチンのインストラクター講座に参加しています。


今日は食育理論と調理の実演であっという間の一日でした。

学校外食育は。

どのような立場があるのか?
好きで勝手にやっている活動なのか?

という問いについて研究をされ、

公衆教育学の観点から子どもの育ちになくてはならないものだという答えにたどり着いたそうです。

例えば、「おばあちゃんがお祭りにはあのお寿司作るよね」などの住んでいる地域の細やかなニュアンスを伝える言葉で次の世代に日常の中で伝えていくものです。


NHKのひとりでできるもん(1991年〜)の生みの親で、キッズキッチンにも子どもが自分で気づくこと、体験することを大人は応援する立場でいるべきだという姿勢を大切にしています。

子どもが主体的にした体験は、驚きと共に一生忘れない記憶になる。
本物の食材から生まれた一品一品は間違いのない味「美味しい!」になって、これが自分の力を信じ、自分で出歩いていけるという感情を育てることになる。

キッズキッチンでは1回のレッスンで、一汁二菜を作ります。
これは、日本の見よう見まねの文化の中にある「段取り力」も育てることもできる。

子どもが育つための子育ち、料理ができるように育てることは人を人として一人前に育てることと同じだと思いました。
調理の実演では、子どもの手の構造から魚を3枚におろす方法などを学びました。
参考図書などもたくさん紹介していただいたので、正しいことを伝えられるようになるためにもまだまだ勉強が必要です。



スーパーでは巨大な西瓜がお出迎え

コメントをして足跡を残す

朝読みボランティアで一年生のクラスに入りました(^-^)



夏の夜空、8月8日の月食についてお話ししてから元気の出るお話し『げんきなこうさぎピピン』、『きんぎょのきんちゃん』、『ゴロゴロゴロン』の3冊を読みました。

朝一番でも教室は30度と暑かったです。

げんきなこうさぎピピンは、
春に生まれたまだおっぱいを飲むような赤ちゃんのうさぎが、狐に狙われたりしながらも冬には真っ白なうさぎに変身し、一年間を生き抜くお話です。

きんぎょのきんちゃんは、かがくのともの絵本。



沢山の金魚がいる養魚場で生まれてから、ビニール袋に入れられたり、網ですくわれたり、トラックで運ばれたりしながら、ななみちゃんのお家の水槽で暮らすことになったお話です。

ゴロゴロゴロンでは、

ゴロゴロゴロンはなにかな?
雷⚡️

なぞなぞに答えてから、昨日の夜の雷の様子をみんなが生き生きと話してくれました。

コメントをして足跡を残す