1人1台の端末に向けて

学校ICTフォーラムの文部科学大臣のメッセージ(Youtube)

「子供たちの可能性を広げるべき場所である学校が時代に取り残され、世界から遅れたままではいられません。令和元年度の補正予算案において児童生徒向けの1人1台端末・・・整備する経費が盛り込まれました。・・・」

さぁ!どうする長久手市!

一般質問や委員会、会派の予算要望などで様々に提案してきましたが、

10月議会では、
「10年後までに小中学校1校あたり40台整備の予定」
とまだまだ先のような答弁でした😢

整備の状況は、
全国平均5.4人/台
長久手市8.78人/台。


今、舵を切るべきです!

明日から2日間教育福祉委員会視察です。
学校ICTの取り組み(箕面市)、障がい児支援センターの取り組み(草津市)について。

箕面市、草津市ともに学校ICTフォーラムの先進校として今回視察校になっています。

しっかり学んできます!

国では「GIGAスクール実現推進本部」が令和元年12月に設置されています。
子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて対応するためのものです。
都道府県レベルでの共同調達の推進なども盛り込まれています。
愛知県は全国ワースト1の整備率です。
県の力も借りて、進めるべきです。

コメントをして足跡を残す

閉会後に全員打ち合わせ会が開かれ執行部から説明を受けました。

1.長久手中央土地区画整理事業換地処分に伴う町界町名変更(行政課)
2.長久手中央2号公園整備(たつせがある課)

2については公園の利活用のためのグレードアップイメージとともにスケジュールが示されました。


令和2年度に公園のグレードアップ設計1,000万円
令和3年度に公園のグレードアップ工事1億円

今回のグレードアップイメージに対しては、ワクワクできず必要性もわかりませんでした。

コメントをして足跡を残す

24日間の日程で開かれた第4回長久手市議会定例会が閉会しました。

本日、議案第59号 財産の買入れ が新たに追加の議案として上程され、本会議で質問をしました。

「議案第59号 財産の買入れ」の議案概要は、
市役所に隣接する不動産(土地851.13㎡、建物鉄筋コンクリート造地上3階地下1階484.08㎡、車庫54㎡)を市役所整備よう不動産として85,113,000円で買い入れるものです。


前提として、議会2日目(11/28)にこの契約に必要な予算を補正予算として可決しています。

補正予算の審査で市がこの不動産取得の必要性を説明し、次のことが明らかに(公開できないことがわかるっていうのも変な日本語ですが)
①売主の希望で30年を経過する建物つきの土地であること
②建物は市が活用予定だが、用途は未定であること
仲介手数料がルール上限の「対象金額の3パーセント+6万円=287万5千円」であること
解体費用、不動産鑑定額などが明らかにできないこと

85,113,000円という不動産購入金額の妥当性については、④解体費用、不動産鑑定額などが明らかにできないことには、「妥当な金額である」という職員の言葉を信じるしかありませんが、それだけでは無責任な感じも否めません。 「妥当な金額」かどうかの検証が行えるように、本会議で質問しました。

Q 契約後、市所有の財産となった段階においては、今回の交渉過程に不透明な部分がなかったか検証できる材料として解体費用、鑑定評価額を含む交渉記録を開示できるか。
A契約後、所有権移転登記の後であれば情報公開請求などがあれば開示できる。
との答弁で、安心しました。


例えるなら・・・
子ども「本を買ってくるから1万円ください!」
「金額のわかるものあるの?」
子ども「わかるものはないけど信じて」
「じゃ、お金は渡すけど領収書をもらってきてね」
子ども「うん、領収書もらってくるね」

こんな感じの安心感です💕



他に2点を確認しました。
Q 市役所建設までの一定期間、建物は活用するがその用途は定まっていないとのことだった。平成30年7月に施行したみんなでつくるまち条例で市民との情報共有、協同する事を定めている。取得後は不動産情報を公開し、使い道を話し合う必要があるのではないか。
A市民とは話し合わず、市役所内の関係各課と早急に調整する。

Q今後も市役所整備には不動産の取得が必要になる(例えば今回の不動産に隣接する用地など取得)。今後も仲介者をつけることになるのか。
Aつけない。

本会議が休憩となり、総務くらし建設委員会で審査され委員会は可決しました。

本会議再開後は委員長報告の後に、議案50号から59号までの採決が行われました。53号を除く議案が可決しました。

議案53号「長久手市使用料及び手数料条例等の一部を改正する条例」は賛成討論・反対討論とも多数あり賛否が割れましたが、否決されました。

今日のお昼ごはんも「おふくろの味処」。味噌チキンカツごちそう様でした。

コメントをして足跡を残す

長久手市議会は20日閉会日まで後2日ですが、今日の議会運営委員会に新しい議案が出ました。


11月27日に上程され28日にスピード可決した予算から、市役所に隣接する不動産の契約の議案です。

議会運営委員会では
(1)令和元年第4回長久手市議会定例会について(追加議案、日程の変更)
(2)令和2年度の年間日程案について(来年度1年間の目安)
(3)議会報告会について(市議会ホームページ公開用のグループ報告内容)
(4)議会基本条例について(特別委員会設置に向けて委員会での調整事項ピックアップ)


お昼はおふくろの味処で「酢豚」
おふくろの味処は市役所の西隣、シルバー人材センター1階の食堂です。
平日は日替わりランチメニューを550円でいただけます。
夕方まで市役所でお仕事でした。

コメントをして足跡を残す

長久手市都市計画審議会が開催されました。
議案3件について、学識経験者4名、市民2名、議会から議員4名が委員として出席し審議しました。



今回は署名委員です。
議事録の最終チェックをし署名をしますが、文字起こしは都市計画課のかたがしてくださいます。

文字起こしソフトの導入を12月議会の一般質問で提案しています。
会議終了後に機械による文字起こしができあがっていれば署名する側の記憶も新しく、タイムロスなく市民へ情報公開ができます。そして、職員さんの文字起こしへの労力も大幅に短縮できます。

議案には2週間の縦覧期間が設けられていましたが、特に意見はなかったそうです。

1号議案は、長久手市が公園西駅ですすめている土地区画整理の南側30筆ほどの地区計画(用途地域より細かな制限)の決定
2号・3号議案は、長久手中央地区の道路幅員変更による用途地域の変更、地区計画の変更
1号議案では5つの制限がきまりましたが、その中の一つは長久手市内で初となる緑化率の設定です。

策定中の「長久手市都市計画マスタープラン」について簡単な説明がありました。

次回は3月17日に審議会が開かれるます。

12月25日には「長久手市都市計画マスタープラン策定委員会」が開かれます。

コメントをして足跡を残す