本日の本会議で第6次長久手市総合計画(ながくて未来図)が賛成9:反対7で可決しました。

総合計画は、長久手市が目指す10年後の未来像を描き、その未来像の実現のための取り組みを示す「まちづくりの指針」となる大切な計画です。

議案23号 第6次長久手市総合計画はこちら

私 なかじま和代 は、反対討論をしました。

賛成討論を創生クラブを代表し 1件 ありました。
反対討論は、私を含め 5件 ありました。

私の反対討論を紹介します。

議案第23号第6次長久手市総合計画基本構想について反対の立場から討論いたします。
はじめに、多くの時間をかけ作成過程に携わった多数の市民の方々に敬意を表します。
賛成できない理由としては、総合計画が、基本目標、7つの分野の物語、政策がワンセットで記載することが重要であると説明を受けました。
理想の姿は、パートナーや出会いに恵まれた特別な人が主役です。
現実に助けが必要な方が、本市で2028年、どのような毎日に幸せを感じ生活しているのかの姿が物語にありません。
また、行政サービスを維持するためには、財源をどのように確保するのかが切実な問題ですが、その姿も物語にはありません。
物語をワンセットにしたことで、市民にわかりやすくなったとは思えません。
今後10年間、市の指針となる最上位の計画にこの物語が含まれることは、議決になじまないと考え、賛成できません。

理想の物語にならない、一人ひとりの普通の毎日に寄り添えるような行政運営の指針が必要だと考えますが、賛成多数で計画が可決となりました。今後これを指針に長久手市の行政運営がされることになります。


議員ポストには、長久手市総合計画の前期のアクションプランが投函されていました。

私は、議論の場に出てこない市民、出てこれない市民の声も大切だと思っています。

コメントをして足跡を残す

本日長久手市議会3月定例会が閉会日でした。

9時45分に議員全員打合会があり、税務課から地方税法の一部を改正する法律が3月末日で成立し、4月1日施行のため、専決処分の対応について説明がありました。

総務委員会からは「ふるさと納税」について委員会から議長に提言書を提出し、議長から市長宛に出していただけるようにお願い致しました。


私が委員長を務める総務委員会では、所管事務調査、視察、議会報告会での市民との意見交換で「ふるさと納税」について一年間を通じて取り扱ってきました。
委員それぞれ意見がありましたが、国の合法的な制度です。本市の現状を踏まえた提言をしました。

以下が総務委員会からの提言内容です。

1 本市の現状
ふるさと納税の制度は、 平成20年度税制改正により創設された自分の生まれ故郷や応援したい地方団体などに、ふるさと納税(寄附)ができる制度です。本市では市民が他の地方団体に寄付する件数が年々増加し、平成30年の市税控除額は1億4,595万3,545円になりました。一方で、本市への寄付は平成29年度40件、115万2,000円です。
地方交付税交付団体であれば、減収分の75%が地方交付税によって 補填されますが、本市は不交付団体のため市民が他の地方団体へふるさと納税することが、そのまま本市の減収になっています。

2 提言
行政サービスを維持するためには、財源をどのように確保するかが切実な問題です。ふるさと納税の制度は、アイデアや活用によって地域経済の活性化につながることは確かです。寄付しやすい環境が進み、ふるさと納税市場全体の拡大は今後も増えていくと思われ、本市のふるさと納税について、体制を整え積極的な展開を提言します。
⑴ 事業の充実をはかるため、ふるさと納税担当の職員配置をすること。
⑵ 特色があり、わかりやすい施策をたて、納税者の共感を呼ぶこと。
⑶ 魅力ある返礼品の発掘をすること。

今朝から、ふるさと納税激増の4市町(大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町)について、事前にルールのない中、2018年度特別交付税の3月配分額について、災害関連を除きゼロとしたことがニュースで大きく報じられています。
「財源に余裕があるとみなし、交付税を受け取らない「不交付団体」並みの扱いとした。」
ということです。
長久手市は不交付団体のため、市民が他市町へふるさと納税することがそのまま本市の減収になっています。
この額が、平成30年の市税控除額は1億4,595万3,545円です。

くらし建設委員会からは、市民の日常の行動がCOOL CHOICE運動の参加につながるよう求める提言書が提出されました。

コメントをして足跡を残す

今期最後の議会運営委員会に出席しました。


昨夜は寒く今朝は遠くに見える御嶽山が真っ白でしたが、お昼にはぽかぽかした日差しが暖かです。

追加議案が提出されました。

市長提出議案
・総務部長が兼任する固定資産評価員の選任について

議員提出議案
・市議会委員会条例の常任委員会を3つから2つにする改正について

・プラスチックごみの削減に向けた対策を求める意見書の提出について

また、その他として。


通告書の様式変更について、和暦表示か年月日で表示かで意見が出ました。
私は、「日本の暦である和暦を」と意見しました。

改選前なため、改選後に意見があれば再度話し合うこととなり、様式はひとまず和暦で統一することでまとまりました。



市役所北の土手には「よもぎ」「つくし」が春を教えてくれています。

コメントをして足跡を残す

長久手市選挙管理委員会による「長久手市議会議員選挙4/21の立候補説明会」が開催されました。


任期満了に伴う選挙(4月14日告示、21日投開票)の説明会です。

説明会には、定数18に対し、17が出席でした。

内訳は現職13、新人4です。説明会に参加することが立候補の条件ではないので、これからどうなるのか。

説明会では、以下の内容を

1 選挙日程について
2 届出関係について
3 選挙運動について
4 その他

立候補予定者の事前審査は4月3、4日に行われます。


市役所駐車場の土手に可愛いつくしがいっぱい💕

コメントをして足跡を残す

長久手市議会では、今議会から予算決算委員会を常任委員会化しました。

今までは新年度予算審査時には、予算特別委員会を設置し、8名の議員が審査にあたっていました。

決算審査時も、同様に特別委員会を設置し、8名で審査していました。

議会ごとに提出される補正予算については、総務委員会(6名)が審査していました。

今回の常任委員会化によって、議長を除く全議員17名が審査することになりました。

メリットとしては!

・今までの倍以上の人数で審査するため、より丁寧な審査が可能になります。

・通年で予算決算が審査できるため市の事業への取り組み姿勢を一連の流れの中で審査できるようになります。

予算決算委員会開催の流れは、

①本会議で、予算の議案が予算決算委員会に付託される。

②予算決算委員会が開かれ、総務、教育福祉、くらし建設の各分科会に審査する事件が送付されます。

③総務、教育福祉、くらし建設の各分科会が開かれ、審査が行われる。

④予算決算委員会が開かれ、総務、教育福祉、くらし建設の分科会長の報告、報告に対する質疑、討論採決が行われる。明日はここ!

⑤本会議で、予算の議案が予算決算委員会で委員長報告、報告に対する質疑、討論採決が行われる。

私は、総務分科会長です。

明日は、分科会長として総務分科会報告などがあります。報告原稿は仕上がっています😉!

予算決算委員会は、明日3月14日(木)9時半より本庁舎2階の委員会室で開催されます。

お時間がございましたら、傍聴にお越しください。

市内のあちらこちらで沈丁花の香りがします。花言葉は「栄光」「不滅」「勝利」。

香りに元気をいただきました🍀

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す