平成30年第1回定例会の一般質問の通告日でした。

次の5項目を通告しました。

1 長久手市子ども読書活動推進計画について

子どもの読書活動に関する施策を総合的かつ計画的に推進し、読書活動を通じて子どもの健やかな成長に資することを目的に平成25年度から5年間取り組み、実績をもとに第2次長久手市子ども読書活動推進計画を策定中である。
⑴ 小学校・中学校の学校図書館で毎年1校あたり600冊程度購入しているが、本の廃棄は誰が何を基準に行い、その後の行方はどうなっているか。
⑵ 学校連携司書5人が分担して小学校6校、中学校3校を巡回しているが、子どもの居場所作りの観点からも各校に1人配置できないか。
⑶ 小学校中学校の図書ボランティアはどのような活動をしていて、活動の割合はどのようか。また、連携体制はどうなっているか。
⑷ 公立保育園では子どもが絵本を選び貸し出す活動が毎週行われてきた。長湫北保育園で貸し出しをしなくなったのはなぜか。

2 長久手市みんなでつくるまち条例「職員の役割及び責務」「市民参加及び協働」について

⑴ 地方公務員法及び長久手市の条例で職員の服務の原則は「職員は、法令、条例、規則その他の規定を守り、及び上司の職務命令に従い、全体の奉仕者として公共の利益のために、その職務を民主的、かつ、能率的に遂行しなければならない。」とあるが、みんなでつくるまち条例の「長久手市全体を職場と捉え」とは条例文として適当か。
⑵ 「子どもがまちづくりに参加することができる環境づくり」とは具体的にどのようなものか。
⑶ 「協働を進めるため、互いに声をかけ合い、人を集め、対話を繰り返す」と条例文に協働の手法を具体化することは、その他の手法を否定することになるのではないか。

3 子ども・子育て支援制度について

⑴ 平成27年第2回定例会の一般質問で休日保育を提案し、福祉部長は「土曜日保育の充実と必要性の検証、休日保育については保護者の勤務状況の精査とニーズ把握に努める。」との答弁であった。休日保育のニーズはどのように把握したのか。
⑵ 保育園に近隣の市区町村から越境入園を受け入れないか。

4 避難所の運営について

平成29年10月21日、22日に西小学校で1泊防災キャンプが実施された。衆議院議員選挙の日程と重なったことから体育館ではなく教室を活用することになった。
⑴ 「長久手市小・中学校避難所運営マニュアル」に基づき災害時に校舎、体育館、校庭等をどのように利用するか「学校施設利用計画」を策定すべきではないか。
⑵ 炊き出しにおける食中毒防止とアレルギー対応などルールの策定をすべきではないか。
⑶ 各避難所に公衆電話を設置しないか。

5 敬老事業について

昨年度まで満80歳、満85歳、満90歳、満95歳、数え100歳に敬老金を贈呈していたものが、今年度は数え88歳、数え100歳の市民の方となった。昭和2年、3年、4年生まれの人は満90歳のお祝いが無くなり、数え88歳も超えている。今年度経過措置として敬老金を贈呈すべきではないか。

一般質問は2月26日(月)、27日(火)、28日(水)の3日間の日程で、朝9時30分より始まります。

傍聴手続きは市役所2階議会事受付で、氏名等の記入がありますが、途中入退場自由です。ご都合がつきましたら、ぜひ、いらしてください。
当日は、本庁舎・西庁舎1階モニターで中継を見ることもできます。

2月19日の議会運営委員会で正式に日程が決まりますが、正副議長を除く16名の質問内容は、長久手市議会ホームページで近日中にごらんになれます。

コメントをして足跡を残す

本日、議会運営委員会が開かれ、2月21日開会の第1回定例会の提出予定議案が示されました。

提出予定議案に「長久手市みんなでつくるまち条例の制定」が入っています。

市役所ホームページにアップされました。「長久手市みんなでつくるまち条例(案)に対するパブリックコメントの実施結果」


パブリックコメントは218件ありました。

コメントをして足跡を残す

減災館にて長久手市議会議員研修を行いました。

名古屋大学減災連携研究センター長の福和伸夫氏に「過去に学び総力を結集して大震災を克服する」について講義いただきました。

過去の歴史的大事件を地震、噴火などの影響と結びつけたお話は興味深く、地域をあげての備えの必要性を感じました。

防災拠点となれる市庁舎、他市町との連携も課題を感じました。


屋上にパラボラアンテナを設置した減災館、建物が三角なのとは土地の形状に合わせただけで、せっかくならと階段もとんがっています。

高低差のある土地を活かし免震のための積層ゴムアイソレーターが見える作りです。


屋上には防災拠点となれるように、1,000人分の水、太陽光発電システム。(写真は模型)


名古屋城と城下町の移転のきっかけとなった清洲城の液状化。

コメントをして足跡を残す

長久手市が1月12日までパブリックコメントを募集していた「みんなでつくるまち条例」は100件以上のご意見があったそうです。

その中から、
3条 議会の定義
7条 議会の役割及び責務
へのご意見について1月22日(月)市議会会派代表者会議で話し合いをしました。
会派ごとに意見を出し、それらを議長副議長にお任せして議会からの意見として市側に伝えると決まり、会派で話し合いをしました。

・・・・・・・・
長久手グローバルネットからは以下の訂正内容に考え方を示します。

3条 議会 市議会議員で構成され、市民の意思を市政に的確に反映させるための(議決→)議事機関をいいます。
(考え方)議会の役割は議決のみに限定されたものではないため、議決機関の表記を議事機関と改め広義の意味を持つものにした。
7条 議会は、憲法に基づく地方自治制度の下、議事機関としてその責任を深く認識し、公正性と透明性を確保し、積極的な情報の公開に努め、市民に開かれるよう役割を果たさなければなりません。
2 議会に関する事項は、長久手市議会基本条例の定めによります。
(考え方)
地方自治法で位置付けられた議会がまちづくり条例の中で改めて役割と責務を定義されるものではないと考える。このため、解説中にその文言を入れるのでなく、条文内に記載した。
議決機関の表記を議事機関と改め広義の意味を持つものにした。
「公正性と…」の部分は、平成27年4月1日施行の長久手市議会基本条例前文を抜粋した。

コメントをして足跡を残す

まちづくり条例のパブリックコメントが1月12日まででした。
全部で100件以上のパブリックコメントが寄せられたそうです。

今日は、会派代表者会議が開かれ3条、7条の議会部分のパブリックコメントを受け、会派へ持ち帰ることになりました。

コメントをして足跡を残す