午後は中部水道企業団の第1回定例会でした。
中部水道企業団は、長久手市のほかに、豊明市、日進市、みよし市、東郷町にお住まいの約32万人に上水道の供給を行っている特別地方公共団体です。
任期が2年のため最後の議会でした。


議会運営委員もつとめているので、委員会で議事について決定の後、定例会に出席しました。


令和3年度の予算議案は可決しました。


写真は最後だからと日進市のベテラン、渡邊明子議員が撮ってくださいました。


「うまい水 水源たどれば 木曽の山」安定的に安心安全な水道水を供給しています。

コメントをして足跡を残す

次男の卒業式でした。


北保育園に行っていたので、西小学校に入ると保育園からのお友達が0人で、さびしそうだったことがついこの前のようです。
中学では、北保育園の仲良しさんと再開でき、嬉しそうでした。

コロナ対策の第8回卒業証書授与式は、国歌も校歌も静聴でした。

卒業証書授与は、1人ずつ名前を呼ばれたあとに、壇上で書き初めのようなメッセージを披露。

「産んでくれてありがとう」
「いつもご飯を作ってくれてありがとう」
「支えてくれてありがとう」
「すべての人に感謝」


なんだかジーンとしました。

校長先生からは、「小惑星はやぶさのサンプルリターンについて」が、はなむけの言葉として贈られました。
ついこの前、2020年12月に帰還したはやぶさ2号機ではなく、2010年に地球に帰還した1号機のお話でした。

覚えている限りでこんなお話でした→

ミッションである小惑星でサンプル採取するも電源が停止し、行方不明になったあとも諦めないチームが微弱な信号をキャッチし、目的外の使用で機能を回復し、約7年、60億キロの長旅の末に地球に帰還しました。はやぶさは機械なので意思や魂はないと思いますが、「地球に帰りたい」という意思があったように思えます。
君たちは義務教育を終了し、社会という大宇宙に羽ばたつことになります。そこには目標となる惑星が有り、個々の目標がそれにあたります。今後どのような試練や困難が立ちはだかるわかりません。
そんなとき支えてくれる人に向け発信する力と受け止める力を身に着けて北中を旅立ってください。北中は君たちの母なる星です。



持ち帰った卒業アルバムは、行事が少なかったのですが、1・2年生当時のクラス写真も載っていたり工夫された立派なものでした。
保育園から長い間お世話になった給食ともお別れです。
義務教育の9年間で57センチ伸びていました。
給食のおかげです(^o^)

コメントをして足跡を残す

今日も3月議会中の予備日でしたが、昨日同様に公の予定がなかったので。

甘酒作りとヨーグルト作りをしました。
甘酒は、玄米入りのご飯を柔らかめに炊き、米麹をいれ60℃で保温。


仕込んで8時間で出来上がり!


ちょっと疲れた身体を優しい甘さがしみます。

ヨーグルトはふじっこのカスピ海ヨーグルトを種菌からおこします。
28℃24時間で保温のため出来上がりは明日になります。

と、楽しみつつも。

3月4日の一般質問(代表質問)の準備を進めました。

今回は3項目を質問します。
1.災害時の備えについて
2.視覚に関するバリアフリーへの取り組みについて
3,教育行政について

夜はオンラインの講習会 
#下剋上タグ #体験の処方箋
体験の処方箋は、なかなか思い通りにいかない’自分’をうまくハンドリングする薬になるモノだったりコトだったり。
コロナ禍で活かしていけそうです。

コメントをして足跡を残す

今日は3月議会中の予備日でしたが、公の予定がなかったので。

先週、予算決算委員会教育福祉分科会の報告を大島委員長と作成しました。
2月25日、26日の2日分の審査内容を3月11日の予算決算委員会で報告するものです。

報告の後、採決をするので、審査内容がわかるように丁寧に作成します。
質問と答弁を簡潔にまとめる作業なので、簡単なことなのですが、朝からスタートしましたが簡単に終わりません…


お昼は西庁舎1階の喫茶店でランチ、手作りのコロッケ美味しかったです!


チョコレートの差し入れも有り、文字起こしソフトで115ページの原稿を要約し5ページに仕上げることが出来ました。

3月11日予算決算委員会は9:30スタートです。
総務くらし建設分科会と教育福祉分科会の両分科会長報告と討論、採決が行われます。

・・・

市議会の本会議、常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会は原則公開となっていますので、どなたでも傍聴することができます。


コメントをして足跡を残す

昨日の新聞に国公立大学の2次試験と解答例が載っていました。
地元紙の中日新聞は「名古屋大学の国語・数学(解答例:河合塾)」。



国語の現代文に採用された文章は、「情報通信技術の確信は、あなたを幸せにしてくれただろうか。」と始まり、(渡邉淳司、ドミニク・チェン監修・編著『わたしたちのウェルビーイングをつくりあうために』から

出題部分だけですが、「幸せ」を「効率性」「経済性」とは異なる価値基準として企業や福祉、人と人とのあいだで整理しようというお話でした。

岐阜新聞WEB【問題と解答例】名古屋大2次試験の前期日程(←こちらで全教科見れます)

長久手市に「幸せのものさし」があります。
時間をかけ、平成29年に「ものさし」ができています。
長久手市役所「幸せのモノサシ」


「長久手の幸せのモノサシ」は、子どもの笑顔を指標にしたと私は理解しています。(あっているのかな?)

ユニセフ報告書「レポートカード16」先進国の子どもの幸福度をランキング 日本の子どもに関する結果 を見ると日本の子どもが置かれている状況は身体的健康が1位なのに、精神的幸福度が37位です。

せっかく出来たモノサシです。
子どもたちが朝から晩まで幸福でいられるために使い倒すことを決めて、希望が持てるようにしたいです。

コメントをして足跡を残す