長久手中学校で行われるセルフディフェンス講座を見学させていただきました。


講座は、ティーチャー(青嶋宮央さん)とミッキーの二人の講師の先生が楽しくわかりやすく、使える内容を次々テンポよく飛び出す面白くてためになる時間でした。

セルフディフェンス講座は長久手市立の小学校は4年生、中学校は1年生で行っています。
セルフディフェンスというと、「自分で自分を守るための護身術」ですが、講座を聞いていて、

×自分だけで自分を守らなければいけないんじゃない。
自分を守るために大人に頼るという選択ができることもとっても大切。

「大人は世界に一人じゃない、自分の話を聞いてくれる大人に出会うまで諦めないで伝えて」というメッセージに心にきました。

ティーチャーに教わった笑顔になれる魔法の言葉「ラッキー!」

嫌なことを言われたら、

自分の心を落ち着けるために心の中で「ラッキー!」を10回。
それから、「そう言われると嫌なんだ」と相手に伝える。
言われて嫌なことは人によって違う、嫌だときちんと伝えないとまた言われる。

もし、心の中で10回では落ち着かなそうな時は、「トイレ!」と言ってその場を離れる。
それから「ラッキー!」をトイレの中で10回声に出してみる。

声に出してラッキーっていうと、キーのところで口角が上がります。表情も心にはとっても大切。


他に、嫌なことを頼まれたら「ごめんね」が魔法の言葉。

お金を貸してって言われて、親に怒られるとか、他のものを買いたいとか、言い訳をすると相手はそれに対して答えてくる。だけど、「ごめんね」ってだけ何度も返事していると、相手は理由を自分で考えてくれる。
とにかく、相手が落ち着くまで「ごめんね」


もう一つは、
嫌なこと危ないことに誘われたら、心の拒絶を表すために手のひらを相手に向けて、「○○はやらない」

最初からきちんと断ることがとっても大切、秘密を共有すると相手の仲間にされてします。
万引きする間、みてるだけで良いとか、ついてきてくれるだけとかハードルが低くてもキッパリ断る。

中学校の授業2コマ分の講座で後半は見れず、後ろ髪ひかれる思いでした。


実は長久手中学校へ伺うのは初めてでした!

昭和22年4月創立、校歌には「豊臣徳川両軍の〜」と長久手の合戦が歌われています。


FBで行ったことを報告すると長久手中学校の卒業生が多数、3世代で母校!という方もいらっしゃいました。
丘の上からの景色もよく、1階に図書室がある4階建、本当に長久手全体を見渡した歌で、地元に誇りが持てる校歌が素敵だなって思いました。

講師の先生が「女性市会議員さん3名(大島令子議員、伊藤真規子議員、私)と、教育委員会から3名授業見学に、来てくれました😄👌・・・」とFacebookで見学の様子をアップしてくださいました。

コメントをして足跡を残す

長久手市社会福祉大会に参加しました。
長久手市と長久手市社会福祉協議会が主催です。

市内の福祉活動団体、個人の方の表彰が行われ、小中学生の福祉作文発表が毎年楽しみです。
小さな人たちが持つ純粋さ、自分が体験したことを伝え、もっと良い社会を作りたい気持ちが伝わってきます。
受賞者12名のコンクール優秀作品集をいただきました。
読んでみたい方はご連絡くださいね。

(小学生の部)
・身近な福祉
・小さな思いで大きな笑顔へ
・明るい社会のために笑顔を
・手話で対等に学ぶ
・あたたかな優しさ
・ちょっとした気づかい
・二つの体験を通して、私が出来る事

(中学生の部)
・「里親」から
・少子高齢化と福祉を考えて
・僕等について、
・眼鏡から福祉を考える
・福祉のまち長久手

知らないことを怖がらず体験すること、知ったことをシェアし続けることが大切だなぁと改めて思いました。

明日は福祉の家で「福祉まつり」です。
市内の福祉事業所やボランティア団体、40ブースが出展しおもちゃ病院もきます。



ござらっせの入浴、あぐりん村でのお買い物と一緒にぜひお出かけください。

コメントをして足跡を残す

長久手市役所たつせがある課の男女共同参画市民講座に参加しました。

今回はたつせがある課が主催、NPO法人ながいくさんの企画ということで楽しみにしていました。
市役所西庁舎3階研修室には託児スペースも設けられ、たくさんの参加者で賑やかでした。
9月28日(土)本日は1回目、続けて10月26日(土)には2回目が開かれます。


名城大学・愛知学院大学非常勤講師の中島(なかしま)愛子先生に前半1時間の講演、その後に先輩共働き夫婦3組を交えてのグループごとの座談会が行われました。

会場内は、託児スペースから聞こえる可愛らしい声にホッコリしながらも、二人で働くメリット、デメリットについて考えたり、○×クイズなどがあり楽しく参加できました。

二人で働くメリット
①経済的な理由(女性が働き続けると2億円)
②リスク回避
③やりがい、人としての成長
④妻が交渉できる=対等なパートナーでいられる

④の対等なパートナーという考え方について、先生が「我が子が女の子で、結婚したら主従関係の従の役割を担う関係だとしたらどうか?稼いでいなくても対等なご夫婦もいるけれど。」との問いがあり考えました。

専業主婦について、私たちが子ども時代母親が専業主婦というスタイルは一般的だったし、その子ども時代は幸せだった記憶が重なり、合理的な選択に結びつかない心の現実があるとのお話には、私自身も子どもの頃見た母のスタイルに随分影響を受けているなぁと思いました。終身雇用、年功序列が当たり前でなくなってきた社会で、何が幸せにつながるのかそれぞれの夫婦で話しあっていくことが大切なんだろうと思います。

後半は、グループごとの座談会。
3組のご夫婦はどの方達も素敵でした。素敵なんだけれど、本当にそれぞれのご夫婦ごとに色があるというか、個性があって。聞いていると幸せになるために努力しているんだってことが発見でした。(なんとなく、隣の芝は青く見え、努力なく幸せな風に見えてしまう)

座談会の中で、「子どもが病気になったら、どうする?」という話が出ました。
誰が迎えに行くのか?休むのか?そんな話に「保育園などの緊急連絡先を個人の携帯ではなく、会社の固定電話に指定している」という知恵をいただきました。
会社の固定電話に保育園からかかってきたら、周りの人に自分からその話題を振らなくても、子どもに何かあったんだろうと察してもらえるので、早退などを言い出しやすいということです。
我が子のことを思えば、一刻も早く子どもの元へ飛んでいきたいですが、仕事を前に言い出しにくい気持ちは十分理解できて、良い知恵だなぁと思います。


次回10月26日(土)は、
Nobody’s Perfectジャパン認定ファシリテーターの三ツ口仁子先生と、夫婦の関係・子どもの心の問題にどう向き合うかを考えるそうです。

コメントをして足跡を残す

尾三消防組合議会が東郷町にある尾三消防本部で開かれ出席しました。

平成30年度決算認定を含む9議案を審議しました。
9月13日に議案説明会が開かれ、丁寧に議案を説明いただき、本日の本会議を迎えました。


尾三消防は5市町による広域消防です。

歳入の多くは各市町からの分担金で、長久手市は分担率18.8119%の633,044,000円です。
広域化により、初動体制、増援体制、大規模災害対応力の強化が実現しています。
また、消防や救急では1秒でも早く現場に到着することが大切ですが、現場到着時間についても各市町の境界付近においては広域化により現場に近い消防署から出動することで、到着時間の短縮が実現しています。

損害賠償請求訴訟を提起についての議案では、公正取引委員会が排除措置命令を出した5社による談合行為は全国249の消防本部で行われていたことなども明らかになりました。

すべての議案が賛成全員で可決しました。

11月5日6日に尾三消防組合議会議員視察研修が行われます。
大阪府泉佐野市にある「泉州南消防組合」、滋賀県栗東市にある「湖南広域行政組合」で消防広域化の先進的な取り組みを視察します。

コメントをして足跡を残す

今回は4項目の質問を通告しました。
議長を除く17名、すべての議員が質問します。
私は14番目、10月9日朝10時半ごろからの登壇予定です。

長久手市議会では年に4回の定例会(議会)があり、この機会に一般質問ができます。
一般質問は質問と答弁を合わせて議員一人に60分の持ち時間があります。
通告した内容について、執行部側から答弁があり、それを受けて再質問が行われます。

議員それぞれの想い、執行部の方向性がわかります。個性があって、内容も多彩です。
議事録に残るため、後からも内容が確認できますが、旬な話題もあるのでお時間が許す方は是非市議会を傍聴ください。
傍聴には氏名の住所の受付での記入が必要ですが、手ぶらでOKです。

4項目は
1.小中学校の教育環境整備と情報通信技術(ICT)の活用について
2.民泊について
3.防災について
4.選挙について


一人1台

1.小中学校の教育環境整備と情報通信技術(ICT)の活用について


文部科学省は、児童生徒1人につき1台、教育用のパソコンやタブレット型端末が利用できる環境を整えること、教育関連のビッグデータも利用して情報化社会で求められる人材を育てることを目標にしている。
⑴ 本市では、教育用コンピューター1台あたり児童生徒
 は何人で普通教室の無線LAN整備率、出席欠席などを管理する統合型公務支援システムの整備率、超高速インターネット接続率、実物投影装置の設置状況はそれぞれどのようか。
⑵ 学校の施設整備は本市の責任である。Society5.0の時代を生き抜く学習環境の整備はどのような計画になっているか。
⑶ 保護者からの学校への欠席連絡にICTを活用し、教員の多忙化解消ができないか。
⑷ 欠席の続く児童生徒の学校復帰を助けるために遠隔操作できる分身ロボット「OriHime」を教室に置くことはできないか。

2.民泊について


2022年にモリコロパークにジブリパークがオープンし、観光客の増加が見込まれる。
⑴ 市内の民泊施設数はどれだけか。
⑵ 観光振興のため本市として民泊開業に必要な情報を発信しないか。
⑶ 良好な生活環境の維持確保のために規制や規則が必要だと考えるが本市の計画はどのようか。

3.防災について


昨年は西日本豪雨、台風21号による被災があり、今年は台風15号により千葉県をはじめとする関東地区が被災し、大きな被害が出た。市民の生命、財産を守るためには南海トラフ巨大地震への備えに加え、風水害に対する防災対策は他地域の被災状況から見えてきた新たな課題について、本市も取り組む必要がある。
⑴ 台風により電柱が倒れることは珍しいことではないこ
 とがわかった。本市はどのようにしていくのか。
⑵ 自分自身や家族の命と財産を守るために、自助の取り組みを啓発する上で見直す点はあるか。
⑶ 高齢者や障がい者を取り残さないために避難行動要支援者名簿の作成が義務付けられているが、名簿は必要な人をカバーできているか。また、個別の避難計画は作成できているか。

4.選挙について


今年は愛知県知事選挙、県議会議員選挙、市議会議員選挙、参議院選挙、長久手市長選挙、市議会議員補欠選挙と選挙が続いた。公務員、民生・児童委員、教育委員、保護司などの身分にあるものが個人として選挙に関わることができる範囲はどのようになっているのか。市として公務員、民生・児童委員、教育委員、保護司などの身分にあるものに対し勉強の機会を設けるべきではないか。

コメントをして足跡を残す