午前中は一番下の子の入学説明会に出かけてきました。

体育館、寒かった〜。
大型ストーブが2台ありましたが、この程度の寒さでもキツい⛄️

避難所になった時、この寒さで寝れないな〜。
やっぱり教室を避難所にできるようにあらかじめ考えておく必要があると思う。


午後は、お便り配布。
毎議会、会派の3人で地区を分担し市内全戸のポストにお届けしています。

呼び止められお話をする機会や、お便りへのコメントをお手紙でいただくことがあると本当に嬉しいです。


首回りが寒い〜というお年頃になり、歩いていても落とすことのないスヌードに初挑戦。
しまむらさんで見つけた綺麗な青!暖かいです💕


明日はまた、麹町中学校へ向かいます。

講師の脳科学者 青砥瑞人さんが、雑誌で渡米のきっかけになったとお話ししていた本2冊が家に届いていました。
明日の朝までに、しなきゃいけないことが山積み…。

コメントをして足跡を残す

テレビを見ていたら、泉佐野市の思いっきり飛び抜けたふるさと納税の「100億円還元キャンペーン」


賛否が分かれるかもしれないけれど、泉佐野市のために市長が決断し、遠慮なくがむしゃらな感じは肝が座っているなぁ。

すごい!

コメントをして足跡を残す

昨日、なんと!

菅 義偉 内閣官房長官に要望書を提出することができました。


和田まさむね議員のお力添えがあり、くちなし会としての提出です。

くちなし会のメンバー

私 なかじま和代(長久手市議会議員)
高浜市議会 神谷直子 議員
大府市議会 鷹羽琴美 議員


保育所への看護師配置を要望しました。

保育園で37.5℃を超えると保護者には「お迎えに来てください」と連絡があります。

急ぐ気持ちがあっても数分で引き取りに行ける保護者ばかりではありません。

その間、子どもには保育士が付き添います。

本来の業務(担任など)は手薄になっています。

そして、

保育士は体調不良児をみる専門家ではありません。

近年、子育て支援施策として特に0、1、2歳児の定員を増やす待機児童対策がすすめられています。

小学校、中学校には保健室があり養護教諭がいますが、さらに小さい乳幼児を預かる保育所にそのような配慮がないのです。

乳幼児にとって安全な保育所であるため、そして、保護者が安心して働き続けるために、保育所への看護師配置は必要です。

コメントをして足跡を残す

麹町中学校を訪問させていただきました。

きっかけは、12月議会に「夏休みの宿題が多い!これが子どものためになるのか?」と一般質問を行った後、
千代田区立麹町中学校長 工藤勇一先生の著書「学校のあたりまえをやめた」を読み工藤先生の取り組みに共感したことからです。

先週土曜日には西尾市で開かれた講演会にも出かけてきました。


6時間目を見学させていただきました。

ラッキーなことに茶道体験のクラスがありました。
お茶の先生、ボランティアの大人がお着物を着てクラスに入り、茶せんを使った抹茶のたてかた、お菓子の食べ方、お抹茶の飲み方を体験していました。

お菓子(節分の生菓子「厄払い」鶴屋八幡)については実費を家庭が負担しているそうですが、伝統文化を学ぶために、年間計画を立て、区の当初予算編成に間に合うように講師代などを要望し、予算確保をしているそうです。

学校図書館は、夕方まで開いています。(4時まで司書の方、それ以降5時半まで非常勤職員のかた)


お正月をテーマにした「百人一首」「神社への初詣」のコーナー


図書委員のオススメの本紹介

生徒さんたちの様子を見せていただく前、工藤先生が「ぱっと見、うちの学校の子たちはだらしない雰囲気ですよ」と前置きされましたが、同時に「しつけより大事なことがある」と子どもたちの工夫を応援する、安心できる空間づくりに注力されていました。


対立が生まれるのは当たり前。でも、その先の選択はどちら?
・明日から平和に暮らす
・とことんまで戦う

殴り合うようなケンカについては、生徒に伝えることは2つ。
・あなたたちの体は、相手に一生取り返しのつかないダメージを与えることができること。
・傷やダメージが残った場合、相手も苦しむけれど、自分も苦しむこと。


今年、生徒さんが「大人になって校長になりたい」と言ったそうです。

一緒に視察に参加したメンバーとも今回の学びを噛み締めたいと思います。

コメントをして足跡を残す

長久手市食育推進会議を傍聴しました。

委員の方々からたくさんの提案がありました。朝食欠食、農業体験の機会の減少、学校への働きかけ、離乳食教室以降の保護者への働きかけ…。

座長の方の「長久手市が本気で食育推進をするなら協力します」という言葉。

そして

「食育に予算はどこからつくのですか?

年間どれくらい?」という素朴な質問が印象的でした。

長久手市立の上郷保育園で自園調理が一年後の4月には始まります。子どもたちにとって、食材も調理する方もグッと近くなります💕

長久手の多品種少量生産の農家の野菜が給食に使えるようになり、地域の農家を守ることにつながって欲しいです。


写真は平成28年12月の一般質問からの議会だよりです。

スーパーに並ぶ普通サイズの野菜が給食センターでは、調理機械の都合で規格外になっています。

自園調理により、このような野菜が給食に使えるようになって欲しいです。

コメントをして足跡を残す