3月議会といっても、次の長久手市議会は2月19日(火)開会日です。

一般質問は、次の4項目の質問を提出してきました。

1 子育てしながら働き続けられる環境の実現について

2 食育の推進について

3 教育について

4 情報通信技術(ICT)の利活用による便利な市役所について


一般質問は、議員が市政全般に関して、行政側に現状や見通しを質問することです。一人の議員に議会期間中に1回、60分の持ち時間があります。

4項目の質問内容。

1 子育てしながら働き続けられる環境の実現について

①第6次総合計画案に生後2ヶ月からの保育実施が明記されているけれど、今までの議会答弁は「安全性が確保できないから長久手市では6ヶ月からです」ということだったので、安全は担保できたの?

②4月からの平成31年度予算案に、看護師加配が205万円計上されているけれど、この金額でどのような業務なのか?


2 食育の推進について

①1年後の4月に上郷保育園が移転新築オープンの予定でその中で自園調理もできる予定だとわかった。けれど、誰が献立をたて、調理するの?どうゆうスケジュールで?

②自園調理になったら、その保育園の園児分だけの食材でよくなる。そうしたら、長久手市産の野菜をもっと使えるようになる?


このじゃがいも、タマネギは給食生産者会に示された基準より小さいため納品できないサイズ


✨3 教育について

昨日まで3回、麹町中学校工藤勇一先生の学びを受けて、3項目の教育の部分は強〜い想いが詰まった質問です。

長久手市では、初の「教育振興基本計画(案)」を策定中です。
義務教育だけでなく、人生100年時代 の教育に必要な道しるべとなる計画です。
全世代のかたが対象に具体的な取り組みが記載されています。

この教育振興基本計画案はこちら

この中身についての質問。

①「生きる力」の育成は、人がそれぞれ多様な感じ方、考え方をするもので、対立があって当たり前だと自覚する必要があります。教育は、対立を解決することを学ぶ機会であるべきです。では、どのように取り組むつもりなのか?

②多文化共生の推進のページには、外国語を学ぶ、異なる文化習慣を学ぶことが具体的に書いてあります。でも、日本の文化習慣を知ることがまず大切だと思うけれど、どのように取り組むつもりなのか?

③中学校の学校図書館が昼放課時間の15分から20分しか開館していません。これは、読書活動の機会の損失でとってももったいない!開館時間延長のために4月からできることは?

⑷ 計画には生涯学習として人生を楽しむための趣味の学びの必要性が記載されていました。そのほかに、人生100年時代の教育は、転職や起業などの生き方をを支援する計画も必要。市内に4大学、近隣にも教育施設のある長久手らしい大人の自己成長、キャリアアップのためのリカレント教育を計画に取り入れられないか?


4 情報通信技術(ICT)の利活用による便利な市役所について

情報通信技術(ICT)は技術革新が著しい分野であり、スマートフォンの世帯保有率は平成29年には75.1%、モバイル端末全体では94.8%と普及が進んでいます。市民サービスに対し、「市民からの情報収集手法の構築」、「市民ニーズに合わせた情報提供手法の構築」及び「電子手続の充実」を図ることが必要。そして、行政事務に対し、「新たな技術の活用による業務効率化」を図ることも必要。どのような計画があるのか?

コメントをして足跡を残す

今日は全員打ち合わせ会が開かれ、福祉部と経営企画課から説明がありました。


福祉部からの報告では、病後児保育事業の一部契約不履行について説明がありました。
病気の子どもや、熱は下がったけれど出校停止期間に子どもを預かっってくれる施設が市内にあることは子育て中の親子にとって、もしもに備えた心強い存在です。

今回報告で週5日開所の契約をしていたものが、看護師不在で利用を断り、開所できていない日が複数日あったことがわかりました。
これは、市の政策である子育て支援策が契約不履行によって機能しなかったことが一番の問題です。
保育の質、以前の問題です。

他に、福祉部からは4点説明を受けました。
・国民健康保険税条例について
・上郷保育園等移転新築事業について
・介護保険料の算定誤り等について
・N-タクについて

経営企画課からは、1点です。

現行の第5次総合計画が平成30年度で終期を迎えるため、策定に向けて準備が進んでいた第6次総合計画(計画期間:平成31年度~平成40年度)のパブリックコメントを受け変更があった部分を中心に説明がありました。
第6次総合計画の中の基本構想部分は3月議会の議決案件になります。

2月4日に議会運営委員会が開かれ、3月議会の上程予定議案が示される予定です。

コメントをして足跡を残す

議会基本条例検証会議は昨年8月からスタートし、2月4日を目処に報告案が議会運営委員会へ提出されるところまで来ました。

長久手市議会議会基本条例の目的は、以下のように条例に定めてあります。

「市民の代表としての長久手市議会(以下「議会」という。)の役割、議会及び長久手市議会議員(以下「議員」という。)の活動原則等に関する基本的事項を定めることにより、市民に分かりやすく開かれた議会の実現と議会活動の充実を図り、市民福祉の向上と市勢の発展に寄与することを目的とする。」

この条例文に続く22条までを検証する会議が議会基本条例検証会議です。
各会派から1名、無会派からも1名の8名のメンバーに加え、議長、議会運営委員会委員長、副委員長が参加しています。

条例文自体はこのタイミングで変える必要がないことが総意で決まりました。

8月から一人ひとりの議員が意見を出し、それを会派内でまとめこの検証会議で話し合いをしてきました。
今日は、意見は合意のとれたものから単独の意見まで、おおよそ全てのものを意見として残すことを決めました。
また、合意のとれた意見については、提案の形でまとめる作業をしました。

コメントをして足跡を残す

NHKから「地方議員 アンケート」の記入依頼がきました。


4月の統一選地方選挙にあわせて全地方議員へのアンケートし、全体で集計分析したものが、NHKの放送などで紹介できるようにするためで、個人を特定するような形で紹介する目的は無いとの但し書きがありました。


「議員になるきっかけとして当てはまるものは?」から始まり、進めていくと、

「なぜこの人が、という同僚議員がいる」

「風で当選した議員は許せない」

「生まれ変わっても議員になりたい」

という質問もあり、全国で集計するとどうなるんでしょう。
私は真面目に✏️答えをつけていきました。(15分かかりました。)

コメントをして足跡を残す

長久手市議会の会派、長久手グローバルネットで議会報告&意見交換会を開催しました。




私は子育て支援の政策課題、解決したものから今後必要な政策を中心に報告させていただきました。


🌸就学援助費の新入学児童生徒学用品費(平成31年度から入学前支給実施)

🌸市内病児保育室スタート(平成30年4月から実施)

🌸病児・病後児の所得区分・多子世帯へ利用料金助成スタート(平成30年4月から実施)


🌸🇯🇵休日保育(日曜・祝日)スタート(平成30年4月から実施)

他に、総務委員会で今年度重点的に扱った「ふるさと納税」の現状と課題も報告しました。

佐野尚人議員は、中期財政計画から、今の長久手の懐具合と今後予定される事業(リニモテラス、古戦場の再整備、古民家の保存)への警鐘について報告しました。
山田けんたろう議員は、ジョグパト、公園西駅土地区画整理事業、N-タクについて報告しました。

意見を全員の方からいただくことができませんでした。
資料づくり、進行の仕方など反省しています。

いただいた貴重なご意見を今後に活かしていきます。

コメントをして足跡を残す