予算決算の議案3件について審査を行いました。

令和2年度長久手市一般会計補正予算(第8号)について

総務くらし建設分科会長の報告抜粋
<ふるさと寄付金推進事業(歳入:ふるさとながくて寄付金798万円、歳出1,221万5千円)>
今までの「ふるさとチョイス」に加え、JTB運営の「ふるぽ」と契約。ふるぽを利用した場合の手数料の上乗せで、返礼品開発、ふるさと納税事務を依頼できる。JTBを利用することでモリコロパークで開催する人気バンドのチケットが返礼品として確保できる
ふるさと寄付金
<公民連携可能性調査事業 902万円>
福祉の家温泉事業について、法制度の整理、事業スキーム、リスク分担、課題などの可能性について整理する。1月に発注し、令和3年度秋ごろに結果が出る予定。


教育福祉分科会長の報告抜粋
<水泳等指導委託475万2千円(含インストラクター257万円)>
西小学校で令和3年度に児童1人あたり5回(授業2コマ=1回)、市内民間施設において、水泳指導を試行する

<給食センター設備修繕:470万6千円>
オール電化の給食センターで建設時からの使用で8年が経過した5つある給湯ヒートポンプ(蒸気調理器)のうち1台が故障したため修繕する。既製品ではなくメーカーによる長久手仕様の機器のため新品を購入などの対応はできず、修繕しかできない。機器の推奨交換時期は5年(1万8,000時間)で残り4台も順次交換を予定

<小中学校コンピュータ機器整備事業3億2,836万4千円(債務負担行為)>
GIGAスクール構想により1人1台のタブレットが整備されているが、今回はリース料、ソフトウェア・ライセンス、ICT支援員、校内通信回線使用料など

<放課後児童クラブ事業:630万5千円>
3密対策として児童が過ごす部屋を分けるため、追加の指導員が必要になったため、市直営の児童クラブ6つ(全8つ)の児童クラブに1人ずつ支援員を追加配置し、支援員の合計人数は29人から35人に増員した

議案第70号令和2年度長久手市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について
特になし

議案第71号令和2年度長久手市介護保険特別会計補正予算(第2号)について

<介護保険要介護認定者のうち自己負担割合>
要介護認定者1,422人のうち、1割負担が1,165人、2割負担が121人、3割負担が136人

<居宅介護サービス事業:400万円>
月915万円を見込んでいたが、利用実態から月950万円の利用が想定されるための増額、利用者は月平均600人

議案3件はすべて可決しました。

コメントをして足跡を残す

昨日は「1項目 教育の充実について」の続き

2項目 子育て支援について
3項目 暴力のない安心安全なまちの実現について
4項目 職員の給与と特殊勤務手当について

2項目 子育て支援について

質問からわかったこと
・母子健康手帳の交付数は令和元年10月まで358人→令和2年10月まで336人(前年度比22人減少)
・保育園の待機児童は1才児21人、2才児11人の合計32人
・令和元年10月に国の施策として幼保無償化で保育料の集金を止めた。長久手市が不交付団体であるため市立保育園などへの給付額が少なく、令和3年度は約1億3千万円の負担増になる。
・上郷保育園でスタートした自園調理は調理中の様子を実際見ることができる、調理中の匂いを関いじることで以前より給食を楽しみするようになっている。
調理の様子が見られる見学スペースを有効に使っていただいていることが確認できました。

3項目 暴力のない安心安全なまちの実現について

・DVと児童虐待は毎年研修を行っている。また「長久手市児童虐待対応・虐待予防マニュアル」改定により要保護児童地域対策協議会を毎月開催し、情報共有を行っている。
・児童虐待対応、DV対応ともにマニュアルが整備されており、相談、発見から初期対応支援に至る組織的な対応が標準化できている。
・「親権者等は、児童のしつけに際して体罰を加えてはならない」ことを定めた「児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律」が令和2年4月1日に施行されたため、広報、ホームページで記事を掲載し、チラシの配布やポスターの掲示を行っている。
・子ども自身が虐待の通告をする場合もダイヤル189(いちはやく)に連絡すればよい。
※189に通報した際のフロー図を資料として使いました。通話は無料、連絡は匿名でも可能で、内容に関する秘密は守られます。携帯電話からの場合は現地の郵便番号か町名(長久手市〇〇)を伝えます。
「児童相談所虐待対応ダイヤル「189」のフロー」


昨年、大阪府吹田市でダブルリボンの取り組みを視察しました。
「W(ダブル)リボンバッジ」は、女性に対する暴力の根絶をめざす取組みのシンボルであるパープルリボンと、児童虐待防止のシンボルであるオレンジリボンを組み合わせ、吹田市が独自にデザインしたピンバッジです。 家庭や学校、地域など社会全体に、女性や子供に対する暴力防止への深い理解と関心が広がり、被害にあっている人に「あなたはひとりではない」というメッセージが届くようにとの願いが込められています。
法律が異なり、児童虐待は厚労省、DVドメスティックバイオレンスは内閣府が担当です。長久手市では子ども部子ども家庭課が担当し、縦割りの影響は殆どないことがわかりました。


私はブルーリボン(北朝鮮に拉致された日本人を救出する運動)とともにダブルリボンを着用しています。

4項目 職員の給与と特殊勤務手当について

・新型コロナウイルス感染症対策として市役所業務の全職種でテレワークを実施した。テレワークを実施感じたメリットは、新型コロナウイルス感染症の感染リスクを抑える以外に、通勤時間が削減出来たこと。業務に集中することが出来、効率的に作業ができることなど。デメリットは、市民との対面が必要な業務や施設などで作業を伴う業務など、テレワークできる業務が少ないこと、個人情報を含む電子データの持ち出しを禁止としていたため、業務が制限されることなど。
・防疫手当は感染症、家畜伝染病の病原体の付着したものを取り扱う場合などに勤務1日に付き500円となっているが、増額は考えていない(もう少し出すべきではないかな…)

1項目の教育に60分の持ち時間の大半を使ったため、再質問が限られたものになってしまいましたが、幼保無償化による市の負担増などが明らかになりました。
長久手市の保育園では斎藤公子先生のさくらさくらんぼのリズム、ロールマット、描画指導などを実践しています。保育士の先生は、市の職員として採用されるため在職期間が長いことが特徴で、先生方の学びの継承、均一でない年齢層の保育士がいることでのしなやかさがあります。本当に素晴らしい保育が行われています。長久手の人は当たり前だと思っていることに驚くような実践内容です。長久手市立保育園が今の体制で保育を続けていくるように金銭的な問題を解決したいところです。

コメントをして足跡を残す

今日12月10日から16日までは「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
必ず取り戻すのサムネイル
一般質問を行いました。

一般質問は定例会ごとにあり、議員が本会議の中で市政全般に関して行政側に現状や見通しを質すことができます。

長久手市議会では1人60分間。
長久手市議会基本条例では次のように定めています。
第9条 議会は二元代表制の下、市長その他の執行機関(以下「市長等」という。)との対等な関係を構築し、次に掲げるところにより、緊張関係の保持に努めなければならない。
(1) 本会議における一般質問は、広く市政上の論点及び争点を明確にするため、一問一答方式で行うものとする。


今議会は16名が一般質問を行いました。(通告内容一覧

私は4項目を通告。
1項目 教育の充実について
新体制のもとで、次の4つを進めてほしいという思いで質問しました。
①GIGAスクール構想の前倒しで来月調達できるタブレットを持ち帰らるように。
②不登校児童生徒が自宅学習を出席扱いにし評価できる制度を。
③障がいのある児童生徒の入学に十分な対応を。
④北朝鮮による拉致問題を国務大臣、文科科学大臣からの依頼どおりに人権教育として学校で学ぶ機会の確保を。

10月に任命された新教育長の抱負・取り組みについて問うたところ。
金子みすずさんの「わたしと小鳥と鈴と」にある「みんなちがって、みんないい」という一節を紹介され、「次代を担う子ども達には自他を大切にしながら、将来、社会参画するしなやかな力を身につけてほしいと強く願っています。」と語られました。

私の父が金子みすゞさんの本に出会い感銘を受けて、家族で山口県長門市仙崎を巡ったことを思い出しました。
結婚前なので20年以上前ですが、クジラの赤ちゃんのお墓が丘の上にありました。
お墓には、「クジラ漁でとったクジラは肉はもちろん、ひげも骨もすべて使うけれど、お腹に赤ちゃんがいたときには赤ちゃんには刃を一切入れず弔う」と紹介がありました。古い記憶なので記憶違いの部分があるかもしれませんが、そういう人の食べなければ生きていけない性と殺生を悔やむ気持ちからクジラの赤ちゃんをお墓に弔う文化を長門の人たちが持っていて。その日常を詩にしたのが金子みすゞさんなのかなと思いました。

金子みすゞさんは能力がありながらも実の弟さん以外の身近な人に評価されず、昭和5年に26歳で亡くなっています。死後随分経ってから教科書に紹介されるほどに広く知られるようになりました。どの詞も短く簡単な言葉ですが、物の見方が一方方向からじゃないことに気付かされます。

新教育長には、子ども一人ひとりに凸凹があっても能力をきちんと評価できる制度づくりをお願いしたいと期待しています!

①GIGAスクール構想の前倒しで来月調達できるタブレットを持ち帰れるように。
>>>
コロナでの休校明け、文部科学省が行った6月12日「学びの保障」オンラインフォーラムで事例発表のあった兵庫県尼崎市の考え方や大阪府箕面市の実践、情報発信の方法としては奈良県奈良市の取り組みなどうまくいっているところを真似するところから始めたらどうか。
※お隣日進市では9月補正で就学援助を受給する生体に対しモバイルルータ貸与を決めている。(長久手は検討、研究中)

②不登校児童生徒が自宅学習を出席扱いにし評価できる制度を。
>>>
不登校の児童生徒への支援の在り方についての通知をもとに、教育委員会で在籍校の校長が出席扱いについて有効・適切であると判断する場合の基準を作る必要があるのではないか。例:(さいたま市教育委員会作成資料2)(兵庫県教育委員会作成P5.6
不登校だからといって英数国理社音楽体育美術技術家庭科がオール1なんてことで良いのか。学校に来ていないけれど、数学が得意だったり、美術が得意だったりするかもしれない。一人ひとりをきちんと評価することで自己肯定感を高め,学校への 帰や社会的自立を支援することにつながると思っています。

③障がいのある児童生徒の入学に十分な対応を。
>>>
障がいのあるお子さんが生まれた家庭では手探りで子育てをしています。地域の小学校に入学するにも教育委員会や学校と事前の調整が必要になるのが現実問題です。(障がいがない子供であれば年長の秋頃身体検査の通知が来るのでそれを受けれという流れで問題はない。)保護者の意向を受け、支援の体制(予算が必要)を整えていくために就学相談や学校見学をいつ始めれば間に合うのか確認しました。2歳じゃ早いかもしれないが、3歳には相談に来てほしいということでした。
必要な家庭にこの情報が届きますように。

現在、第4次長久手市障がい者基本計画を策定中です。これに伴いアンケートしたものが市役所のホームページにアップしてあります。障がいの施策に関する意識調査
障害のある当事者へのアンケートは回答率50%です。
問48の1「長久手市が暮らしにくい理由は何ですか。」
・人々が冷たい。
・障害への偏見が多い。
・学校生活において、登下校の親の付き添い。遠足、野外活動、修学旅行、分団会での出席でさえも親の付き添いが強制されている。児童の程度と言うよりは、学校の悪しきしきたりのようで、学校によりその対応もまったく違い、同じ市内でも親の負担に差がある。先生に訴 えても「私たちの力ではどうにもならない」と言われるだけで、まったく変わらず。スクー ルカウンセラーも同じ。市としての方針をしっかりと立て、上からの指示としてせめて市内 は同じ対応をしていただきたい。

読んでいて、胸が痛い内容もありますが、何に困っているのか、どんな支援が必要なのか、今後パブリックコメントなども実施されると思いますので、お時間の有るときに読んでみてください。

④北朝鮮による拉致問題を国務大臣、文科科学大臣からの依頼どおりに人権教育として学校で学ぶ機会の確保を。
教育長、教育部長ともにアニメ「めぐみ」を見たとのことでした。突然に引き裂かれたご家族を思うと悲痛な思い出いっぱいだが、人権問題はこれだけではないのでこれに特化して教育するのは苦しい(答弁はもう少しボリュームがあります、動画は1週間ほど、議事録は3ヶ月後に市議会ホームページにアップされます)ということだったので、現場の個々の先生に見ていただき、クラスでどのように教材として使えるか判断して欲しい、見せるか見せないかを見てない人が判断すべきではないので、見ていただけるように。(経過についてはまた確認していきます)

(-_-)zzz おやすみなさい。
2項目め以降は明日続きを。

それにしても、AI議事録作成が賢く進化!


導入から短い期間で肌感覚的に8割の正解から9割までいった感じ。

「なかじま和代」も認識して文字起こし\(^o^)/
ありがとうございました!

一般質問60分間を文字にすると17,808文字。


学びの保障フォーラムで資料の最後にあった言葉。

コメントをして足跡を残す

今日は
・冨田えいじ議員
・なかじま和代
・わたなべさつ子議員
・伊藤真規子議員
・さとうゆみ議員

冨田えいじ議員が市役所内のハラスメントについて質問をはじめて1年。市が職員向けに行ったアンケートの結果が資料として共有されました。アンケートへの回答が全体の3分の1という結果に「市民向けにアンケートを実施しているのに3分の1?」という驚きとともに「相談窓口などを信用できなくて回答しないのか?」と不安に思いました。色んな部分に驚きのある結果でしたが、会派(長久手グローバルネット)で令和2年1月に実施したアンケートと似た傾向でした。
市役所では12月21日管理職職員向けハラスメント研修が実施されることもわかりました。不快感を感じたり、働きにくさを感じている職員の方の問題が解決に至るような効果が出ることを期待しています。


冨田議員が新教育長が紹介した金子みすゞをはじめて知ったというので、10年以上前に三越で開催された「中島潔が描く金子みすゞ まなざし パリ帰国記念展」の冊子を持ってきました。
詩に添えられた絵の迫力がすごいです(あぁ良い言葉が見つからない…)。

コメントをして足跡を残す

本日は
・野村ひろし議員
・大島令子議員
・石じまきよし議員
・川合保生議員
・加藤和夫議員

野村ひろし議員の学校給食について中で今春より瓶から紙パックに変更された牛乳の飲み残し量の変化と処分費用について質問されました。
牛乳の飲み残しは令和元年10月と比べ、小学校11%減、中学校12%減と
処理費用は令和元年約49万円、令和2年は約48万プラス紙パックストローなどの処分費約22万円がかかることがわかりました。


シルバー人材センター「おふくろの味処」のお弁当をお昼ごはんにいただきました。

コメントをして足跡を残す