本日の議会運営委員会で12月議会の議案16件(予算が5件、条例が8件、その他が3件)が示されました。

議案の上程は議会初日の11月29日ですが、付議予定議案という事で承認されました。

(付議予定議案)
・議案第61号 平成30年度一般会計補正予算
・議案第62号 平成30年度国民健康保険特別会計補正予算
・議案第63号 平成30年度介護保険特別会計補正予算
・議案第64号 平成30年度後期高齢者医療特別会計補正予算
・議案第65号 平成30年度下水道事業会計補正予算
・議案第66号 長久手市 部設置条例の一部を改正する条例
・議案第67号 長久手市 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
・議案第68号 長久手市 服務の宣誓に関する条例及び長久手市行政不服審査法関係手数料条例の一部を改正する条例
・議案第69号 長久手市 議会の議員及び長の選挙における自動車の使用及びポスターの作成の公営に関する条例の一部を改正する条例
・議案第70号 長久手市 長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の一部を改正する条例
・議案第71号 長久手市 自転車の安全利用の促進に関する条例の制定
・議案第72号 長久手市 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準を定める条例の制定
・議案第73号 長久手市 母子・父子家庭医療費支給条例の一部を改正する条例
・議案第74号 長久手市 福祉の家温泉交流施設及び田園バレー交流施設の指定管理者の指定
・議案第75号 長久手市 福祉の家デイサービスセンターの指定管理者の指定
・議案第76号 市が洞保育園及び市が洞児童館の指定管理者の指定

▷・・・

議会運営委員会では、予算決算常任委員会化について話し合いを続けています。

今までは開会中に予算特別委員会、決算特別委員会を設置し選出された8名の議員で審議してきました。
予算決算常任委員会化のメリットは、予算から決算まで同じ議員が審査から審議までを行う事ができます。
その上、予算決算常任委員会から分科会へ審査のため付託するため、議長を除く最大数の議員で審査できます。

10月3日のいなべ市議会へ長久手市議会全員で視察研修に行きました。
いなべ市議会さんの予算決算常任委員会化の手順を学んだので。
長久手市で必要条例の整備を行い、平成31年3月議会から実施の予定です。

これに伴い、市長が分科会へ出席するかどうかについては、「出席して欲しい」「出席しなくて良い」で意見が割れましたが、多数決の結果3:4で、「出席しなくて良い」が賛成多数となりました。
長久手グローバルネットとしては、採決に至るまでの過程でどのような質疑のやり取りがあるか、予算決算の執行責任者として「出席して欲しい」と意見していたので残念です。

一般質問は、来週11月19日(月)、20(火)に通告します。
これを受けて、次回の議会運営委員会は11月26日(月)です。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。