5月22日(水)議員研修が開かれました。

13:30〜16:30(3時間)
「議員の役割・権利と議会の権限」



講師:株式会社地方議会総合研究所代表取締役 廣瀬 和彦 氏

【 主な内容 】

ア 議員の役割と使命について
イ 委員会運営の理論と実務について
ウ 政務活動費について

今回は、市と市議会の役割について総合理解を深めるため執行部からも2名が参加されました。

廣瀬先生の研修は、3年前に長久手市議会で「委員会のあり方について」お話いただきました。
変わらず、軽やかな話口調で、次々話題が湧き出るようなお話の仕方です。

まず、議会基本条例については、「守らないことで罪が課されないが、作っただけにならないよう議員間で検証が必要」と他市の事例を紹介いただきました。

委員会条例については、3月議会に3常任委員会から2常任委員会にしたところですが、
「そもそも専門性を持って審査するための委員会なのに、総務・くらし・建設委員会って…、長久手市議会の定数が少なすぎる。」


「議会運営委員会の所管は、他の委員会と異なり地方自治法109条に規定された部分が所管なので、増やすことも減らすこともできない。議会運営委員会では、会派内の合意の上、代表者が出席して法的に唯一議会運営の調整を行うことを目的としている。人事など特殊な案件も扱うため、録画中継はなじまない。」

政務活動費は長久手市議会の場合、現在月に1万円ですが、

議員の働き方を例に、
・ヨーロッパの議員は土日や夜間に一般市民の一意見として発言する。
・日本の議員は常勤と非常勤の間くらいの働き方をし、一般市民の一意見だけでなく知識を含め、意見し政策提案する。

・政務活動費での活動が監視機能UPになる。

☆お金を持っている人しか活動できない。

・明らかに足りない。

活動にどれだけかかったのか、可視化しマニュアルを含め支給額も見直しが必要だとの意見でした。


議員報酬については、7つの算出方法の紹介とともに、「4年に1度選挙があり、年金も退職金(→市長は退職金があります)もない特殊な仕事だが、片手間にできるものではない。安心して活動できるだけに見直しが必要」との意見でした。

2元代表制の一翼を担う議会が、執行機関と対等な立場で行政を行えるためには、住民に働き方を公開し、報酬などの見直しもしていくことを提案されました。

政務活動費をどのように使うか丁寧な報告をしていますが、それ以外の部分での経費(私費)も記録しておこうと思いました。

人にやさしいまちづくり
長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

議会だよりでは、議会の内容を市民のみなさまにお伝えしています。

改選により新体制となったこと、臨時会が開かれたことに加え、今回はそれぞれの議員へアンケートが実施されます。

私の提出原稿は2つ

・臨時会で開催された教育福祉委員会の議案審査についての原稿
・アンケート

アンケートの内容
1 氏名(通称名)
2 年齢(令和元年5月1日現在)
3 アンケート
⑴ 議員としての抱負
⑵ 小さい頃の夢
⑶ 市内の好きな場所

アンケート3⑴⑵⑶は120文字以内で回答します。

4年前のアンケートを見直してみました。


前回のアンケート内容は、
❶議員としての抱負 ❷将来の長久手について ❸趣味

いつでも「今」を精一杯に取り組んでいますが、変わらないままのこと、変わったことがありました。

議会だより7月1日号は、みなさまのお手元(各戸)に6月末のお届けになります。
答えたアンケートは18名の議員それぞれの個性が出ていると思います、しばらく先になりますがお待ちください💕

人にやさしいまちづくり
長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

2年の任期で尾三消防組合議会、中部水道企業団議会への所属が決まりました。

初めての所属にドキドキしています。


構成市町も長久手市の南側で新しいご縁に楽しみです。

尾三消防組合は、豊明市、日進市、みよし市、東郷町そして長久手市です。

中部水道企業団も、構成市町は一緒です。


今日、尾三消防組合から今後の予定について封書が届きました。

5月30日に開かれる臨時会の案内、臨時会に提出される補正予算などの議案です。


これまでのことについて予習を兼ね、市議会の議員控え室にあるバックナンバーに目を通しに行きました。

尾三消防のホームページにアップされているのものと同じもので、目新しいものはありませんでした。


それぞれの議会で年間を通して3回ほど議会が開かれ、1泊の視察もそれぞれにあります。未知の世界です。

人にやさしいまちづくり
長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

5月20日、臨時会2日目を開催しました。
5月17日開催の臨時会が延会となったためです。

委員会、分科会、本会議の会議録・議事録は作成後に公開されます。
長久手市議会がどのような手続きで審査や決定が行われるかご紹介します。

長久手市議会は議員18名、議会事務局職員が5名の体制で、委員会室は一部屋です。

9:45 全員打合せ会(出席:全議員+議会事務局)


(写真)
10:00 本会議 再開後 休会宣言(出席:全議員+議会事務局+市長、教育長、代表監査委員ほか各部長、次長)

10:10〜10:38 総務くらし建設委員会開会(出席:総務くらし建設委員+議長+議会事務局+市役所担当課職員)


10:45〜11:43 予算決算常任委員会 総務くらし建設分科会(出席:総務くらし建設委員+議会事務局+市役所担当課職員)


13:10〜13:27 教育福祉委員会(出席:教育福祉委員会+議長+議会事務局+市役所担当課職員)



教育福祉常任委員会【大島令子委員長(右)、なかじま和代副委員長(左)】

15:30〜15:39 予算決算常任委員会(出席:教育福祉委員会+議会事務局+市役所担当課職員)


16:30〜16:35 全員打合せ会 (出席:全議員+議会事務局)

16:40〜17:15 本会議 (出席:全議員+議会事務局+市長、教育長、代表監査委員ほか各部長、次長)

全ての議案が可決しました。

委員会審査の内容を本会議で委員長が報告します。
また、分科会審査については予算決算常任委員会で委員長が報告します。

報告するための文書は、音声を文字起こししなければなりません。
このため、会議時間以外にも時間が必要です。

いわゆる待ち時間ですが、すぐ連絡の取れる場所にいなければなりません。


長久手市議会には写真のような議員控え室があります。
新聞や本(議会図書館:法律的に設置義務がある)もあり、お茶やごはんを食べたり、話し合いに使えます。

控え室の壁面上部には歴代議長の写真があります。

人にやさしいまちづくり
長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

長久手市議会は会派制をとっています。



平成25年の調査で、全国812市の地方議会で会派制を導入している議会は約90%です。
長久手より規模の小さい人口5万人未満の市では会派制を導入している議会は76%、人口5万〜10万人未満の市では96%、10万人以上では100%の議会が会派制を導入しています。

長久手市議会基本条例第6条では、「会派は、政策を中心とした同一の理念を共有する議員で結成し、活動するものとする。」とあります。

同一の理念の共有が拠りどころとなる集まりです。
私自身が長久手グローバルネットに籍を置き、4年間活動してきて感じた会派のメリットをまとめてみます。

【 メリット 】

①市民の方の要望を受ける際、多様な知識と立場で受け止めることができます。

②理念が共有できる仲間なので、政策的なことだけにとどまらず気軽に相談できます。

③勉強会や視察で、同じものを学び、それについて自分の受け止め方と違う多様さを話しあえる。議案に対してお互いがどのように考えるかの意見を出しあえます。

④議会の体制を決める際に、それぞれの委員会に会派の委員が入ることで委員会の情報共有がスムーズに行えます。

⑤本会議質疑(質問2回までの制限あり)では質問できなかったことに対し、会派の委員に任せ委員会審査で質問をすることができます。…ここでいう質問は議事録に残し市民の方に広く伝えることができるため窓口で得られる回答とは違う意義があります。

⑥長久手市は広さ21.55 km²、人口6万人弱です。「市」のサイズとしては小さいですが、思い切って東京ドームの広さ0.047 km²と比べると、東京ドーム458個分!の広さあります。お会いできる確率を単純に考えても会派の議員が増えることで課題を受け取ることができる確率は上がります。

⑦議会報告のお便りを作成し、市内の各戸へ配布する際、手分けすることでより多くの方にスピード感を持ってお届けできます。

⑧議案や計画の説明は会派として説明を受けることができます。無会派の場合は、一人一人がそれぞれに受けることもできるし、一緒に聞きましょうと仲間を募って情報を受けることもできるので、同じ情報を受けることができますが、一人一人に説明に回る市役所職員の方々労力に比べると効率的です。

⑨個人で参加する行事、研修の内容を参加していない仲間とシェアしあうことができます。

⑩それぞれが持つ市民とのパイプなど人的ネットワークをお互いに活かせる。

10個のメリットをあげてみました(o^^o)

機動力は倍倍で増えます!

デメリットはありません。


会派室からの景色

長久手グローバルネットは、改選前佐野尚人議員を代表に、山田けんたろう議員となかじま和代の3人で市民のかたの要望を受け、勉強会、視察を重ね、議会ごとのお便りは3人が各中学校区ごとに分担し、3人分のお便りを配る方法で配布してきました。
選挙後に、山田けんたろう議員は自らの意思で会派を離れ、新たに伊藤真規子議員が参加することになりました。
これからのまちづくりについて何度も話し合いました。同一の理念としては、「平均年齢39歳の長久手で、みんなが安心して暮らすことができ、夢あるまちづくりをすすめていきたい。」という思いがあります。


北中横の田んぼにも水が入り田植えが終わっていました🍀

市民のみなさまご意見ください。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す