12月議会が閉会しました。

☆最終日である本日、議案77号補正予算が上程されました。


長久手市内の小中学校全教室のエアコン設置工事について設置予算です。
委員会質疑、本会議とも賛成全員で可決しました!
たくさんの署名をいただいた待望のエアコン設置が決まり、一安心です。
7月には普通教室で、続けて夏休み中には特別教室でも使用できるように整備予定です。
ライフサイクルコスト(費用対効果)を比較し、都市ガス方式を採用します。
国からの特例給付金もありますが多額の市債を発行し、財源とします。

保護者から「エアコンの使い方などの意見」を募集したところ、12月20日午後7時時点で1,223件の提出があったそうです。
「暑すぎず冷えすぎない室温としてほしい」、「室温にムラがないよう扇風機を併用するとよい」、「汗をかいた後やプールの後等、冷えすぎない柔軟な配慮をしてほしい」などのご意見があったそうです。

今後も事業の進捗を見守っていきます💕

☆議案61号の民間保育所運営補助事業1,650万円について会派の佐野尚人議員、山田けんたろう 議員が減額の修正案を提出しました。


大島議員の賛成討論がありましたが、賛成少数で否決されました。

「なぜ、減額修正案を出したのか。」については、

12月6日のなかじま和代の一般質問総務委員会で以下5点がわかりました。

(5点)
①1,650万円は民間保育所運営補助事業1,650万円は、市長が託児所コロポックル2図書館通りとして平成13年に設立し、平成27年に市の認可園となったコロポックル保育園の園舎改修費用です。
②12月議会の議決事項である「定員増のための園舎改修の補正予算」について、11月に園舎拡張・定員増が決まったような広告が配布された。
③「コロポックル保育園は補助金の有無に関わらず、昨年より改修と定員増の計画があり、自己資金で整備の方針だった。」と福祉部長、福祉部次長が答弁した。
④待機児童対策は喫緊の課題で3分の2を国が補助する制度があります。当初2ヶ所の整備予定だった小規模保育所が1ヶ所になったため、そのお金を園舎改修費用にしました。
⑤市内の他の事業者は、自己資金のみで整備しています。定員が確保されれば、園児数に応じ市から安定した委託費が支払われるため、自前で整備してもその後の運営資金は長久手の現状では約束されています。

市長の設立した保育園が自己資金で整備できるのに、なぜ補助金が必要なのかについて明確な説明が無く、修正案を提出しました。19名定員の小規模保育施設が2園できるだけの当初予算であったはずが、当初の説明と違う自己資金で改修できる施設に交付されることに違和感があります。
待機児童対策は、喫緊の課題ですが、結局今度の4月も待機児童が解消されません。
本当に必要とするところに、税金は使われるべきです。

修正案で、減額提案したことは理にかなっていると思いますが、賛同が少なく驚きました。

12月議会は、17議案を本会議、各委員会で審査し、全ての議案が可決されました。

引き続き、なにとぞ
よろしくお願いいたします

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

☆予算決算常任委員会化することが決まり、現在の3常任委員会は次回3月議会までとなり、その後は「総務くらし建設常任委員会」、「教育福祉常任委員会」の2つになります。

3月議会は3常任委員会のそれぞれが分化会を開くことになります。

3月議会の分科会議事録作成について今日までに何度か意見が出ていますが、3委員会の会議録作成などに概算で204万必要です。

しかし、予算がありません。(昨年までも要求しているにも関わらず…)

単純に3委員会で割ると、68万円。

予算がないため、報告に必要な議事録は委員長が作成することになっています。
3月議会、分科会Cは予備日2日の間に会議録を作成しなければなりません。

安く請け負ってくれる業者を提案しましたが、会社の形をしていないと難しいなど制約があるそうです。体調不良などで受けたのに仕事が終わらない可能性などの意見もありました。
(委員長も人なので…風邪を引くかも…、文字起こしに不安がなかったのですが、不安になってきました)


☆午後は議会基本条例検証会議が行われました。
全ての条例文について意見を出し切りました。条例文の運用では、幾つもの課題が上がりました。

コメントをして足跡を残す

議会だよりの一般質問原稿を提出しました。

見出しは2文字換算のルールのもとで、700文字程度にまとめます。

1時間の一般質問は、およそ1万文字あるので、伝えたい部分をピックアップし、写真は1枚選びます。

Q上郷保育園移転新築時の自園調理の見込みはどのようか

A開始できる計画である

・・・

16名の議員それぞれの個性がわかります。今議会の議会だよりが、お手元に届くのは2月です。

コメントをして足跡を残す

教育福祉常任委員会を傍聴しました。
議案8件のうち、3件が指定管理の更新の議案です。


そのうち、長久手温泉ござらっせとあぐりん村の指定管理更新が否決されました。

議案名は「議案第74号長久手市福祉の家温泉交流施設及び長久手田園バレー交流施設の指定管理者の指定について」

16年経過した温泉施設のこれまでの経緯、更新のたびに、経営的な部分、温泉と産直野菜の販売の一括指定管理が適当かについては議論されてきました。
前回の指定管理の際に、入湯税を長久手市に納めなくても良いようにしています。
これに伴い内部留保にあたる分が増えたとの説明でしたが、金額的に十分でないと指摘がありました。

前回の更新時も委員会否決になっています。

議会最終日21日に本会議採決されます。


所管事務調査は、上郷保育園の移転新築についてでした。
東小学校の西側、現在の農村環境改善センターのグラウンド部分に保育園の他に児童館、児童クラブ、児童発達支援センター、すぎのこ教室が一体として整備される計画です。
平成32年4月保育園、翌年児童館と児童発達支援センターが開設予定です。

コメントをして足跡を残す

今日は総務委員会が開かれました。


子ども部新設のための条例を含め6件を審査しました。

補正予算第61号について時間を割きました。

待機児童解消は、児童福祉法が定める「市町村の保育の実施義務」からも受け皿整備は最重要課題です。でも、「補助があろうがなかろうが自前で整備するつもりだった」という事業所に1,650万円の税金を投入する合理的な説明がありませんでした。

1,650万円のうち3分の2の1,100万円が国、3分の1の550万円が市の負担になります。どちらも税金です。

税金は、みんなが納め、限られら中から「みんなの生活が良くなるように」配分されていますが、全ての施策を実現するには足りない現状で、現役世代、将来世代にこんなこと???説明できません。

事業所が出せるというなら、出してもらえばいいのでは無いでしょうか。

「補助がなくなったら増築をやめるかもわからない」という答弁にもビックリしました。

すでに認可保育園であり、社会的責任から自前で作ると市に認識させた事業所です。そんな無責任な対応の可能性があるのでしょうか。そして、それを匂わせて…どうかしてると思います。


お昼ごはんに市役所前の「ひらのや」さんで平日限定のそば定食をいただきました。

コメントをして足跡を残す