長久手市が企画運営を市民団体うぃうぃの会に企画運営をお願いしている市民活動交流会の第8回目です。

ご案内を頂いて初参加させていただきました。

申込後に、事前の連絡で「A4⽤紙2枚とマーカーペン準備」があり、自己紹介で使いました。

第1部 基調講演(事例紹介) 松宮朝⽒ 愛知県⽴⼤学准教授

第2部 対話をしよう「オンラインでつながって、沢⼭の⼈と、楽しくおしゃべり」

第3部 アイデアを出そう「未来に向かって、新しいつながりのアイデアを考えよう」

〈今日の初体験!〉
①はじめましての方が多いオンラインパーティーに参加。
②全体39人とブレイクアウトグループを使った小グループのやり取りを往復。
③グループで出された多数の「アイデア」をテキストマイニングにかけてアイデアを情報として客観的に見れた。

第1部の松宮先生の講演でコロナにより「集まっちゃダメ・近づいちゃダメ・ガヤガヤ食べちゃダメ」と同じ空間を共有することに制限がかかり「孤独」が深刻になっていること、そんな中でオンラインでもできることが支援になるお話を実例を交えお聞きしました。

第2部以降は、大学生のボランティアグループDoNabenetさんが小グループそれぞれのファシリテータをしてくれました。

グループでは、大学生がずっと笑顔で一生懸命な様子や、私よりずっと年上の方が「ZOOMってパソコン使わなくても、スマホでこんなにかんたんにできちゃうんですね」「わからないことを小さな手帳にメモってあとから調べてます」「出来なかったことができるようになって嬉しい」・・・ととっても前向きな発言が沢山で長時間の交流会でしたが、元気をいただきました。

大学生が、
主催うぃうぃの会さんがスマホ講習会やZOOM講習会をしてくださっていることに「うちのマチでもこういうスーパーおじいちゃんがいたらやってほしい」と話していました。大学の授業が一方的な顔も出さないオンラインで実施されているので、今回のようなブレイクアウトグループのような場で「はじめまして」ができたらお友達ができるかも…歓迎会とかもなしで…とも話していました。新しい生活様式に素早く順応できそうな若い世代にも孤独が広がらない工夫が行き渡ると良いなと思います。

今日の収穫は「知らないことをこれから知るって楽しい!という子どものような好奇心を持ち続けたいな」という気持ち(^o^)

 

コメントをして足跡を残す

久しぶりの雨☔にホッとしました。
昨夜のニュースでは、「名古屋の湿度が9%、岐阜は7%」とカラカラでした。
少し冷たい雨でしたが、土の中でいろいろなものが目覚めそうです!

昨日2月25日(木)続きで、予算決算委員会の教育福祉分科会が開かれました。

議案第1号令和3年度一般会計予算のうち子ども部(子ども未来課、子ども家庭課)、教育部(教育総務課、給食センター、中央図書館)の審査を行いました。


子ども未来課

子ども未来課は、保育園、児童館、小学生の放課後の居場所、幼稚園等の補助の窓口です。 小学生の放課後の居場所「児童クラブ・学童保育所・放課後子ども教室」の申込状況、未就学児の保育の場「公立保育園、民間保育園、家庭保育室、事業所内保育室、小規模保育」の入所決定状況などについて資料を用意いただきました。後日、議事録とともに市議会ホームページにアップされます。

〈放課後児童クラブ事業1億7,023万円(予算書205ページ)〉

・児童クラブ…定員以上の申し込みがあり南小27名、長久手小18人、西小6名、北小1名、東小1名の待機が発生。待機となった高学年については、児童館下校を実施する。選考の過程がわかるように「入所選考基準」の情報公開を進めるように要望しました。近々、入所案内やホームページなどで公開いただけるようになります。

・学童保育所…市内6箇所の学童保育所の定員394人に対し、申込み358人で待機なしの見込み。

〈放課後子ども教室事業1,976万2千円(予算書407ページ)〉

・放課後子ども教室は、市内4つの小学校の空き教室を利用した、学習・遊び・異年齢交流など体験の場。保護者の就労等による子どもの預かり事業ではない位置づけで、申込者は前年より57名減少の477名。令和3年度募集から「参加者は曜日を固定して週1回の参加」。長久手小、市が洞小には空き教室がないため未実施。

〈民間保育所運営補助事業4億9,953万8千円(予算書239ページ)〉

・市内にある認可保育所4箇所(アスクはなみずき保育園(定員119人)、アインながくて保育園(定員103人)、アートチャイルドケア長久手保育園(定員60人)、コロポックル長久手保育園(定員47人))への委託料など。

〈地域型保育給付費1億9,600万円(予算書241ページ)・地域型保育事業支援事業727万1千円(予算書221ページ)〉

・市内にある家庭保育室(スマイル☆キッズ(定員5名)、パセリ保育室(定員5名))、事業所内保育(AS保育室(定員5名))、小規模保育(こどものまち保育室(定員12名)、はな保育室はなみずき(定員19名)、フィリオ長久手(定員19名)、はな保育室としょかん(定員19名)への給付費・補助金。

※令和3年度当初申し込みにより定員オーバーの入所待ち待機児童は0才児1名、1才児30名、2才児18名、3才児2名の51名です

・・・
長久手市では保育が必要な方で生後6ヶ月から2才児クラスで認可外保育施設に通う方へ

「認可外保育施設通所助成制度」があります。

申請は年度ごとに必要で、令和 2 年度分の申請の締切日は、令和 3 年 3 月 31 日までです。

子ども家庭課

障がいのある児童への支援のほか、ひとり親家庭、要保護児童、児童手当ての窓口です。令和2年10月5日に高齢者生きがいセンター1階に子ども預かり事業「ことりルームピッピ」をオープンし、令和3年10月に子どもの発達相談室、児童発達支援センターがオープンと新規事業が続いています。児童発達支援センターのオープンで役割を終える親子通園施設すぎのこ教室が令和2年9月末で閉所します。

子どもの預かり事業1,529万1千円(予算書207ページ)…子育て中のお母さん、お父さんのリフレッシュのため、満1歳から小学校就学前までのお子さんをお預かり、利用料1時間500円。

・児童発達支援センター事業2,550万円(予算書213ページ)…指定管理料2,000万円、送迎バスにはN−バスのワンボックスが3月末までの運行のため、その車両を改造して利用予定。

・こどもの発達相談室事業1,804万6千円(予算書209ページ)…令和3年10月から「子どもの発達が気になる」場合の受付窓口です。保健センター、子ども家庭課などで受け付けてきましたが、常駐する職員が対応。

教育総務課

教育委員会、小学校、中学校、適応指導教室などの窓口です。 児童生徒増による校舎の建て増しが続いてきましたが、新年度の予算では老朽化した校舎の改修費用が計上されています。児童生徒へ一人1台の端末整備GIGAスクール構想によりコンピュータ機器、ICT活用支援の費用が計上されました。

・適応教室改修工事など3,757万円(予算書355ページ)…保健センター西側に1年前購入した不動産3階建てを適応指導教室として利用するため1・2階部分を改修し、学習室、スタディールーム、事務室、男子トイレ、女子トイレなどを整備。

・西小学校大規模改修工事設計など4,012万7千円(予算書361ページ)…バリアフリー化と老朽化した校舎の長寿命化のために工事するための準備として設計する予算。

・東小学校校舎改修工事7,441万7千円(予算書365ページ)…会議室などを普通教室4教室に改修工事と職員室の拡張工事。 ・南小学校大規模改修事業1億3,233万6千円(予算書371ページ)…南小学校の中棟(4棟の校舎を順に改修予定)の屋根防水改修、外壁補修などの工事費用。

・GIGAスクール構想により令和2年1月末には全児童生徒分の端末が納品されていますが持ち帰りについては「前向きに考えていこうとする」段階とのことで困窮世帯に助成するためのWi−Fiルータ費用は計上されていませんでした。


ここでお昼休憩・・・・・


給食センター

長久手市では小中学校と上郷保育園を除く公立保育園の給食を、給食センターで一括して調理しています。小中学校の調理は委託しており、令和3年度の7月からは配送と調理委託を一括で委託する予定だとのことでした。 給食の食べ残しは、主食は一般廃棄物160万1千円で処理委託し、牛乳は産業廃棄物480万2千円で運搬処理委託。それ以外のものをセンターに有る生ごみ処理機で処理。食材は県内産を20%から50%利用の目標を定め賄材料として利用。

中央図書館

令和2年度の補正予算でICチップの導入が進められ、貼付作業は全25万冊ほぼ終了。令和2年度より図書購入費が240万円減額されたのは財政状況を踏まえやむなく削減したものとの説明がありました。

コメントをして足跡を残す

♨今日は風呂の日♨️

長久手温泉ござらっせ
1階と2階にそれぞれ日本最大級の炭酸泉の大浴場がありますが、今日は炭酸増量タイムがあるそうです🌟


(株)長久手温泉は、市が60%を出資する第三セクターです。

コメントをして足跡を残す

2月25日(木)午後からは予算決算委員会の教育福祉分科会が開かれました。

一般会計予算に加え、国民健康保険特別会計予算、介護保険特別会計予算、後期高齢者医療特別会計予算など8議案の審査を行いました。


国民健康保険特別会計予算
令和3年度の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ38億3,331万円。
令和2年度は8,752名が加入。
令和3年度は令和2年度と比べ、加入者2%減(8,493名)、一人あたりの医療費が増加傾向にあるため予算総額は1.7%(約6,479万円)増の見込み。

介護保険特別会計予算
令和3年度の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ27億865万4千円。
包括的支援事業・損害保険料16万円(予算書571ページ)について、(仮称)認知症高齢者個人賠償責任保険として、年間保険料2,000円×80人の登録を見込んでいるもの。長久手市が加入し、日常生活における偶然な事故でご家族などが損害賠償責任を負った場合などに、保険金の支払いを受けることができる制度。現行の「長久手市行方不明高齢者保護ネットワーク (安心メール)」に登録いただくことが条件になる。

任意事業・食の自立事業1,523万円(予算書573ページ)について、満65歳以上のひとり暮らし、または75歳以上の者のみの世帯に対して、「栄養管理」と「安否確認」の必要性がある場合に、月曜日から日曜日までの昼食または夕食を宅配するサービスで、1食あたり市が300円を支援する。利用者の負担は1食あたり270円~540円となる制度。申請に対し聞き取りなどにより必要性を判断する。

後期高齢者医療特別会計予算
令和3年度の歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ10億5,286万1千円。
令和3年度は令和2年度と比べ、加入者が4,909人から200人増の5,109人、9,2%(8,879万9千円)増の見込み。


次年度の予算書は白色。
近年ピンク、黄色、水色とカラフルだったので落ち着いた感じ^_^

議案第1号令和3年度一般会計予算のうち福祉部の福祉課、長寿課、保健医療課、健康推進課までで夕方を迎え、残りは明日2月26日(金)朝9時半から続きの審査を行います。

福祉課
・災害救助事業 障がい者災害時支援事業817万円(予算書259ページ)…福祉避難所の備蓄のために購入計画に基づき備蓄するための予算計上。
・地域共生社会推進事業4,111万円(予算書171ページ)…相談支援、参加支援、地域づくりに向けた支援を縦割りの体制で寄り添う部署がなかなかなかったため一体的に実施する包括的な支援体制を構築。
ながくて地域スマイルポイント788万7千円(予算書169ページ)…市のワークショップや行事に参加したり、福祉施設でボランティアを行う場合に1時間程度の活動で1ポイントが貰える(1日2ポイント上限)。10ポイント集めると2,000円の(図書カード、QUOカードまたはこども商品券)に換えることができ、年間50ポイント(1万円)が上限の制度。

長寿課
・敬老事業315万4千円(予算書173ページ)…75歳以上を対象に長寿を祝う式典の費用、対象者に(株)長久手温泉で使用できる500円分商品券、88歳と100歳にお祝い金を支給。
・長生学園事業225万8千円(予算書173ページ)…高齢者の生きがいや外出促進、つながりづくりを目的として、三重県長島温泉へ日帰り親睦旅行。
紙おむつ助成事業645万2千円(予算書175ページ)…本人の所得金額が200万円未満など一定の要件を満たす対象者に購入費の9割、5万円を上限に助成。
・福祉の家 除草等269万4千円(予算書193ページ)…シルバー人材センターへ委託、ほぼ毎日除草。
・福祉の家 植栽維持管理工事1054万円(予算書193ページ)…樹木剪定、ビオトープ管理など。

健康推進課
・成人保険事業 がん検診等委託1億2,593万7千円(予算書263ページ)…大腸がん検診、子宮がん検診、乳がん検診、肺がん検診、前立腺がん検診の実施。目標受診率60%(国の目標50%)を設定し受診勧奨している。
・脳ドック検診助成金375万円(予算書265ページ)…40歳以上で受信機甲斐のない方を対象に2万5千円を上限に助成。
産後ケア事業20万6千円(予算書273ページ)…出産後のお母さんの育児不安や負担を軽減するため、宿泊または通所(日帰り)により、お母さんと赤ちゃんのケアや授乳の相談を行う産後ケア事業。
産前産後ヘルパー派遣事業76万2千円(予算書275ページ)…産前・産後に体調不良等により家事が困難で、身内等の支援が受けられない方へ負担軽減を目的として、一世帯概ね1日1回2時間までを40回まで、多胎児世帯は、生後2年未満まで一世帯120回まで拡大。
・保険瀬インター空調設備等改修工事8,600万円(予算書277ページ)…空調設備、衛生整備、屋上防水の費用。

今日はここまで。


大島委員長(右)となかじま
明日2月26日(金)9時半より、令和3年度長久手市一般会計予算について子ども部(子ども未来課、子ども家庭課)、教育部(教育総務課、給食センター、中央図書館)の審査を行います。

コメントをして足跡を残す

2月25日午前9時半開会で教育福祉委員会が開催されました。

以下の議案9件について審査しました。(議案の内容についてはこちら

・議案第18号 長久手市介護保険条例の一部を改正する条例について
・議案第19号 長久手市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
・議案第20号 長久手市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
・議案第21号 長久手市指定介護予防支援等の事業の人員及び運営並びに指定介護予防支援等に係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
・議案第22号 長久手市指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例について
・議案第23号 長久手市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について
・議案第24号 長久手市子ども医療費支給条例の一部を改正する条例について
・議案第25号 長久手市児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する等の条例について
・議案第26号 長久手市こどもの発達相談室条例の制定について

9議案とも委員会審査は原案の通り、可決しました。

それぞれの議案について、保健医療課、長寿課、こども未来課、子ども家庭課からわかりやすい資料を用意していただきました。議事録録とともに後日議会のホームページに公開されます。

議案第19号、20号、21号、22号は、人権擁護や業務継続計画の策定、ハラスメント防止などについて、国の省令の一部改正に伴い、長久手市の規定の整理を行う条例改正です。


市内の22事業所が対象となります。
Q「条例の規定に反した場合はどの様になるのか。」
A「対応することが出来ない事業所は条例で定めた指定基準を満たせないことになるため指導の対象となる。指導を受け入れない場合は介護報酬の減算、指定の取り消しになる。」

議案第24号は、現行の子ども医療費の規定を変更する条例改正です。
条例における「子ども」の定義が15歳から18歳に(達する非以後の最初の3月31日までにある者)改正されました。
ただ、医療費受給者証は中学生までしか交付せず、15歳から18歳までで医療費助成を受けることができるのは、市町村民税非課税世帯の入院に関する医療費です。一旦、医療機関の窓口で支払った金額を償還払いします。
「子ども医療費の助成を18歳まで拡充できないか。」と平成27年第3回定例会(10月 9日)から、一般質問と予算要望で訴え続けてきましたが、小さく扉が開いた感じです。
今回の改正で必要となる予算は約125万円ですが、所得制限を外した場合に必要な予算は約700万円。また、入院のみでなく15歳までと同じように入通院まで助成した場合に必要な予算は約3,000万円です。

長久手市では昭和48年に0歳児の入通院費用の助成が子ども医療制度としてスタートし、約50年以上の年月を経て徐々に拡充されてきましたが、「あと一歩」。
長久手ではまだ実感しづらいかもしれませんが、日本に生まれる子どもは、どんどん減っています。昭和の第1次ベビーブームは年間約270万人、第2次ベビーブームは年間約210万人の新生児が誕生していました。昨年は過去最低の87万2,683人(2月22日厚生労働省発表)でした。
「子どもが生まれたら、地域で育てる」という意識が必要で、そのために子ども医療費助成制度は必要な制度だと思っています。「あと一歩の拡充」に向けて要望を続けていきます。

議案第25号は、東小学校の西側に保育園と一体整備している上郷児童館の新築移転などについて設置などを定める条例改正です。
現在の上郷児童館は築41年のRC建築で後10年くらいは十分使えることから、全市的な放課後児童クラブの業務委託を考えているとのことでした。

議案第26号は、子どもの発達相談室の設置などに関する条例を制定するものです。
発達障害のある児童の相談は今まで保健センターや子ども家庭課、社会福祉協議会などいろいろな窓口が受けてきたが、相談、助言、情報提供など支援を行う「発達相談室」が設置されます。
月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時15分まで、保育士、保健師、相談員など6名ほどが常駐する体制を東小学校西側の児童発達支援センターと併設して整備します。

委員会審査はここまで。
本日の審査について、後日、委員長報告・議会だよりの原稿を委員長とまとめます。


今日はお弁当にデザートはポンカン🍊

午後は、予算決算委員会 教育福祉分科会を行いました。

コメントをして足跡を残す