今日は、冨田えいじ議員のご紹介で会派の伊藤真規子議員と3人、名東区に本社のあるLIZMERITさんを訪問させていただきました。

LIZMERITさんは、家事代行・ベビーシッターサービスなど事業をしています。
内容については、メリットのホームページに丁寧に記載されています。

痒いところに手の届くサービス内容です。
ベビーシッターといっても子どもの人数分出費となったり、子どもは見てくれるけれど、料理や洗濯などの家事は頼めないところが多くありますが、孤独で負担を背負いがちなお母さんの手が増える感じのサービスです。

需要は多く、働くスタッフは若い方から70歳を超える方までが活躍されているそうです。

近頃は伝説の家政婦さんが本を出版されたり、キッコーマンのページでレシピ紹介をしたり活躍されていますが、メリットさんにもかなり凄腕のスタッフさんがいらっしゃるそうです。

家を美しく保つこと、毎食栄養を考え家族の好き嫌いも考えて料理を作ることは大仕事です。
気軽に利用できる金額ではありませんが、大変な時に笑顔になれる、女性の再就職先として色々な可能性を感じました。

長久手市には産前・産後ヘルパー派遣事業があります。
事業はできて終わりではないなとも感じました。

ありがとうございました。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

秋なす収穫のための剪定を忘れていましたが、まだまだ元気に花を咲かせ小さな実がたくさん。
秋も楽しめそうです。


農楽校で剪定を習いました。お盆のころ、伸びた枝をちいさくまとめるのですが…


9月5日(木)の定例教育委員会を傍聴しました。

教育委員会の委員は、教育長、教育長職務代理者、委員3名の5名です。
5名が長久手市民ですが、毎回、多様な意見が刺激的な会議です。

昨年度(平成30年度)の「教育に関する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価の結果に関する報告書」が次の定例議会に報告されることが決まりました。
数年前に比べると目標や実施状況や成果が見やすくなっていますが、もう一工夫されることを担当課の方が約束していたので、まずは次の議会ですが、来年度の報告も楽しみです。

中央図書館の不明本の発生は平成28年に年310冊もありました。
不明本を減らすための取り組みを重ね、かなり改善されていました。1ヶ月あたり4月は2冊、5月6冊、6月1冊、7月3冊と一桁が続いています。財産管理として工夫を重ねている様子がよくわかりました。

「子どもの遊びを通じて」というワードが何度も出てきました。
本当に遊びのパワーを生かせることが大切だと思います。

9月16日(祝)ニュースポーツフェスティバルが開催されます。
午前10時から杁ヶ池体育館です。200人(年齢制限なし)募集が目標だということでしたが、スポーツ鬼ごっこやスポーツ吹き矢などニュースポーツを知っていただく機会にし、スポーツを身近に指導者になって欲しい気持ちもあるそうです。
是非、ご都合がつく方はご参加ください。

今日は冨田えいじ議員と一緒に傍聴しました。

コメントをして足跡を残す

今日は議会運営委員会が開かれ議会運営委員会委員と議長、副議長、事務局職員が参加しました。

傍聴議員が多く出席しました。

主な議題は、臨時議会について

冨田 英治議員が、先の市議会補欠選挙8/25で当選したことを受けて、臨時議会が9月11日に開かれます。
その臨時議会での内容を審議しました。
これに先立ち、8月27日(火)に会派代表者会議が開かれました。
8月末までに会派への入退や新たな会派の結成があれば再度話し合いをし、8月11日の臨時議会で議席の変更を行うことを確認しています。8月27日冨田氏が会派長久手グローバルネットで活動することを届けてあるため、議席番号は10番になりました。

議事
1.会期日程(9月11日AM10:00開会で1日)
2.議事日程
・議席の指定(冨田えいじ議員は10番)
・会議録署名議員
・諸般の報告(損害賠償の額の決定及び和解について)
・諸般の報告について
・常任委員会委員の選任
・議会運営委員会委員の選任
尾張旭市長久手市衛生組合議会議員の補欠選挙
3.議会報告会について
4.議員報酬について
5.特別委員会の設置について
6.その他


議会報告会は11月16日(土)午後2時から4時で開催されます。
意見交換のテーマは
①ゴミの減量について
②住民自治と活動拠点について

少し先になりますが、ご予定お願いいたします。

コメントをして足跡を残す

新聞報道が先でしたが、夕方に「長久手市長選挙及び長久手市議会議員補欠選挙における管理執行上問題となった事項」について総務部行政課から議員あてに通知がありました。

市議会補欠選挙の投票用紙が1枚多かった件です。
「二重交付の可能性が推認」との結論でした。

8月26日(月)に報道発表したそうですが、市のホームページに内容のお知らせはありません。
神聖な選挙の場での二重交付、報道機関から情報を取ればいいという姿勢で良いのでしょうか。
まちづくりセンターでの二重交付だと読売新聞では報じていますが、その部分の説明はいただいた通知にはありません。


午前中は、長久手市議会で会派代表者会議が開かれました。

市議会補選の結果を受けて、議長副議長と代表者5名で意見を出し合いました。

議題
⑴ 当選議員の議席について
⑵ 当選議員の常任委員会の所属について
⑶ 議会運営委員会委員の追加選任について
⑷ 尾張旭市長久手市衛生組合議会議員の追加選挙について


冨田えいじ議員は25日(日)の長久手市議会補欠選挙で投票総数16,869票のうち、9,681票(57.39%)を得票し当選されました。
補欠選挙なので翌日26日(月)に当選証書を受け取ると同時に議員の身分をなりました。

9月議会が市長選挙の影響で例年より1ヶ月遅れの10月3日開会しますが、その前に議席をはじめ決めておくことがあるため「臨時議会」が開かれることになりました。

議席の変更は度々行われることではないので、8月29日午前までに「新しい会派ができる」「会派のメンバー構成が変わる」ことがあれば、これを機に議席の変更などがありえます。


コメントをして足跡を残す

市長選挙では佐野尚人氏にご支援をお願いしましたが、落選の結果。
結果を真摯に受け止めています。

私自身の力不足を反省しています。
みなさまに辛い思いをさせてしまって申し訳ありませんでした。

市議補選では投票用紙が1枚多かったり、市長選挙では不在者投票の不受理票が生まれたり、神聖な投票の場に不信感が残る残念さもあります。

今回の選挙を通じ、選挙のルールについて不確かな慣習があることなどもわかりました。
生きている限り一番身近であるはずの政治を特別なものにしないために、今後はわかりやすく参加できる仕組みづくりをし、私自身が伝えられるようになりたいです。

議会には新しい仲間「#冨田えいじ 氏」を迎えます。

引き続きご支援をお願いいたします。

なかじま和代

コメントをして足跡を残す