平成最後の本日は、木下大サーカスに行ってきました。


私が小学生だった頃、初めて見たのも木下大サーカスです。
普段何もない原っぱに大きなテントがたち、中に入ると不思議な色の不思議な空間。

覚えているのはオートバイショー、ライオンの芸、炎のショー、空中ブランコ。

苦しくなるくらい興奮したのを覚えています。

そんな木下大サーカス、我が子を連れて行ったことがありませんでした。

3月ごろから名古屋に来て6月10日までいると聞いて、混雑覚悟で出かけました。

GWの真っ只中、その上雨・・・。ということで本当に混み混みでした。

会場で、チケットを購入し、開始までのお楽しみは科学館!

と思って白川公園内の科学館に向かうと、こちらも長蛇の列。


とても入れるような感じではありません。

予定を変更して、「名古屋市美術館」へ。

のんびり絵画を鑑賞しました。


子どもは予想以上に楽しかったようでホッとしました。

長男が小さい時はよくあちらこちらの美術館に連れて行っていましたが、下の子たちにはあまり連れて行ったこともなかったので嬉しい発見です。

開演時間が近くなり、木下大サーカスへ。

一言! 面白かった!

ハラハラわくわくしたり、応援したり、楽しい時間でした。

20分の休憩が途中であり、下の子がトイレに行きたいというので向かうと、こちらも長蛇の列。

今日は並ぶ日です。

6歳の下の子は真っ暗なテントの中で、ミラーボールがキラキラ光ると驚いて「帰ろう!」と言っていましたが。
最後まで見ました。テントを出るととっても満足そうでした。

サーカスの芸では普段は見ることができない身体能力の高さに人間ってすごい!っと感心感動です!

今度は改めて、科学館にも行きたいなぁ。

後ろ髪引かれる祝日でした。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。