「児童虐待かも・・・」と思ったら☎189
11月は「児童虐待防止推進月間」
令和2年標語「189(いちはやく)知らせて守る こどもの未来」

子どもの虐待防止推進全国フォーラム(オンライン開催)

体罰等によらない子育てのために 〜みんなで育児を支える社会に〜

基調講演1人目の大日向雅美氏(おおひなたまさみ:恵泉女学園大学 学長)虐待対応相談処理件数速報値19万3,780件(前年比33,942)に対して、コロナ禍での一斉休校、一斉休業によるストレス、テレワークの一斉実施は狭い日本の住宅事情の中大変なことだなどいろいろな気づきをいただきました。
「虐待を親がすることは、暴力をコミュニケーションの手段として教えていることになる。愛されて生きていけるように。」

基調講演2人目のサヘル・ローズ氏(女優/タレント)さんのお話は、日本のおばちゃんパワーに涙が出た。


サヘル・ローズさんはイラン・イラク戦争で家族を失い、4歳から孤児院(児童養護施設)で生活をしていた。7歳に出会った母フローラに10月21日の誕生日、名前サヘル(生まれたときの名前、本当の生年月日はわかない)をつけてもらった。
テレビで日本の「おしん」を見て育っていたから、イランから日本へ行くことになり、おしんに会えると思って嬉しかった。
日本に来たら、天井を見てもメッカの方向(矢印)がわかない、男の子と教室が同じ、学校の給食がハラール(調理法)じゃないことにとまどいがあったが、校長先生が1対1で言葉を教えてくれ、3ヶ月後には「なわとび」という作文が書け片言話せるようになっていた。友だちもできた。
養父の暴力がエスカレートし、母フローラさんと公園に逃げ2週間暮らした。昼間は学校へ行き給食を食べ、夜はスーパーの試食コーナー、その後8時まで図書館、そして公園で夜を過ごした。
試食コーナーのおばちゃんに声をかけられ、何も買わないのに毎日来るから怒られるのかと思ったら紙袋を渡された。中身は食べ物に洋服。
2週間同じ洋服でお風呂にも入れず学校へ行っていたら下校の際に給食のおばちゃん「だいじょうぶ?」と声をかけられ、SOSを出せた。
そのおばちゃんが家に住まわせてくれて、食べ物も洋服もビザも取れるよう支援してくれた。
「人が救えすのは人の心だと思う」

<<<パネルディスカッションの中でメモした言葉>>>

「一人の子どもを育てるのに村人全員が必要」アフリカのことわざ


「愛情はシャンパンタワーのように注ぎましょう」
周囲の愛情を受けたパパ・ママがママへパパへその溢れる愛情が上の子へそして上の子から下の子へと。

「家族って大事なもの、大事なものに手間ひまかけて行こう」

「体罰や怒るんじゃなくてどうしたらお互いこの瞬間を切り抜けられるか親子でポジティブに手間(経験)を一緒に共有する。」
「謙遜から入る日本の文化。でも一昔前のように子どもたちは大家族の中で無償の愛情をたっぷり受ける環境にない、褒めることは大切。」

厚生労働省のYoutubeチャンネルでアーカイブで見れるようになるそうなので、お時間ある方はぜひ。

コメントをして足跡を残す

鳳来寺山(標高695m)は3度目。

新東名の新城ICができ近くなった印象です。
「山頂駐車場からなら初心者でもかんたんだったような気がする」という曖昧な記憶で、2時から登山。

東照宮→鷹打場展望台→天狗岩展望台→鳳来寺山山頂→奥の院→六本杉→勝岳不動明王→鳳来寺本堂

鳳来寺は今からおよそ千三百年前に利修という仙人によって開山されたとされています。仙人は鳳凰に乗って空を飛び、赤鬼・青鬼・黒鬼を従え309歳まで生きたと伝えられています。現在は、天竜奥三河国定公園として指定されています。


東照宮


鷹打場展望台


峰に露出する岩は黒曜石のような艶と光


この環は杉の根っこです、輪の先を少し進むと天に向かって大きく育っていました。



途中はこんな場所もちらほら。


「2千年前はこの地殻は海の底であったが、激しい火山活動により鳳来寺山が出現」


太陽が西に・・・






散策タイムとしては3時間かかり、後半は日が沈む様子にハラハラしながら岩を登ったり、降りたりもあって戻ったときにはやりきった感がありました。

帰りは湯谷温泉方面へ降り、偶然、ふわふわのたぬきに遭遇しました。

登山前には、新城ICすぐの場所にある道の駅「もっくる新城」におやつ購入で立ち寄りました。


素敵なトイレに足湯スペース(10:00~16:00/木曜定休)も有り、Wi−Fiのついた自販機なども気の利いた整備だなと思いました。

新城までは藤が丘駅からバスが出ているそうです。
次は、表参道の長い石段を登るコースで登ってみたいし、新城市の四谷の千枚田や阿寺の七滝、東浦町のスターフォーレスト御園(天文台)も見たいなと思います。

コメントをして足跡を残す

雨が恋しいくらい晴れの日が続いていますが、1128(良い庭)の日なので、家庭菜園を片付けました。

青紫蘇は、もうすっかり青さは無くカサカサの茶色です。

子どもに抜いてもらうと変身アイテムに・・・。

今年は摘果しなかった温州みかんは小さな木なのに大豊作、まだ少し青みがあるので半分ほど(45個)収穫しました。


食べてみると酸っぱい!
去年はあんなに甘かったのに・・・。

育て方を調べてみると、摘果と年3回の肥料が必要だったようです。m(._.*)mペコッ(反省)
しばらく追熟させたらもう少し甘くなるのでしょうか。

コメントをして足跡を残す

岡崎市議の野本あつし氏に「岡崎市一律5万円否決のリアル」について講演いただきました。

人間的魅力たっぷりの人で、市議会議員選挙も市長と同日開催で先月行われたばかりです。
政二塾の塾長鈴木政二先生の秘書も経験し、2016年から現職で、今回2期目がスタートしたところです。

野本市議は街宣車を使わない選挙を行いましたが、3,632.874 票と前回の3,179.745 票から500票近く票を伸ばしています。


キャッチコピーは「地域を担う責任世代の40代! 地域の代弁者として、声を聞き、想いをカタチに!」

選挙中に街頭活動のお手伝いに岡崎へ行きましたが、お城を持ち、山、水源も持つ39万人の岡崎は本当に広く、声を届けるのは大変なことだなと思いました。


市長選挙は、自民、公明、立憲民主、国民民主と連合愛知の推薦を受けた与野党相乗りの現職市長・内田康宏に対し、共産党が「自主支援」した中根康浩・元民主党代議士が挑んだかたちでしたが、中根氏の「岡崎市の全市民1人5万円給付」などの公約は投票率を前回より2.5ポイント上げる結果になったそうです。

市民全員に5万円を配るために必要な予算はおよそ200億円。
財政調整基金を含む5つの基金を崩して用意するとの市長提案に対し、議会が「動議」を出し十分な議論をするために必要な資料を求めたところ、基金の廃止による説明資料を用意し議会に示しました。
岡崎市議会のホームページ(こちら)から本編と別紙として資料を見ることができます。

これだけの資料を行政側が議会へしめし、公開し、市民にも見れるようにすることはそうあることではないと思います。

延長された議会日程で行われた11月18日の採決では、反対多数(賛成2、反対34)で否決されました。

採決の結果を受けて、新聞やニュースでは5万円をバラマキと言って、公約にすることへの批判が多かったです。




「一番の看板公約を果たせなくても市長は責任をとってやめたりしないんだなぁ」


岡崎から長久手までお越しいただきありがとうございました😊

コメントをして足跡を残す

議会二日目



朝一番乗りかと思ったら、冨田議員がすでに議場にいらっしゃいました。

議会運営についても打合わせ、全議員打合せ会が行われ、10時開会。


議案質疑が行われ、委員会(予算、総務くらし建設、教育福祉)へ付託されました。

散会後
次期環境基本計画(2021年度から2030年度の10年間)、リニモテラスの進捗状況について執行部から説明がありました。

環境基本計画は現在第3次、2021年からの第4次を策定中です。
2050年頃の世界及び地域の環境に向けた行動の第1歩を踏み出す始めの10年という位置づけで、脱炭素・循環型・自然共生のくらしを計画したもので、今後パブリックコメントなどが実施される予定です。

リニモテラスについては、カフェ運営事業者が決定したこと、また指定管理者の募集期間が終わり、12月に選定委員会が開かれること、同時に整備される2号公園の案が示されました。
川合議員から公園の中に配置される「人工芝」について、「環境基本計画で循環型のくらしを計画するのに、人工芝で良いのか」と意見がありました。担当課ではマイクロプラスチック汚染の原因となっていることなどは承知していました。どのように対応を決めるのか注目します。


会派室から北側をみるとセイタカアワダリソウがキラキラ綺麗です。
嫌われ者の外来種というイメージでしたが、セイタカアワダチソウを干して入浴剤にしている方の話を聞いてからはうまく暮らせないかななんて思ってしまいます。

午後は
12月10日の一般質問の準備、担当者へのヒアリングをし、教育と人事については流れが作れそうです♪


雀のなる木


一般質問(16人)の通告内容はこちら→

コメントをして足跡を残す