12月議会が11月27日(水)に開会します。

一般質問は

12月2日(月)・3日(火)・4日(水)の3日間。受付は、本日朝8時半〜明日の正午までです。

今回は7番目の提出。5項目を通告しました。(詳細は⬇️)

1.給食について

2.議事録について

3.児童館図書室について

4.就学援助費について

5.文化の家について

私は、12月3日(火)朝9時半〜の登壇予定です。(一般質問の日程は、11月25日議会運営委員会で決まります)

お時間許せば、傍聴お願いいたします。

前回までの一般質問の様子はこちらから⇨

⬇️通告内容

1 給食について

平成17年に食育基本法が制定された。前文に「二十一世紀における我が国の発展のためには、子どもたちが健全な心と身体を培い、未来や国際社会に向かって羽ばたくことができるようにするとともに、すべての国民が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるようにすることが大切である。子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要である。」とあり、経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることを目的としている。

⑴ 上郷保育園が令和2年8月に開園すると市内公立保育 園で初の自園調理がスタートする。11月16日の教育福祉委員会所管事務調査では子ども未来課から「調理は委託を検討している」と説明があったが、直営により調理師として市が雇用することで、給食調理以外にも市の食育環境を大きく前進させることができると考える。調理に必要な人材は何名で直営、委託によるメリット、デメリットは何だと考えるか。

⑵ 児童クラブのおやつは市販のものを指導員の裁量で用意しているが、上郷保育園の2期工事では児童クラブが同敷地内にできる。児童クラブの行事にも配慮し、おやつを保育園給食室で用意できないか。

⑶ 牛乳の飲み残しを産業廃棄物として処理するために平成30年度は約444万円がかかった。年間で20リットルのペール缶およそ600缶ということであったが、これは200ミリリットルの牛乳瓶6万本を廃棄していることになる。対策が必要ではないか。

2 議事録について

第6次総合計画ながくて未来図は、市民主体のまちづくりが文化として定着するよう、多くの市民に役割を担ってもらうことに主眼を置き策定された。市民が主体となるためには、情報公開が欠かせないと考える。

⑴ 庁内の会議は議事要旨が公開されているが、文字起こしは誰が行っているのか。また、およそ2時間の会議の要旨作成に何時間を要し、公開までに要する日数はどの程度か。

⑵ AIを活用した音声認識技術による文字起こしの技術が一般的になった。県内の自治体の導入状況はどのようか。

⑶ 本市にも自動文字起こしシステムの導入が必要ではないか。

3 児童館図書室について

市内5つの施設に児童館図書室が設置され、貸し出しも行っている。

⑴ 蔵書数は各施設どれだけか。

⑵ この図書室の存在はあまり知られていないと思うが、活用が進むようにできないか。

⑶ 児童館は条例で利用の範囲が「市内に住所を有する児童及びその保護者」と「市長が特に認めたもの」のみに限られているが、中央図書館の分館として広く利用できるようにできないか。

4 就学援助費について

就学援助制度は、学校教育法第19条で「経済的理由によって、就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない。」とされ、運用は自治体に任せられている。本市では、所得の目安を公開し、就学前支給を実施するようになり、必要な人へ支援が届くようになってきた。

⑴ 国の就学援助費の費目には、「クラブ活動費」が計上されているが、本市が援助していない理由はなぜか。

⑵ 国が目安としている1年間に小学生2,730円、中学生29,850円を支給した場合に必要な予算はどれだけか。

5 文化の家について

市内の文化活動の拠点として1998年7月に開館し21年が経ち、第2次長久手市文化マスタープランも2年目に入った。開館当時から市民参加による運営を取り入れてきた実績がある。

⑴ 文化の家フレンズ会員によるボランティアの活動内容と、ボランティア参加の推移はどのようか。

⑵ 広報ながくて平成30年1月号で文化の家館長の公募を市民に行った。平成31年3月末まで1年間の任期が延長されたのはなぜか。

⑶ 市民館長はどのような勤務をし、館長が持つ権限とこの1年半の実績はどのようか。

コメントをして足跡を残す

「自閉症の僕が跳びはねる理由」東田直樹氏が13歳のときに書いた本です。

子どもの小学校のお母さんから教えていただいて読みました。


東田氏自身が自閉症です。

自閉症とそうでない人の感覚を想像しながらも違いを理解しあいお互いが孤独にならないように、西野カナさんの歌に出てくるトリセツのような内容です。

短い本ですが、続けて二度読みました。

13歳で自分の心地良さ、弱さ、特性をここまで書けるってすごいなぁ。

緑のこと、勉強のこと、たくさん気づきがありました。

心に残ったフレーズは「本当の優しさというのは、相手の自尊心を傷つけないことだと思うのです。」

あとがきもオススメです。
この本を英語版として翻訳したデイヴィッド・ミッチェルがお書きになっています。

コメントをして足跡を残す

尾三消防組合議会の視察(1泊2日)の2日目です。

昨日は大阪市内に宿泊し、夕食前に30分ほど周辺をお散歩しました。
爆買いもニュースでは知っていましたが、目の前で様子を見ているとドラッグストアにスーツケースが売っていて、それに大量の化粧品や薬などを買って詰め込んでいました。ご夫婦?ご家族?チームで大量に・・・。
「ここは日本か?」と呼び込みの声も行き過ぎる人も中国の方ばかりでカルチャーショックを受けました。

夜も部屋の中にまで賑やかな様子が染み込んでくる感じでした。

今朝は朝7時過ぎにバスで大阪を出発、湖南広域消防局を視察させていただきました。


湖南広域行政組合は、尾三消防組合と比べ、管内人口(33万人ほど)や消防費予算(40億円弱)はほぼ同規模ですが、尾三消防では行っていない取り組みもあり参考になりました。


9years planという団体行動での決まりごとを学ぶのではなく、いざという時に自分で考え行動できる知恵を身につけるためこども園・幼稚園・保育園そして小学校へ消防局職員や防災コーディネーターが出向き教育するプログラムがあります。
これからの自治会の強い担い手となる期待、将来の防火・防災の指導的立場で活躍が来たできることが最終的な目標です。

ちょうど保育園児さんが消防署の見学に来ていました。


広報紙自体を尾三では出していませんが、湖南では平成30年度まで紙面を年3回発行していたものを年2回に変更し、新たにデジタル版広報こなんを2回発行することとYouTubeチャンネルFacebookページの運用を開始しています。

広報紙へ広告が6枠あり、1枠が4万5千円(6枠で27万円)が広告収入になっています。この広告依頼は職員の方が営業するようです。

赤外線ビデオカメラ付きのドローンの導入もちょうど納入されたばかり、講習もうけ受講者証の発行を待つばかりということです。
湖南広域行政組合は、草津市、守山市、栗東市、野洲市の4市で構成し、消防局のほかに環境衛生センター(浄化槽に対応)、救急医療事務局(休日急病診療所)などの事務を共同で処理しています。平成10年4月以前はそれぞれに組合議会があり、相当数の事務局職員がいましたが、統合によるメリットは人的経費の削減、スケジュール調整や効率化が図られました。



合併で役場機能が統合された地域の過疎化が進んだことが数日前のニュースにありましたが、市の合併となるとデメリットも多いのかもしれませんが、事務の一部を広域行政で担うことへのメリットは大きいです。
尾三消防と同じ組み合わせは中部水道企業団議会がありますが、それ以外のゴミやし尿についても今後考える必要があるだろうと思いました。

消防組合の名称、湖南とは琵琶湖の南だからでしょうか?
湖南市は隣接しますが、構成市ではありませんでした。


昼食を信楽陶芸村でとりました。たくさんの狸が上にも下にも並んでいました。

今放送中のNHKの朝ドラ「スカーレット」は信楽が舞台、たぬきの箸置きと緋色(ひいろ)のコーヒーカップを購入しました。

コメントをして足跡を残す

今日から尾三消防組合議会の視察(1泊2日)です。

今朝は子どもより先に家を出ました。おばあちゃんがいて安心です。
お隣、東郷町にある尾三消防本部に8:20集合。
渋滞にドキドキしつつ、無事に到着しました。




1日目は大阪府泉佐野市にある泉州南消防組合へ。

3市3町からなる消防で、尾三より一足早く広域化を進めています。

広域化の効果についてお話を伺ったのちに、施設を見学させていただきました。


尾三にはまだ無い高度救助資機材を揃え、地震や土砂災害、夜間やテロ対策の資機材を平成30年度揃えており、説明を受けました。
船から魚の群れを見るような「電磁波探査装置(アドバンス)」では倒壊家屋などの中にいる生存者の検出、位置の特定ができるそうです。新たな資機材が揃うことで消防力が強化されることは間違いありません。単独市町で揃えるよりは尾三管内で融通し合えば良いので広域化していることで高価な資機材にも手が出しやすい環境になっていると言えます。







(海の向こうに関空が見えます)

高機能消防指令センターでは、災害通報から受付、消防指令の流れを見学しました。
通報から各車両の出動指令に人的ミスが出ないように、また、一斉に指令が配信(コンピュータによる音声指令)されることで無駄な時間を極力無くしていました。管内で起こり得る事例を51のパターンであらかじめ想定し、対応を決めているそうです。消防団への招集通知も自動でメール配信できる体制でした。

質疑の時間にはあらかじめ通知していた質問のほかに、20項目近くの質問が出て答えていただきました。



現状の消防力を維持しながら、「消防経営戦略プラン」をたて行革に取り組んでいます。
尾三の現状と比べながら、良い部分進んだところは取り入れていただきたいです。

今日から一か月は活動を記録し、提出します。

コメントをして足跡を残す

時間に追われることなくのんびりした気持ちでおうち時間の休日。

窓を開けると雲が綺麗で爽やかな風が気持ち良いし、布団を干したり、引き出しの片付けなんかちょっと気になっていたところもすすみ、エコハウスに古紙やペットボトルが出せました。

明日からの視察のため、事前に出した質問や資料に目を通しました。

夕方には、母が沼津から手伝いに来てくれました。

パソコンの画面が暗いといって、みかんやサツマイモに加え、重たいパソコンも一緒です。

画面の明るさはすぐに解決。
困ったときに、近くにいてあげられないのは申し訳ないなぁと思いました。

母はインターネットで買い物をしたり、調べ物をしたり便利に使っています。
ほんの時々は困ったとしても、いつになっても新しいものを受け入れる姿勢は見習いたいなぁと思いました。

我が家の3男(小1)はおばあちゃんとウノやトランプができて嬉しそうでした。

コメントをして足跡を残す