昨日は、自民党長久手市議団、公明党長久手市議団で、愛知県へ要望に伺いました。


建設部次長に要望書を手渡しました。



瀬戸市から東海市までを結ぶ都市計画道路「瀬戸大府東海線」の未事業化区間の早期事業化をはじめとする市内道路の渋滞緩和や美しい並木道について県道整備、河川改修などを要望しました。

石井よしき県議のお力添えで、毎年県へ要望を伝えています。

市内の事でも、県、国が動き事業化し予算を確保していただかないと、どうにもならないことがあります。
議会内では会派が分かれていますが、県、国へは自民党長久手市議団、公明党長久手市議団で一緒に要望提出しています。

コメントをして足跡を残す

12月議会の一般質問を通告しました。

1 子育てしながら働き続けられる環境の実現について
2 小中学校の夏休みについて
3 災害に備えたまちづくりについて
4 災害時における市役所窓口の計画的縮小体制について

通告した質問詳細はこちら

12月6日(木)朝9:30から1時間の予定で、質問に立ちます。
心を込めて質問します。
ぜひ、傍聴にお越しください💕

コメントをして足跡を残す

「全国子育てひろば実践交流セミナーin岐阜」

母親自身が育った市区町村以外で子育てすることを「アウェイ育児」というそうです。

アウェイ育児する母親は72.1%。


子育てする母親の孤立にどのようにつながっていくか、どんな場なら出てきてもらえるのか?

すでにある拠点の課題もお聞きすることができました。

基調講演「地域共生社会の実現を目指して、地域子育て拠点に期待すること」では、


社会保障制度の「自立」というキーワードは、

身体的・経済的自立→社会的・精神的自立→「自立とは依存先を増やすこと(SOSが言える)」

と時代とともに意味が変わってきた。

そして、

「地縁が持つ負の部分の課題に目を背けない」


福祉は、0歳から亡くなるまでの誰もが「ふだんの くらしが しあわせ」な生活ができるための取り組みである。

たっぷり資料をいただきました。勉強します。

長良川国際会議場の周辺は、サッカーユニホームを着た人たちがたくさんでした。FC岐阜かな。

コメントをして足跡を残す

国会の話しですが、本当に身近な話題です。


自転車の子ども乗せ、現行ルールは、運転者は16歳以上、幼児用座席は6歳未満(6歳はダメ)となっています。

幼稚園や保育園の送迎、買い物や病院へお使いの方が多くいますが、年長児の途中で6歳になると違反なんて、何とかなりませんか。



先日、参議院議員 和田政宗先生にお伝えしました。

和田先生は「子育て世代の課題解決は私の最重点課題です。」とおっしゃって。

今日、「自転車の幼児椅子を使っての同乗は6歳未満となっているため、年長児が5歳から誕生日を迎え6歳になる途端に乗せられないルールを規制緩和できないでしょうか。」と、内閣委員会で問題提起してくださいました。


素早い対応、本当にありがとうございます😊

変わると良いな!

動画は39分位から…‬

1115日「内閣委員会」動画

コメントをして足跡を残す

主人の実家から三ケ日みかんが届きました。

毎年、甘くて美味しいみかん、栄養たっぷりです。


Mサイズのみかんは1個およそ100g。
みかん1個が約45キロカロリーです。

・おにぎり1個は約200キロカロリー
・シュークリーム1個が約250キロカロリー
・あんぱん1個が約280キロカロリー

なので、カロリーを気にするお年頃でも安心して食べられます。
包丁を出さずに、手軽に食べられるので、あっという間に箱の底が見えそうですが、感謝していただきます。

コメントをして足跡を残す