庭の金柑は何度も花を咲かせます。


字に興味がわいてきた三男。


嬉しい!

コメントをして足跡を残す

坂東眞理子先生にお話しいただきました。


「政治家は長期的視点と志を持ち、傾聴することから品格が生まれる。」

「生活体験とともに勉強につとめ、無私の高い目標に向かって決断できる人になって欲しい。」と言われ、背筋が伸びました。

坂東眞理子先生は、「女性の品格」320万部のベストセラーを持ち、昭和女子大学総長をされています。

女性に3つの「き」を!

・期待

・機会

・鍛える

3つの「き」は願いだとお話しでした。

活動と経費については公開し伝える努力が必要とのアドバイスもいただきました。

勉強会(岐阜市)は自費参加です^_^

コメントをして足跡を残す

泉穴師(いずみあなし)神社を、つもり宮司、教育委員会村田氏にご案内いただきました。


高浜市の神谷直子市議と一緒に参加しました。


天之忍穂耳尊(あめのおしのほみみのみこと)と栲幡千々比売命(たくはたちぢひめのみこと)の二人の神様が本殿祭神として祀っているため、珍しいことに鳥居が2つあります。


境内には樹齢600年を超える天然記念物のクスノキの大木群、植生豊かな神社の杜があり蝉がたくさん鳴いていました。




移動し、4月より供用開始した消防庁舎を見学させていただきました。

女性の隊員さんはまだいらっしゃらないそうですが、仮眠室は男性向けと鍵のかかる扉で分けられた空間に2部屋、トイレ、シャワーも独立してありました。




そして、再び「あしゆびプロジェクト」について南出市長にプレゼンしていただきました。

新たな器具が必要になるわけではなく、指の持つ本来の機能を訓練することで取り戻すことから体幹が整い健康になるということです。長久手市でもぜひ取り入れて欲しいです。


お昼は近くの仕出し屋さんから、このボリューム。


午後は、会場を移動し、ブレインブースト視察。
泉大津市では官民連携の取り組みとして7月から読書手帳で50冊以上読んだ小学5.6年生から12名の児童さんが右脳開発教育を受けています。パラパラめくって本を置くと、原稿用紙に要約した内容を書いていました。
脳のリミッターを外すことで、結果として速読ができるようになる。一番早い子で1分間で1600万字。平均50万字程度は読めてしまいます。右脳が活性化し超人的です。

南出市長いわく「子どもの可能性は青天井」です。

今回の勉強会は自費参加です^_^

コメントをして足跡を残す

「地域力の創造は足元から始まる〜各地で活発化する地元の力〜」について、食環境ジャーナリスト金丸弘美市を講師に、尾三11市議会議員合同研修会が行われました。


今まで女性がいなかった仕事に女性が従事することや、若者による新しい動きが価値の再発見につながったお話が盛りだくさんでワクワクしました。



イタリアのAlbergo Diffuso

旅の人がまちを訪れ従来の旅館に宿泊すると、旅館から出かけることなくお風呂も食べ物もお土産も揃ってしまいます。

そうでなく、食べる場、銭湯など地の利を活かしてまちを楽しんでもらう。

まちの個性の発見は柔らかい頭が必要です^_^

コメントをして足跡を残す

子どものためにどう活かす?「文化芸術基本法」というフォーラムに参加しました。


子どもへ芸術鑑賞・体験の機会を増やす取り組みが法律改正によって進んでいます。

これらの体験が豊かな感性・情操や、創造力・想像力を養う上で効果があるための推進です。

国・地方公共団体には取り組みの推進(国が義務教育中に3回以上、地方公共団体が毎年1回の鑑賞・体験の環境整備を目指す)が明記されています。


長久手市の持つホール「文化の家」についても紹介がありました。
長久手では、毎月開催されるガレリアコンサートをはじめ、おんぱくの取り組みなど小さな方から大人まで気軽に触れる機会があります。

次回のガレリアコンサート

平成30年9月2日(日曜日)12時00分

採れたて☆室内楽/ 親子連れ大歓迎

コメントをして足跡を残す