こんばんは、なかじま和代です。

土日を挟んで、長久手市議会では一般質問2日目が開かれました。

私も60分の時間をいただいて、5項目質問しました。

内容の一部を紹介します。

1 化学物質過敏症などのアレルギー対応について
口から食べてのアレルギーでなく、鼻などから吸い込むこと(吸入)、さわること(接触性)のアレルギーについて研究が進み、備えることで対応できるとの思いで対策を提案しました。

Q アレルギー児童・生徒はどれだけいるか?
A 化学物質過敏症1人、花粉症1076人、ハウスダスト428人、ラテックス8人。
Q これまで家庭で食べたことがない食材による発症など、いつでも誰でもが、適切に対応できるよう「アレルギー緊急時対応マニュアル」を策定しないか?
A 調査研究する。


2 災害時の対策と観光地としての責任としてWi-Fiスポットの整備について
今や携帯電話やスマートフォンなどの利用は一般的で情報の取得手段として必要不可欠なインフラだという思いで質問提案しました。

古戦場の再整備の中では整備していく予定だということだったので、古戦場公園再整備基本構想では2022年の古戦場公園のリニューアルオープンとなっているが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックやモリコロパークでのジブリパークオープンに合わせ、古戦場もフィールドミュージアムなどはテストマーケティングをしながら段階的に整備解放していけないかを提案しました。

3 待機児童問題について
3月議会で待機児童がいるのに空きがあるということがわかり、保護者の立場に立った整備の必要性について、保育施設の中身がわかる情報の公開と空き状況などの情報公開を提案しました。

Q 現在の待機児童数は?
A 0歳5人、1歳15人、2歳0人。
Q 0歳、1歳ではまだ足りていないが今後の整備はどうするのか?
A 上郷保育園の移転新築時に規模を検討していく。
Q 上郷保育園の建設は随分先になる。長久手市が認可外保育施設へ通所の場合に助成金を出していることがそれまでの間大切な制度になる。周知を徹底してほしい。現在の利用状況はどのようか。
A 平成27年度は72名。

4 市立保育園の自園調理について
今春移転新築した長湫北保育園には自園調理のスペースがあるが利用が一部なことから質問しました。
私は自園調理のメリットは、給食作りの過程(食材、人、音、匂い)が身近になること、そしてセンター方式に比べ少量の準備で給食が作れるためこの土地で取れた伝統的なものを用意する地産地消・身土不二の考えが可能なこと。また、給食の運営はどのように育ってほしいかの思いとともに安定的な供給が継続して滞らないことが大切です。このため、保育園では直営方式での運営を提案しました。

Q 現在の設備では何食に対応できるか?
A 0歳から2歳の離乳食86食。
Q いつ自園調理をはじめるのか?
A まだ、開始時期、運営形態の方針は未定。

5 中学生の爽やかな身なりについて
中学校の校則について質問しました。

Q 頭髪について、「男子は、制服の襟にかからず、耳が隠れず、目にかからない程のどの長さ。」・・・などの規則がある学校とない学校があるのはなぜか。
A 校則は生徒会が中心になって学級会などで声を拾い、それぞれの学校において、生活や学習に支障のない頭髪の目安を決めて、生徒が自分たちで守れるように定められているため、学校毎に内容が違う。
Q 疑問に思い、声に出せば生徒たちで変えていけるかもしれないということか。
A 変えていけるかもしれない。


お弁当の野菜は庭の小さな畑でまかなえるようになりました。

コメントをして足跡を残す

打越久保山地区防災会で組長さん対象の防災教室が行われました。



地区の自治会の会議に合わせて朝10時〜、夕方6時〜の2回、一時避難所となる西洞公園で開催しました。

防災倉庫内の備品のチェックのほか、テントやトイレ、担架、リアカーなどの組み立てのほか非常食体験です。



私は非常食体験のコーナーを担当しました。



朝10時からの回には、アルファ米のお赤飯(50人前)、パッククッキングでのお米の炊き方。

夕方6時から回では、アルファ米のドライカレー(50人前)、パッククッキングでのお米の炊き方。



50人前が一箱になったセットには、食品だけでなく、衛星用の手袋、しゃもじ、小分け用の容器に箸やスプーン、輪ゴム、ごま塩などが一緒に入っていて、調理に必要になるのは水だけです。

お赤飯は熱湯を入れ20分、ドライカレーは熱湯を入れて15分で完成しました。
水でも調理できますが、時間がかります。

味は総じて「美味しい!」の声でしたが、「ちょっと硬い」という方もいたので、水を入れた後の撹拌をもう少し丁寧にしたほうがよかったと反省です。



今日も夕焼けが綺麗でした。



夜は長久手温泉「ござらっせ」に出かけました。お湯に浸かりながら、炭酸泉の効能の部分を何度も読んでしまいました。

コメントをして足跡を残す

今年の夏至は、来週6月21日(水)です。

日の出は4:48。
日の入り19:10。



明るい時間が長くなり、今日もひと段落ついた時間に綺麗な夕焼け空をゆっくり見ることができました。

ここからは、防犯対策について。

侵入窃盗いわゆる泥棒に狙われやすい家の特徴は、

①不在
②簡単に入れそう
③犯行が周りから見えない

ということだそうです。

簡単取り付けができるセンサーチャイムを取り付けました。単三電池6個必要。



人が通ったことをセンサーがキャッチすると、回転灯がひかり、離れた位置の受信機ではチャイムがなります。

怪しい人影を根気強く見張ってくれるテクノロジーの力に感謝です。

コメントをして足跡を残す

今日、じんの和子議員の一般質問で取り上げられた『マンホールカード』探しのお散歩に出かけました。



長久手市の花サツキと長久手市の木カエデをモチーフにしたマンホールを発見‼︎

・・・

あら?「消火栓」



「ガス」


「雨水」



「泥吐弁」



「排水弁」



「空気弁」



「仕切弁」



「電気」



こんなにたくさんの地下につながる入り口があることにビックリ‼︎

コメントをして足跡を残す

今日から3日間(16日、19日、20日)長久手市議会では一般質問が行われます。


6名の議員がそれぞれの視点で長久手市の課題について質問しました。

梅雨だというのに、☀️眩しい日差しです。

個人的に、色々な意味で印象深かった質問の一部と答弁の一部を紹介します。
60分の時間内で目一杯やり取りをしているものの中から、ほんのほんの一部です。

山田けんたろう議員
Q高齢者外出促進事業のマナカチャージが藤が丘駅をはじめとする3カ所でしかできないが、チャージできる場所を広げることができないか?
Aできない。

ささせ順子議員
Q給食の残食数の推移はどうか?
A平成27年度は225.5Kg/日、平成28年度は235.7Kg/日。1日あたり10.2Kgの増加。

吉田ひでき議員
Q市役所職員からの施策提案の推移、実現しているか?
A平成24年48件、平成25年42件、平成26年6件、平成27年3件、平成28年2件で減少傾向、提案された施策の採用率は75%、実施されたものは68%の実績がある。

じんの和子議員
Qマンホールカードの発行をしないか?
A現在応募している7月に結果が出る予定。
※マンホールカードとは、下水道のPR団体「下水道広報プラットホーム(GKP)」が企画し、全国の自治体と共同で作っているカードで、各地のマンホールのふたの図柄を、その由来とともに紹介するコレクション用のカード。配布場所まで足を運んでもらうことで観光ツールとしても有効。

木村さゆり議員
Qヘルプカードの発行推移は。?
A平成27年度131件、平成28年度26件、平成29年度は現在までに4件。
※ヘルプカードとは、障がいのある人が普段から身につけておくことで、緊急時や災害時、困った際に、周囲の配慮や手助けをお願いしやすくするもので、長久手市が発行しています。

伊藤祐司議員
QIKEAオープンに向けてしている防犯対策は?
A地域内の防犯カメラ増設。

お昼の時間に、市役所正面玄関で「ながふく商店」が開かれていました。
ながふく商店では、市内の障がい福祉事業所で作っている物品の販売しています。





お弁当とポテトを購入。
美味しかったです

タオル、石鹸、コーヒー、バーガー、お米、古本なども売っています。

ながふく商店は、定期的に開催されています。
・市役所正面玄関:毎月第1・第3金曜日 11時00分~13時00分。
・福祉の家(ボランティアセンター前):毎月26日(ふろの日) 11時00分~15時00分
・アピタ長久手店:毎月第1土曜日 11時00分~15時00分

コメントをして足跡を残す