本日11月10日(土)10時より福祉の家にて、議会報告会を開催します。

テーマ

・ふるさと納税

・子どもの権利条例

・環境に優しい循環型社会の実現

について、各3常任委員会より報告します。


報告の後、3つのグループに分かれて意見交換の予定です。

晴れたので、隣接する「あぐりん村」は9時〜フリーマーケットが開催されます✨

あぐりん村には秋の野菜や果物、珍しい野菜、旬菜ごはん市場ではお惣菜からお弁当などが並んでいます。


皆さまのご参加をお待ちしています。

コメントをして足跡を残す

今日は長久手にある愛知県農業試験場の公開デーです(o^^o)

愛知県産小麦「きぬあかり100%」のきしめん 400円

温まります^_^


名古屋コーチンなどひよこちゃん🐣

さわれます^_^


沈むトマト、浮くトマトは何が違う?

糖度7が境界で、それよりも甘いトマトが沈む🍅そうです。


シャインマスカットにフレッシュホルダーをつけると鮮度が保たれるそうです。

そのほか多様な展示物は見応えがあります。


五平餅販売

果物、野菜、卵の販売もあります。

コメントをして足跡を残す

長久手の水は愛知中部水道企業団が管理しています。
時々広報長久手に折り込みで企業団ニュースが配布されているので、ご存知の方も多いかと思います。


朝の雲は秋の空です。

総配水量の98%近くを愛知県営水道から受水しています。その水源は、牧尾ダム、矢作ダム、阿木川ダム、味噌川ダムの4つのダムから確保しており、木曽川水系(愛知用水路)と矢作川水系の2水系から水を得ています。


山の上は一つ先に季節が進んでいて、綺麗な紅葉🍁

平成12年に木曽川最上流域の木曽広域連合と愛知中部水道企業団は、上下流が一体となって水源地域を守る趣旨の「交流のきずな」を締結しています。その後、「水源の森」保全活動も上下流が一体となって推進してきました。


ガイドさんによると森林浴によるヒーリング効果は絶大だそうです。

その赤沢自然林から生まれる水、ありがたいことです。




森林鉄道は今月7日までで冬休みに入ります。


伊勢神宮の御神木の候補木だそうです。

今日は水源地(上流部)の自然林を見学させていただきました。
長久手以外からは豊明市、日進市、東郷町の議員が参加しました。

お天気にも恵まれ、水ができるまでに心を馳せながら森を散策しました。



コスモスにミツバチ🐝

朝6時前に家を出たため、先輩の佐野議員のご家族に子どもの保育園送迎など諸々をお願いしました。
ありがとうございます。

コメントをして足跡を残す

長久手で「片山さつき大臣と語る会」を開催しました。


片山大臣には「長久手における地方活性化と女性活躍について」、女性の身体のことから、一人一人が自分の人生100年を楽しむ当事者になることなど、わかりやすくご講演いただきました。




会場の方に「長久手が好きですか?」と尋ねるとYESばかりでした。片山大臣も「さつき」が市の花だから好きって会場を和ませてくださいました。
私も長久手が大好きです。


刺激的で貴重な体験をさせていただきました。


また、愛知県選出の参議院議員 酒井 庸行(やすゆき)議員にもお話をいただきました。
来春の統一地方選へ応援メッセージに、議員はずっと身分が保証された仕事でなく、4年に一度の選挙で信託いただけるかという立場であることを実感し、身が引き締まる思いでした。


たくさんの方に心配いただき、秋の行楽日和にご参加いただき、お手伝いいただきました。本当にありがとうございました。

初めて主催のイベントで、大臣に来ていただけるということに、数日前の警察警備課さんの現場確認からジワリジワリと緊張し、なんとも言えないそわそわ感覚の中で当日を迎えました。


瀬戸市の伊藤けんじ市議のおかげで開催の運びとなりました。本当に色々なご縁に感謝しています。

コメントをして足跡を残す

第33回長久手市社会福祉大会に参加しました。



地域福祉の向上、人権侵害防止、更生保護事業、戦没者遺族の福祉増進、児童福祉の向上へ尽力された方。多額の寄付をされた方々、顕彰者への表彰が行われました。

児童福祉作文コンクールの表彰、福祉体験発表で11の作文が紹介されました。


長久手にはシンシアの丘があります。
ここは、日本に唯一の介助犬の訓練施設です。

介助犬は手や足に障がいのある方の手助けをするために特別な訓練を積んだ犬のこと。
盲導犬は目の不自由な方の目となって障害物などを知らせる特別な訓練を積んだ犬のこと。

ある体験発表では、盲導犬を家に迎えるまで「きっと大人しくてお利口な犬だろう」と思っていたのが、来てみたら普通のペット同じで家の中でいたずらもするし、暴れる、お金もかかる存在だということを紹介していました。
私も目が不自由な人が外出するための訓練を受け、特別、利口な犬だろうと思っていたので、驚きました。

知らないと助けるための知恵も浮かびません。
知らないと助け合いの心、役立ちたいという心も生まれません。

台本に目を向けず、発表する様子に惚れ惚れしながらも、知らないことをたくさん教えていただき背筋が伸びました。

作文のいくつかは冊子になって社会福祉協議会にあります。ぜひ、読んでみてください。

コメントをして足跡を残す