午後、平成29年度第2回長久手市中央図書館運営協議会を傍聴させていただきました。


非公開で3回開かれた長久手市中央図書館管理運営検討委員会からの答申を受け、結論として示された「本市の図書館では直営がふさわしいと考える」の部分は全委員が賛成でした。
これまで協議会で扱われた資料や視察結果などを注記として示し、教育委員会の会議に提出されます。

「第2次長久手市子ども読書活動推進計画(素案)」については、先週2月13日に策定委員会で出された意見などが反映され、現状値と目標値が示され計画の目指す先がわかりやすくなっていました。

第1次の成果を受け、幼児期保護者への周知中高生の読書離れなどが新しいキーワードとして登場したことを確認していました。

司書が選定した良質な図書の、良質とは?

共生ステーションで図書の貸し出しができるようにしたらどうか?

学校教諭と司書さんとの時間の確保の必要性と学校現場の多忙化の現状

などで委員から意見がありました。

また、デジタルコンテンツ、他施設との連携など、第2次で記載のない部分は第3次に盛り込んでいくこと内容になるだろうとのことでした。

先日、西小校区共生ステーション運営委員会では、寄贈図書の扱いなどが決まり、サポートクラブという名のボランティアで図書の管理などをしていくことを確認しました。
各施設がそれぞれの施設の中で話し合いが進んでいるので、中央図書館が音頭をとっていくのであれば橋渡し(意見交換時間)が幼稚園、保育園、学校、児童館でも大切なんだろうと思います。



木に登る仕事‼︎の本を借りました(o^^o)

無機物でなく、命ある一枝一枝に自分を預けながらの作業、雑草を除草したことで植栽がジワジワと枯れていく様子。それに匂いの記憶が度々出てきますが、何か嗅いだことの無い香りまで風にのってきそうな本です。

コメントをして足跡を残す

東京ガスさんが、片麻痺の方やケガなどで片手しか使えない状況になったときでも、楽しく簡単にできる料理のアイデアや工夫を盛り込んだ冊子を発行されました。


レシピはこちら(東京ガス)から「片手でクッキング」を選択すると無料でダウンロードできます。


皮むきや野菜のカットなどに道具や使い方もわかりやすいです。
そして、美味しそう😊なレシピ集です。

コメントをして足跡を残す

保育園で味噌おでん🍢

郷土食ですね〜


みそおでん・菜の花のごまあえ・いよかん・ごはん・牛乳 / ミレービスケット

保育園給食献立表2月

コメントをして足跡を残す

公益社団法人「愛知共同住宅協会」から、自治会活動の紹介と加入を呼びかけるマンガが作成されました。

転入された方が忙しい生活の中、自治会へ加入するための手続きや時間を取ることにはハードルがあると思いますが、名古屋市は自治会加入率一戸建て94%と高い加入率にびっくりです。(賃貸で50.8%)



こちらから↓見ることができます
自治会加入マンガ

コメントをして足跡を残す

東日本大震災後の岩沼市にできた千年希望の丘のお話を伺いました。



どんぐりモンゴリの角和保明氏からは、どんぐりのある土地、そこを流れる川、その川が流れ込む海の話から子どもたちが牛乳パックを使って苗を育て宮城県岩沼市の千年希望の丘に植樹している活動をお話いただきました。

「クマが登ったどんぐりの木はどんぐりを食べるためにポキポキ折られる。この木は3年くらいすると、どんぐりの実を前以上につける。」

植樹活動の一つ、モリコロパークの入り口付近に植えた小さな苗木は、すっかり森に近づいています。
岩沼市元市長の井口経明氏は、

「長久手は若いまちなのに、30年後50年後を見据えて市長がつながり、安心、緑を軸に政策を立てていることなど、これが具現化できればすごい」

被災時にも大切なことは、スピード感とコスト意識だったこと、目の前の被災者に1日も早く安定した生活をしてほしいと願っていたこと。
千年希望の丘は、砂浜がなくなった海岸線に防潮堤、貞山堀、に加えて波よけに必要だったこと、スピード感とコスト意識の面からも津波で犠牲になった瓦礫を土台に生かした丘は、他県へ瓦礫を運ぶより大切なことだったとお話でした。
ビデオの中でできた丘にどんぐりが植えられ、今ではすっかり森のように青々としている様子が見えました。

風化については、
風化なんて当たり前のこと。大人が学んだこと体験したことを次に活かせるか心配で、被災者と言われた自分たちの風化が恐ろしいとお話でした。


皆さんに一番伝えたかったことは、長生きして100まで元気に健幸に!well-beinngとお話でした。

コメントをして足跡を残す