第5回西小学校区まちづくり協議会運営会議が西小校区共生ステーションで開かれました。



・11月19日 西小学校での市内一斉防災訓練実施について
・12月3日  共生ステーションでの愛・Nクリーンについて
・共生ステーションの運営(使い方ルール)について
・運営委員会準備会の開催について
・校区運動会の進捗報告について



以上5点について話し合いました。

11月19日市内一斉防災訓練では、西小校区内全てに、「無事カード」or「黄色のタオル」などで安否確認を行う方向になりました。

あわせて、「避難カード」の事前配布により避難者名簿作成がスムーズに行えるように統一様式を配布することも決まりました。

どちらも必要なことだと思いますが、すでに実施している地区ではそのための予算を立てています。防災訓練で確認に回るのは誰なのか、どちらの安否確認のカードを優先するのかなど決めなければならないことがあります。
当初予算(防災に関する費用)は60万円です。予算内での実施ということでした。

愛・Nクリーンの実施は、昨年まで西小学校で行われ、その後の時間で防犯講習などが開催されていました。
今年度はまちづくり協議会の核となる場として共生ステーションのお披露目を兼ね、集合場所を共生ステーションにすることが決まりました。
その後の時間の共生ステーションの使い方について今後の話し合いによります。

共生ステーションの運営(使いかたルール)については、部会での会議でルールづくりのために出た意見や賛否についてまとめた資料をいただきました。次回採決します。

運営委員会準備会は、まちづくり協議会の役員会と今日のような運営会議の間に、中間取りまとめをするために開くことが決まりました。各部の代表と役員会の役員が出席します。
これに対し、情報発信がされていないことで、いつどんな会議が行われているのか、何が決まったのかわからないので情報発信を求める声がありましたが、検討中ということでした。

その後は各テーマに分かれて、今後の活動について必要予算などを話し合いました。

次回の会議は10月15日(日)午後4時からです。

コメントをして足跡を残す

お天気に恵まれ3年目の「ながくて夏フェス2017」が終了しました。





12:30に開会し、ちらほらとしていた来場者が時間を追うごとに増え、光るブレスレットを先着4,000本は6時過ぎに配り終えました。



ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す

決算特別委員会1日目が開かれました。


(モーニング市役所1階の喫茶店)

今回の委員会では委員でないため傍聴に入りました。

委員は8人です。
委員長 佐野尚人議員
副委員長 ささせ順子議員
大島令子議員
岡崎つよし議員
川合保生議員
さとうゆみ議員
山田かずひこ議員
吉田ひでき議員

16の部課所で質疑が行われました。
(税務課、収納課、行政課、財政課、市民課、たつせがある課、悩み事相談室、安心安全課、環境課、生涯学習課、文化の家、教育総務課、給食センター、中央図書館、会計課、監査委員事務局)

外が暗くなることに、1日目の日程が終わりました。

長久手市役所の北駐車場に、簡易トイレなどがセットされ、明日のながくて夏フェス準備が進んでいます。



(保育園の給食)

コメントをして足跡を残す

平成29年9月定例教育委員会を傍聴させていただきました。

平成こども塾からは、8月は大雨の影響を受け、予定の変更や中止の報告がありました。

年に1回、南木曽町へ長久手のこどもたちが川遊びに出掛けていますが、今年は台風5号の通過後で川遊びに変わって、8m×6mの生け簀を用意していただき、ニジマス250匹を放し、つかみ取り、さばき、焼いて食べる体験をしたそうです。

委員の方から、「素敵なおもてなしを受けているが、どのようにお返しできているのか?」

と指摘があり、こども塾では南木曽の小学生サッカーチームの来訪についての紹介がありました。自慢のかまどを有効に使って、せっかく長久手まで来たこどもたちが楽しめるように提案してきところだと報告でした。

「いただきます」、「ごちそうさま」の挨拶の意味を大人がこどもに日常の生活の中で教えていけるようにの指摘もありました。

そう言えば。こどもの頃、母が「ご馳走を用意しましょうね」と、いそいそとしている姿が大好きでした。


(蒔いた覚えの無いかぼちゃの花が可憐です)


(色づく桜)

コメントをして足跡を残す

今日は休会日、長久手市議会は開かれていません。

午前中は小学校のPTAサークルに出席しました。夏休み明けでいろいろな話題が出ました。


(西小学校の畑で3年生が育てている綿花が弾けていました)

午後からは所管のくらし建設委員会の委員長と市役所の説明を受けました。

夜は、自民党長久手の役員会に出席しました。

昨日の一般質問について、スマイルポイントについて議場で答弁いただけなかった部分を連絡いただきましたので、☆部分を追記しました。

答弁いただいた内容から、3項目目、4項目目、5項目目を紹介させていただきます。

3.雷、竜巻、紫外線など気象変化への対策について
参考として、気象庁の出している「自分の身は自分で守る!」大雨・雷・竜巻の子ども向け啓発資料を紹介させていただきました。
いままで市から雷、竜巻などについて啓発は行っていなかったが、市役所からも学校からの情報・対策をしていただけることになりました。
紫外線対策については、プール指導ではラッシュガードなど紫外線対策が必要な方は申し出てくださいという案内が学校からあるため、保護者から着用の申し出がしやすい。それに対し、登下校、体育、部活動中については言い出しにくい土壌があることから、ぜひ、同様の案内をできないかお願いしました。
また、プール上に日除けを設置することなどを要望しました。

4.感染症予防について
平成27年3月策定の長久手市新型インフルエンザ対策行動計画で医療機関受診患者数は約10,960人、そのうち約280人が死亡するという被害を想定しています。

全庁一体になって取り組んでいると答弁がありましたが、この行動計画の中には、対策の推進のための役割分担に市民の役割という項があります。
「市民は何を備え、どのように行動したら良いのか」の指針となる情報を提供するべきだし、備えこそは最大の予防になるので、地震対策と同様に積極的に取り組んでいただきたいと要望しました。

横浜市では、市民向けに行動計画を策定しているためこちらを紹介しました。

家庭の備蓄品としては、防災備蓄がしっかりできていれば大抵のものは兼用できますが、使い捨ての不織布マスク家族数×2週間分が必要です。
腐ってしまうものでないので、ぜひ備えていただきたいと思います。

香流川再整備計画を公開していないと伊藤祐司議員が指摘していましたが、長久手市新型インフルエンザ対策行動計画もホームページ上に公開はされていません。市民にも役割のある計画については、目を通せる環境が整えて欲しいです。

5.AEDの屋外設置について
市内の公共施設41箇所53台のAEDは、使用可能時間が平日などに限定されていることから、屋外に移設もしくは増設を要望しました。

すぐにということではありませんが、契約更新のタイミングで屋外移設が進みそうです。
心停止から5分以内の使用が効果的で、蘇生のためには1秒でも早くAEDを使えることが人命救助に効果的なことからも1日も早く屋外設置が進むことをお願いしました。

コメントをして足跡を残す