今月、色金山のお茶会でいただいた「ビワの和菓子」。



浅井屋製菓さんをのぞくと、ありました!1つ145円。



抹茶でいただきたいところですが、今日は家のコーヒーと少しゆったり、自分にご褒美💕


後山公園のヤマモモが完熟、たくさん落ちていました。



鳥が興奮し?激しく鳴いています。

西小学校の裏手、スポーツの杜にもヤマモモの木があります。

木によって、まだ緑のものが多い木もあったり、色の悪い?赤色の実の木もあったりいろいろです。

コメントをして足跡を残す

文化の家内覧会に参加しました。


200名弱かな?たくさんの方が参加していらっしゃいました。
森のホールで説明を受けた後は5つのグループに分かれて実際の様子を見学しました。

ひと月前に見せていただいた時には、想像できなかった部分も多かったです。

車椅子席の設置場所や使い勝手については、市民の方とのワークショップの意見が生かされたそうです。





1階のシャワー室は小音楽室になり、アップライトのピアノが入っていました。
「パーティーができそうだね」と一緒ににまわっていた方がウキウキとお話でした。



2階屋上駐車場には、枕木が片付けられ、インターロック(レンガのようなもの)と新しい芝生が綺麗にはられていました。区画割りのローンマーカーも綺麗です。
この状態が保持できるといい空間です。



2階の多目的室は段差がなくなり、一面がフローリングの床になっていて、壁に大きな鏡が配置してありました。



快適な空間です(^-^)





ピアノもオーバーホールしたんですね。



文化の家の創造スタッフの方の演奏も元気いっぱいでエネルギーをいただきました。

コメントをして足跡を残す

名古屋市内の幼稚園で開催された『足育セミナー』を見学させていただきました。


3歳から小学生になるまでに足のアーチを作ってあげるために「裸足で育て、靴で守る」ための正しい靴選びを子どもの足の実測をしながら丁寧に教えていただきました。


ジーンズを選ぶ時に丈と太さの2つの情報で選ぶのと同じに、
靴も足長と足囲の2つの情報で選ぶことが大切ということでした。

ゆったり幅のものが人気ですが、アーチが崩れるので、たくさん歩くときは、しっかり両側から支えるよう紐を結ぶと良いそうです。

小さな子どもも大人も幾つになっても大切なことだそうです。

長靴やサンダル、おしゃれ履などは足のために良いものを選ぶのは難しいので、機能履ととらえてそればかりにならない基本の一足を持つと良いようです。


今日は、講座の後に私の足のサイズを測っていただきました。

左右の差はない標準サイズの22.5cm3E〜23cm2Eか3Eの靴が良いそうです。

コメントをして足跡を残す

2017年の長久手市内のお祭りの予定です。
他にも地域で夏祭り・盆踊りがあるようですが、日にちが確認できたものをご案内します。

7月 9日(日) 前熊天王祭り

7月15日(土)16日(日)モリコロパーク夏祭り(愛・地球博記念公園)

7月23日(日) あぐりん村すいか祭り

7月29日(土) 北小学校区夏祭り

8月 5日(土) 西小学校区夏祭り

8月10日(木) 安昌寺観音祭り

8月19日(土) 南小学校区夏祭り

8月20日(日) 市が洞校区夏祭り

9月9日(土)ながくて夏フェス(市役所北駐車場)

コメントをして足跡を残す

今日は6年生のクラスに朝読みに入りました。


「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」
「赤い金魚と赤いとうがらし」

「小学生のボクは、鬼のようなお母さんにナスビを売らされました。」
こちらの本、今から約30年前に本当にあったお話です。と、はじまります。
40歳のお母さんと50歳くらいのお父さんの間で生まれ、可愛がられて育てられたボクが、10歳のある日ビニール袋につめたナスを「これをひとりで ひとふくろ100円で売ってきなさい!」と鬼のような顔になったお母さんに言われます。
はじめは売れなかったナスが、買ってもらえるようになって、お母さんが倒れ、亡くなってしまいます。
その後で、お母さんの教えたかったのは”生きるほうほう”だったと気がつきます。

カバーの中に、天国のお母さんへ伝えて欲しいメッセージがあります。

「赤い金魚と赤いとうがらし」
おまつりの金魚ピッピロのお話です。
ある日とうがらしがポチャンと金魚鉢の中に落ちてきます。
とうがらしにチッチロと名前をつけ一緒にくらします。
不思議なお話です。

学校司書の先生とお話の時間をいただきました。
親子で絵の少ない本へ移行するとき、1章ずつ交代で親子で読む方法などやってみたいなぁと思いました。

コメントをして足跡を残す