幼児が自転車に二人乗りする場合、おんぶはOK、抱っこはNG!
 
 
運転者は16歳以上、幼児用座席は6歳未満、おんぶは4歳未満などのルールは道路交通法、愛知県道路交通法施行細則が根拠となっています。
 
長久手市の自転車条例は策定に向け、パブリックコメントを9月30日まで受付中です。こちら

コメントをして足跡を残す

「ザ・詩吟「生命の風30」和・洋魂コンサート」文化の家へ。




長女がお稽古させていただいている日本舞踊紫泉会家元がノクターンを踊られました。


フラメンコ


ナオミダンススクール


そして、

多才な会派代表 佐野議員は「月の光」を吟じました。

詩吟は日本のゴスペルだなぁ♬

コメントをして足跡を残す

長久手市にも、「長久手市自転車の安全利用の促進に関する条例」を作ろうと条例案が示され、今月いっぱい(9月30日まで)パブリックコメントを募集しています。

今日、条例案についての概要説明会が開催され、参加しました。


隣接する名古屋市が先行し、平成29年4月「条例制定」、平成29年10月「保険加入の義務化」をしました。長久手もそれにならった内容です。


条例案では、市、市民、関係団体、自転車利用者、保護者、事業者、学校長、自転車小売業者の責務が明記されています。

条例案説明の後。何点かについて質疑がありました。

・放置自転車

・高齢者の自転車事故防止

・自動車等の運転者の責務

・自転車は車道(左側通行)など啓発

・学校長の責務に関係機関、関係団体との連携

・事故は小さくても第一当事者、第二当事者どちらの立場でも届出が義務


市の封筒には、還付金詐欺の啓発スタンプが押されていました。

コメントをして足跡を残す

来月10月18日(木)、19日(金)に長久手市で「第1回地域共生社会推進全国サミットinながくて」が開催されます。
昨年まで介護保険推進全国サミットだったものです。昨年度開催された「第18回介護保険推進全国サミットinいわぬま」(宮城県岩沼市)から転ばぬ先の杖を引き継ぎ、名称を一新させています。

長久手市民(在住・在勤)先着200名に、分科会C&特別公演が、参加費無料でお席がございます。

申込みはこちら


地域共生社会で検索すると、7番目!

認知度はイマイチな気がしますが、せっかくの機会です。

18日、19日両日参加の場合は、一般参加の申し込み(こちら)になります。
申し込みの締め切りが今月9月17日(月)まで延長しています。
インターネットからの申込みは名前などを登録してからになりますが、サクッとできオススメです。

コメントをして足跡を残す

風はおさまりましたか、雷⚡️がガラガラと落ちています。

いち、に、さん…と数えてしまい、寝れない。




子どもたちは怖がっていたのに、先に寝てしまいました。


雷レーダーでは雷雲の中心はもう少し東から南のエリアのようです。

コメントをして足跡を残す