リニモ(愛知高速交通(株))の経営状況について、長久手市議会全員へ説明会がありました。
リニモは開業以来無事故です。今後も安全・安定輸送を第一に取り組んでいくとのお話でした。


リニモの車両基地がある愛知高速交通株式会社本社で、利用者の状況、経営状況について説明いただきました。

・利用者は近年伸びていて、平成27年度は1日平均20,719人。万博開催後、初の1日平均2万人越えだそうです。

・通学定期は、平成22年に沿線大学への古戦場シャトルがスタートし利用者が増えました。

・通勤定期は平成18年からの9年間で2.3倍利用増えています。

・平成28年3月12日からリニモ全駅にICカード(manaca)を導入しました。これに伴って地下鉄との連絡定期券を発売し、地下鉄との乗り換えなど、利便性向上が図られました。

・平成28年12月にイオンモールのオープン、平成29年秋のイケアオープンによる利用者増加を見据えダイヤ改正をしました。

平成26年度から経営改善計画に基づいた経営をしています。

平成27年度から経営が黒字化しましたが、開業から25〜30年で車両の更新が必要となり、一両2.5億円がかかるそうです。
リニアモーターカーは量産ラインを作るほどの台数でないため、手作りの工程が多く高額になるそうです。
(東京ディズニーランドのモノレール一両2億円)





その後、車両基地内の見学をしました。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。