第8回の議会報告会、今年は福祉の家で開催しました。


⭐️一部 委員会からの報告
⭐️二部 委員会ごとに分かれて意見交換会

私は、総務委員会「ふるさと納税について」本市の現状、視察先での学びについて報告しました。


二部の総務委員会テーブルには3名の市民の方がお越しくださいました。

①ふるさと納税制度についてどう思うか。
②長久手市は今後どうすべきか。
③意見

について、お話をうかがいました。
「1億4,500万円の減収は見過ごせない。」
「「金持ち減税」であり、本来の趣旨から大きく変わってしまったので、いったん廃止すべき。議会として国へ意見書を出してもいい。」
「長久手にはふるさと納税としての魅力ある武器(返礼品候補)が少ないように思う。万博公園などあるものを上手にアピールできるといい。」
「税金の使い道がわかる(=選べる使途)といってもわかりにくい。もっとピンポイントに。」
などたくさんのご意見・提案をいただきました。

それぞれの委員からもふるさと納税への思いを話しました。

提案の中には勉強が必要なものもあり、委員会で共有していきたいと思います。



各グループのまとめは副委員長さんが担当しました。
総務委員会は、上田議員が発表しました。

全体への参加は20名弱。アンケートのご記入をいただきました。
議会として活かしていくことになります。

コメントをして足跡を残す

本日11月10日(土)10時より福祉の家にて、議会報告会を開催します。

テーマ

・ふるさと納税

・子どもの権利条例

・環境に優しい循環型社会の実現

について、各3常任委員会より報告します。


報告の後、3つのグループに分かれて意見交換の予定です。

晴れたので、隣接する「あぐりん村」は9時〜フリーマーケットが開催されます✨

あぐりん村には秋の野菜や果物、珍しい野菜、旬菜ごはん市場ではお惣菜からお弁当などが並んでいます。


皆さまのご参加をお待ちしています。

コメントをして足跡を残す

長久手の水は愛知中部水道企業団が管理しています。
時々広報長久手に折り込みで企業団ニュースが配布されているので、ご存知の方も多いかと思います。


朝の雲は秋の空です。

総配水量の98%近くを愛知県営水道から受水しています。その水源は、牧尾ダム、矢作ダム、阿木川ダム、味噌川ダムの4つのダムから確保しており、木曽川水系(愛知用水路)と矢作川水系の2水系から水を得ています。


山の上は一つ先に季節が進んでいて、綺麗な紅葉🍁

平成12年に木曽川最上流域の木曽広域連合と愛知中部水道企業団は、上下流が一体となって水源地域を守る趣旨の「交流のきずな」を締結しています。その後、「水源の森」保全活動も上下流が一体となって推進してきました。


ガイドさんによると森林浴によるヒーリング効果は絶大だそうです。

その赤沢自然林から生まれる水、ありがたいことです。




森林鉄道は今月7日までで冬休みに入ります。


伊勢神宮の御神木の候補木だそうです。

今日は水源地(上流部)の自然林を見学させていただきました。
長久手以外からは豊明市、日進市、東郷町の議員が参加しました。

お天気にも恵まれ、水ができるまでに心を馳せながら森を散策しました。



コスモスにミツバチ🐝

朝6時前に家を出たため、先輩の佐野議員のご家族に子どもの保育園送迎など諸々をお願いしました。
ありがとうございます。

コメントをして足跡を残す

長久手市議会では11月10日(土)福祉の家2階集会室で「第8回議会報告会」を開催します。

報告・意見交換のテーマ

①ふるさと納税について
②子どもの権利条例について
③環境に優しい循環型社会の推進について

今日は、リハーサルをしました。


議長、副議長、議会運営委員会委員長、副委員長。
3常任委員会の委員長、副委員長が出席し、内容のチェックを受けました。

コメントをして足跡を残す

予算編成への会派要望3日目。

平成30年度の長久手市一般会計予算編成へ会派から各部へ予算要望の詳細を説明しました。
本日は、議会事務局・教育部・福祉部。

説明内容は多岐に渡りますが、一例。

・「就学援助費の支給項目に部活動への支給項目を新設すること。」

平成29年第1回一般質問で就学援助費についての質問をしました。
就学援助費は学校教育法第19条「経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては,市町村は,必要な援助を与えなければならない。」に基づく制度です。
長久手市の就学補助制度はこちら
国からは義務教育の円滑な実施を目的に要保護児童生徒援助費補助金の予算単価及び国庫補助限度単価を教育委員会委員長へ通知し公開しています。
その中に、部活動などクラブ活動への支給項目があります。
国の示している金額は年額で小学校2,710円、中学校で29,600円です。
これが、長久手市には項目自体がありません。


ラケット、シューズ、ユニホーム、画材など入る部活によって必要なものが異なりますが、必要なものを揃えられないと部活動への参加、大会への参加が難しくなります。

部活動により必要なものが異なるため領収書による事後精算を取っている自治体があるので、参考に実施していただきたいという要望を今年度もさせていただきました。

新入学生徒学用品(ランドセルなどの購入費)の入学前の支給などは今年度からスタートしていただきました!

コメントをして足跡を残す