昨日の「くらし文化部」に続き、2日目。

平成30年度の長久手市一般会計予算編成へ会派から各部へ予算要望の詳細を説明しました。


今日は、総務部、お昼をはさみ建設部でした。

説明内容。
例えば、AEDの屋外設置について。
長久手市のAEDマップには、コンビニ23箇所、公共施設38箇所のAEDの整備状態が確認できます。

しかし、
コンビニは24時間営業で、AEDをいつでも利用可能。
一方、公共施設は、施設管理者が常駐している時間帯なので、曜日が限定され、時間も限定されています!

こちらのAEDマップで確認ください

他市町では、屋外設置することでこの問題をクリアしています。(近隣市で実施を確認済み)
契約途中での変更は費用がかかることから、更新時に屋外設置を求めています。

AEDによる救命は、わずかな時間が生死を分けます。
会派要望として、屋外設置の予算要求をしています。

要望については、あれも!これも!というのではなく、「絶対必要と考える政策に基づいたもの」を要求しています。

限られた予算で、叶わない要望については、昨年、一昨年も続けて要望させていただいています。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。