三重県いなべ市へ市議会議員研修として議員全員で勉強してきました。


いなべ市は、三重県最北端に位置します。
平成15年12月1日に北勢町、員弁町、大安町、藤原町が合併して誕生した市です。
面積は219.83km²と長久手市(21.55km²)の10倍の広さ、人口は45,542人と長久手市(58,043人)とさほど変わりません。
クックパッドの公式ページがあったり、クラインガルテンがあったり…、
2019年に新庁舎へ移転も決まっており、そのあたりも気になる自治体です。


今回は、「長久手市議会で3月議会より予算決算常任委員会化」へ向け、準備を進めているため先例を学ばせていただくための研修でした。

議員定数を先の選挙が無投票だったことなどもあり、20から18名に見直しています。

予算決算常任委員会化に伴い、3常任委員会を2分科会、常任委員会にした経緯や必要な手続き、それぞれの分科会、委員会の付託内容など苦労を交え教えていただきました。

「今やれることをやっていこう!」と事務局さんの全力サポートをうけ、議会改革がスタートした様子が伝わってきました。

常任委員会化することで、委員会から付帯決議を出し、それを委員会提出議案として本会議で可決することで議会の一体感を感じました。

いなべ市議会様、研修、ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。