9時のサイレンが鳴り、市内一斉防災訓練が行われました。



打越・久保山地区防災会では受付から始まり、無事カードの確認、一時避難所(西洞公園)でのトイレ、テントの組み立て片付け、負傷者の救助訓練、啓発品の配布などが行われました。

今年度打越・久保山地区の啓発品は、次の3品でした。
一人100円の予算のため、どれも1つお試しできるように配布しました。

①薄型パンツタイプおむつ
②青汁
③ドロップ


理由は、

① 震災により、自宅のトイレが壊れてしまった場合、長時間戸外にいなければいない場合、夜間家族から離れて屋外の仮設トイレを使う場合などに有効です。大は無理でも…。まずは、1回お試しください。

② 栄養不足、野菜不足を補うために青汁の備蓄を提案します。
野菜ジュース、ウィダーインゼリーなどを備蓄すると水不足の際にも非常に便利です。賞味期限が短いものは、普段から使ったら、買い足すローリングストックがおすすめです。

③ 疲労回復に必要と言われる糖分、クエン酸、ビタミンCを補給できます。甘いものは心の癒しにもなると思います。
非常・携帯用サクマ式ドロップスの賞味期限は5年。


避難所の西小学校では例年の訓練に加え、先日の防災キャンプの発表などが行われました。

ユリの木の葉が色づき、あちらこちらに落ちていました。寒くなりました。

コメントをして足跡を残す

今朝、小学校での朝読みは6年のクラスに入りました。


柿好きを聞いたところ4割くらいが手をあげました。

柿狩りをしたことがある子は3人、そのうち2人は子ども会での体験者です。

絵本の他に新聞から一句紹介。

「鳥わたるこきこきこきと罐切れば」


詩の理解に欠かせない、缶切りを使える子が中学生でも3割ほどだそうです。

西小学校のトイレはリフォームし様式化しましたが、各トイレに一つは和式を残したそうです。

お財布のがま口👛も知恵の輪のようにこねくり回している子がいます。

日常生活から便利さの中で消えたものは情景だけでなく、体力や器用さなど色々あります。あえて不便を選ぶことが豊かさにつながるような気がします。

コメントをして足跡を残す

長久手西小学校の学習発表会にお招きいただきました。


9日木曜日に、児童が他の学年の舞台を観ることができるようにと同じプログラムが進められたので、今日は二度目の発表会でした。

棒の手部(男子17名、女子7名)が凛々しく演舞を披露しスタートしました。

1年生の可愛らしい演技&歌が学年が上がり、小さな仕込みが増え楽しく、力強い歌声に圧倒されました。



舞台に松の絵が登場した4年生の十歳(てんさい)落語も面白かったです。

舞台の照明や幕の開け閉め、小道具の上げ下げも子どもたちの手で行なっていました。

どの学年も精一杯舞台を作っている様子が伝わってきました。

コメントをして足跡を残す

長久手市民芸能フェスタが開催されました。

今年は縁(えにし)がテーマでした。








長久手音頭の総踊りで幕を閉じました。
みなさまの日頃の練習の賜物で見応えのある舞台でした。

コメントをして足跡を残す

年に一度の、農業試験場解放デーに遊びに来ました。







梨は試験場で二つの品種の花と花粉で合わせたものから種を取り育て新品種を生むそうです。


五平餅に、名古屋コーチンの焼き鳥…良い匂いでした(^-^)


きしめんを食べました。

コメントをして足跡を残す