MENU

・里芋のもっちりご飯(あいちのかおり、里芋、人参)

・プチヴェールとえびのピリ辛あん(プチヴェール)

・鶏ささみと里芋の塩味炒め煮(里芋、人参)

・プチヴェールとまぐろの柚子味噌和え

・豆乳ゼリーの黒蜜かけ

地産地消の推進のためカッコ内は地元野菜です。クッキングフェスタは試食から始まりました。

試食は、JAあいち尾東女性部長久手支部の方が前日から講師の先生と支度してくださいました。


講師は宮本和秀先生。

宮本先生は、キューピー3分クッキングのレギュラー講師もされていて、長久手にお住まいです。

減塩にもつながる濃いめの出汁の取り方と一緒に、家族のあり方、家庭料理の奥深さを楽しく教えていただきました。

毎日の家庭料理、あまり食材にお金をかけられないけれど、大変を承知で自分の健康のため、見ている家族を意識して台所に立つことが大切ですよって優しい語り口です。会場に笑顔があふれました。

たっぷり2時間楽しい時間でした。

コメントをして足跡を残す

プレゼント交換🎁

先日のクリスマス会で子ども[5歳]が選んだのは「うんちかんじドリルのぬりえ」。


プレゼント交換で女の子に渡ってしまいました。

笑ってくれて救われました(*^^*)

女子はオトナだなぁ〜

そして、思い出したように「うんちカルタ」

コメントをして足跡を残す

教育福祉常任委員会を傍聴しました。
議案8件のうち、3件が指定管理の更新の議案です。


そのうち、長久手温泉ござらっせとあぐりん村の指定管理更新が否決されました。

議案名は「議案第74号長久手市福祉の家温泉交流施設及び長久手田園バレー交流施設の指定管理者の指定について」

16年経過した温泉施設のこれまでの経緯、更新のたびに、経営的な部分、温泉と産直野菜の販売の一括指定管理が適当かについては議論されてきました。
前回の指定管理の際に、入湯税を長久手市に納めなくても良いようにしています。
これに伴い内部留保にあたる分が増えたとの説明でしたが、金額的に十分でないと指摘がありました。

前回の更新時も委員会否決になっています。

議会最終日21日に本会議採決されます。


所管事務調査は、上郷保育園の移転新築についてでした。
東小学校の西側、現在の農村環境改善センターのグラウンド部分に保育園の他に児童館、児童クラブ、児童発達支援センター、すぎのこ教室が一体として整備される計画です。
平成32年4月保育園、翌年児童館と児童発達支援センターが開設予定です。

コメントをして足跡を残す

すごい先生がいます!

学校の「当たり前」をやめた。

千代田区立麹町中学校長 工藤勇一 著

12月1日初版 時事通信社

夏休みの宿題をゼロにし、「やらされる学習」から生徒たちが主体的に学ぼうとする仕組みを整えるなど、現役の校長として実行していらっしゃる様子にワクワクする内容です。

トップのリーダーシップ!

こちらのメッセージが、本の後ろ帯です。

今議会に提案したことが麹町中学校では実現していることが励みになりました。

コメントをして足跡を残す

今日は総務委員会が開かれました。


子ども部新設のための条例を含め6件を審査しました。

補正予算第61号について時間を割きました。

待機児童解消は、児童福祉法が定める「市町村の保育の実施義務」からも受け皿整備は最重要課題です。でも、「補助があろうがなかろうが自前で整備するつもりだった」という事業所に1,650万円の税金を投入する合理的な説明がありませんでした。

1,650万円のうち3分の2の1,100万円が国、3分の1の550万円が市の負担になります。どちらも税金です。

税金は、みんなが納め、限られら中から「みんなの生活が良くなるように」配分されていますが、全ての施策を実現するには足りない現状で、現役世代、将来世代にこんなこと???説明できません。

事業所が出せるというなら、出してもらえばいいのでは無いでしょうか。

「補助がなくなったら増築をやめるかもわからない」という答弁にもビックリしました。

すでに認可保育園であり、社会的責任から自前で作ると市に認識させた事業所です。そんな無責任な対応の可能性があるのでしょうか。そして、それを匂わせて…どうかしてると思います。


お昼ごはんに市役所前の「ひらのや」さんで平日限定のそば定食をいただきました。

コメントをして足跡を残す