「長久手市自転車の安全利用の促進に関する条例」が議案として上程されています。

内容はこちら

9月に「長久手市自転車の安全利用の促進に関する条例(案)」が示されパブリックコメントの意見を反映した中身となっています。


保護者の責務として7条3に、
「保護者は、その監護する未成年者を自転車に乗車させるときは、当該未成年者に乗車用ヘルメットを着用させるよう努めなければならない。」との条例文があります。
パブリックコメントにより13歳までのヘルメット着用を、未成年者に拡大しています。

本日の議案質疑で何点か確認しました。

Q「ヘルメット着用の未成年者とは何歳までを指すのか?」

A「20歳。」

Q「高齢者のヘルメット着用はなぜ記載がないのか?」

A「ヘルメット着用の効果はあるが、義務にはしなかった。」

北海道や岐阜県羽島市では、自転車に乗る人すべてにヘルメット着用の努力義務が課されていますが、パブリックコメントに対して、どのような整理で今回の条例文となったのか、いまひとつ腑に落ちないものがあります。
本会議場での質問は2回までというルールがあり、これ以上の質問はできません。
詳細については、くらし建設委員会で審議されることになります。

委員会では質疑の制限がありません。

コメントをして足跡を残す

12月議会が開会しました。今日から12月21日までの23日の日程です。

上程された議案は、
・予算5件
・条例8件(改定6件、制定2件)
・指定管理者の指定につ いて3件

指定管理者の指定は、
ござらっせのある「長久手市福祉の家温泉交流 施設及び田園バレー交流施設」、「長久手市福祉の家デイサー ビスセンター」
そして、
市が洞地区の「市が洞保育園及び市が洞児童館」です。

明日は本会議質疑です。
議員は、所管の委員会以外の議案について質問します。

開会は10:00です。
傍聴手続きは市役所2階議会事受付にお越しください。
氏名等の記入がありますが、途中入退場自由です。ご都合がつきましたら、ぜひ、傍聴にいらしてください。


市役所北側のイチョウはほとんど葉を落としました。急に寒くなりました。
風邪などひかないように、暖かくしてお過ごしください。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

参議院議員 和田政宗 議員が内閣委員会で「公立保育園利用者の使用済みオムツ持ち帰り」について質問してくださいました。


「保護者が赤ちゃんの用を足した使用済みのオムツを持ち帰ることについて、衛生面で園での処理を原則とするようルール化できないか。」

11月27日 内閣委員会
15分50秒を過ぎたあたりで登壇

厚生労働大臣審議官からは、以下の3点を課題として

・オムツの処理費用を実費徴収で保護者から徴収する必要があること
・市区町村ごとにオムツの処理費用が異なること
・オムツを処分する保管場所、処分することの保育所側の負担

これを踏まえ、園ごとの実態を把握し、個別に対応していただくことが適当ではないかとの答弁でした。

また、子育て支援の市区町村の境界を超えた待機児童の協議会の設置に国がしっかりサポートしていくよう要望されています。
子育て現場の生の声が、話し合いの場に取り上げていただくのは改善への第一歩です。


和田政宗議員は20分ほどの持ち時間の中、以下の内容を質問しています。
・溜め池の保全管理の問題
・国内のまとめサイトのサイバー攻撃について警察庁の対応
・情報セキュリティの取り組みと考え方
・東京オリンピックホストタウン
・宮越大臣に韓国国会議員の竹島上陸

赤ちゃんのオムツ問題について、私も今回一般質問(12月6日)を行います。

まず、布か紙か?

そして、親が持ち帰るのか、園で処理するのか?

使用済みオムツの持ち帰りについては、多様な意見があると思っています。

私の第一子の時は、布を途中まで頑張りましたが、洗濯し成形し干す、そして畳むことで子どもとむきあう時間を奪われ、手が荒れました。

布オムツの利点も承知していますが、布か紙か?は白黒つけなくていいと思っています。

生理用品はトイレで捨てることが当たり前になっていて、布ナプキンを利用する方は持ち帰って処理をします。

布オムツのレンタル業者もあり、使いたいけれど洗う時間のない人はお願いできてもいいと思います。

子育てしながら働く保護者を取り巻く環境は変化しているので、保護者が選べる体制を望んでいます。

高齢者のオムツ問題にはいくつかの助成制度がありますが、赤ちゃんのオムツについては長久手にはないのが現状です。

コメントをして足跡を残す

子どもは、好きなことを見つけ没頭する天才だと思う。

でも、子育てしているとその邪魔をしているのは私だなぁと反省することが多い。
それも大抵は寝た後…。

イシキカイカク大学で元東京大学大学院教授の矢作直樹先生が「中今」に意識を持って生活することがストレスもなく、健康な状態だとお話がありました。

「中今」は「ナカイマ」と読み、過去や未来のことにとらわれない、今この時のことです。
中今の状態にあるというのは、この今この時にしたいことに一生懸命になっている状態です。

「子どもの中今」にもっと関心を持ち、肯定し、失敗も成功もどちらも役に立つと冷静になれたらと思います。


カブを炒め、中華だし+浜納豆で味付けました。

市役所南にある農協Aコープには、柿やりんご🍎、冬野菜がいっぱい並んでいました。

浜納豆は、見た目は甘納豆に似ていますが、味は味噌の塊みたいなです。そのまま食べることもできますが、カレーやスープに入れるとコクがでます。

クックパッドに活用レシピがたくさんあります。

「炒めると美味しいのよ」は大島議員に教えていただきました✨

コメントをして足跡を残す

12年目で実をつけた柑橘が色づいてきました。
何の実かなぁ?


実家の母が、タネから育てた小さな苗木を植えた木です。
何年も花も咲かず、青虫の指定場所になっていましたが、今年初めて大きな白い花をいくつも咲かせ、涙型の青い実がなりました。

ちょっと高いところになっているので、色づいて見えてきました。

午前中は議会運営委員会でした。


11月29日に開会する12月議会の「一般質問の日程」が決まりました。


議会改革として

・平成31年1回定例会から委員会もスタート9:30になります。

・来期から2委員会にし、予算決算常任委員会化する際の名称・委員定数も決めました。
総務くらし建設委員会9名
教育福祉8名

そのほか議運から上程する条例の改正案、先日の議会報告会のアンケート集計などを話し合いました。

午後からは議会基本条例検証会議のため市役所西側の「おふくろの味処」でお昼をいただきました。


豚汁に、混ぜご飯、具沢山で美味しかったです!

1日20食。1食500円です。親子連れの利用もあり、12時を回るとすぐに売り切れていました。

シルバーさんの野菜販売コーナーも「水菜、大根、カブ、小松菜、春菊」と冬野菜がたくさん並んでいました。

議会基本条例検証会議では、

なぜこの文言になったのか?

という背景を聞き、運用面の提案を委員が出し合っています。

運用面で課題を感じているものは多いのですが、条例自体の文言はそのままで良いと合意するものが多数です。
まだ残っている条項を引き続き話し合う必要があり、次回は12月19日の開催です。

コメントをして足跡を残す