みなさん、こんにちは。長久手市議会議員なかじま和代です。



70年前の4月28日は、サンフランシスコ講和条約により、我が国が主権回復した記念すべき日です。アメリカの占領下では日本🇯🇵の国旗をあげる事は許されなかったそうです。

龍馬プロジェクトの総会は、4月28日に靖国神社合同参拝からスタートします。






コロナ禍で3年ぶりの現地参加となりました。英霊たちに感謝の気持ちを伝えました。

コメントをして足跡を残す

みなさま、こんにちは。長久手市議会議員なかじま和代です。

内閣委員会の傍聴、防災政策勉強会を終えるとお昼、地下の食堂でランチをいただきました。

注文してから届くまでの間、席について?!

松川るい参議院議員???!!!

プライムニュースなどに出演されていたり、お友達の浅井純子さんがTwitterで松川先生にお会いしたことを報告していたので画面越しにはお顔を拝見していたのですが、初めてお目にかかり写真をお願いしてしまいました。

席に戻り、しばらくすると運ばれてきました。

寿司定食900円

美味しくいただきました。午後も予定をつめつめです。

ヤッホウ❣️

コメントをして足跡を残す

みなさま、こんにちは。

地元の鈴木じゅんじ先生にお願いをしていた政策勉強会を開いていただきました。

「我が国の防災政策〜現状と今後の方向性〜」

内閣府政策統括官(防災担当)付参事官 横山征成先生

阪神淡路大震災、東日本大震災、大規模台風、豪雨などにより災害対策基本法が3度大きく改正された内容や防災・減災、国土強靱化の取組みについて包括的な講義と現在基礎自治体に求められる働きをお話しいただきました。法律改正の意図がどのあたりをポイントに行われたのか、地方自治体に何が求められているのかが理解できました。

①「プッシュ型支援」とは発災当初において、被災自治体からの具体的な要請を待たずに必需品を緊急輸送するというもの。
②行政、社協、NPO等による連携と被災者・地域住民とのマッチング。
③安否不明者の氏名公表について、熱海市土石流の事例。
④国土強靭化と事前防災対策の効果について。事前に防災対策したほうが、少ない先行投資で大きな整備効果をもたらすということ。

などなど・・・講義内容と事前に質問を出していたものは資料としていただき、それ以外の質問にも十分時間をとっていただきました。法律改正の意図がどのあたりをポイントに行われたのか、地方自治体に何が求められているのかが理解できました。

横山征成先生、ありがとうございました。

長久手市では、GIGAスクール構想により、小中学生は1人1台のタブレットを貸与されています。災害対策基本法で努力義務となっているものの執行状況などを確認し、タブレットを防災教育や実際の災害時にどのように活かしていけるかなどを今後提案して行きたいと思います。

今回の政策勉強会のセッティングには、鈴木じゅんじ先生、秘書の安芸さん、元秘書の松田さんに随分前からお願いしておりました。じゅんじ先生には、ご自身の経済産業委員会が始まるまでご一緒いただきました。本当にありがとうございます。

高浜市の神谷直子市議、江南市の尾関あきら市議、大府市の藤本宗久市議とご一緒させていただきました。

ありがとうございました😊

ヤッホウ❣️

 

コメントをして足跡を残す

みなさま、おはようございます☀

今日は始発のリニモで出発し、東京にいます。

始発のリニモは6時発の地下鉄東山線(名古屋行き)に乗れるので、東京駅に8時15分に到着です。

衆議院内閣委員会で、鈴木英敬衆議院議員が「こども家庭庁設置法案について」質問されるというので傍聴させていただきました。

⑴勧告権の発動のためのプロセス

⑵文部科学省、自治体、民間、教育委員会、児童相談所、警察などとの連携

⑶アダルトビデオ出演に対するルールづくり

⑷性犯罪を受けた子どもへの共同面接における縦割りの打破

⑸全国の義務教育段階での不登校29万人の居場所

20分と限られた時間の中で、現場で子どもの視点に立った必要政策、アダルトビデオへの出演に関しては年齢、性別に関わらず対策を立てる必要性、不登校児童を持つ保護者の就労環境が変わることへの対策などの質問でした。

野田聖子大臣(内閣府特命担当大臣(地方創生 少子化対策 男女共同参画) 女性活躍担当 こども政策担当 孤独・孤立対策担当)の答弁は、どれも「早期に結論を出して行きたい」と前向きなものでした。

国会で初めての傍聴は、法律が生まれる現場にいることに緊張しました。

傍聴室へは、手荷物、スマホなどは持ち込めませんが、メモはOKでした。

途中、修学旅行生にすれ違いました。楽しそうな様子の子どもたちでした。

NHKでは予算委員会しか放送されていませんが、全ての委員会がネットから見ることができます。

今日は、この後も予定がびっしりあります。後ほどご報告しますね。

ヤッホウ❣️

コメントをして足跡を残す

こんばんは。長久手市議会議員なかじま和代です。

あま市長選挙

4月17日(日)投票日ですが、すでに期日前投票が始まっています。

3名が立候補していますが、私は現職の #村上こうじ 氏を応援しています。

長久手市とあま市は名古屋を挟んで距離がありますが、教育や健康、防災のことで共に学んでいる仲間がいるためそんなに距離を感じていません。

地元の藤川政人参議院議員、石塚アポロ県議からは「暮らしの主役は市町村なんですよ。命を守る仕事を実直にしてきた村上こうじ氏を!」という応援、さらに宮城から和田政宗参議院議員が応援に駆けつけました。

和田政宗参議院議員には自転車の二人乗りの法律改定を実現いただき、行動力と実行力で尊敬しています。

村上こうじ氏は、

1期目、合併したばかりの時「協働のまちづくり」を核に災害に強いまちづくりを進めた

2期目、健康づくり+子育て支援(共働きできる)→人口の微増になった

3期目、新庁舎、給食センターは合併推進債を使い建てた

と、今までの3期12年を振り返り「将来世代に負担をかけさせないために宝物を残したと自負している。」「さらに良くするために、力を尽くしたい。89,000人の人口から10万人を目指している。」

・・・

政策を実現するためには、様々な要素が関係してきます。国や県とのパイプもその一つです。

候補者の声に耳を傾けると、すべて賛同できるものばかりではないかも知れません。

ただ、4年前の選挙は投票率が30%だったそうです。選挙に行く3割の人で政治を決めてしまったとも言えます。大切な一票を投じるために、候補者の今までとヴィジョンに納得して投票していただけるといいなぁと思います。棄権は勿体無いです。

仲間がYoutubeに村上こうじ氏の応援動画をアップしてくれました。

それでは本日はこの辺で。

ヤッホウ❣️

 

コメントをして足跡を残す