教育委員会委員長の新年の挨拶から始まりました。


ドラゴンズの新監督を探した時、禅の言葉「明珠在掌(めいじゅたなごころにあり)」=「幸せは我が内にあり」と周りを見渡したら、良い人がいた。教育委員として市内の文化・芸術・スポーツを見渡すことが大切。
目標を持って、育てる仕掛けをし、受け取り手、地域(家庭)の三方良しとなるよう仕掛けられるようにしていきたいとお話でした。

文化の家が2月1日より改修工事が始まることに伴い、開館時間の変更(〜PM10:00までを〜7:30までに)が決まりました。

6月1日〜アートリビング開放
7月1日〜全館オープン

中央図書館では不明本対策により棚を移動した本については、不明本0冊となったそうです。
返却遅れについては、約700点。
本の破損は、約200冊/月。
11月、12月に中学校職場体験で数名の生徒がカウンター補助業務、本の返本などを体験したそうです。
体験者の感想は。
・返本や書架整理やカウンターなどの仕事が思ったより体力のいる仕事だった。
・最初は緊張したが、職員のかたの笑顔で楽しく仕事をしていて自分も楽しく仕事ができた。

長久手市内だけでなく近郊の受け入れ先で、様々な職業体験をさせていただいています。
他の施設での体験内容、感想も聞いてみたいと思いました。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。