夢への一歩!私を変えるきっかけ講座⑵で「〜夢に向けて〜『私』の未来・『子どもたち』の未来」について、中島美幸先生の講座に参加しました。
(2回コースの2回目です)

豊田市が2007年小学5年生にとったアンケートで、生まれ変わるとしたらどちらがよいか?

IMG_9522
絶対女子!と答えた女子の割合は21.4%
絶対男子!と答えた男子の割合は57.3%

豊田市のコメントには『 女 子 に と っ て 、 不 利 と 感 じ さ せ る 社 会 で あ っ て は 、 個 性 を 生 か す こ と は で き ま せ ん 。 性別に関わりなく個性を発揮し、活躍できる社会をつくることは大人の使命です。』

私自身、子育ての中で無意識のうちに性別分担している部分もあったかもしれないと反省しました。

映画に描かれる男性にリーダーが多く、女性のイメージが性的だったりすることを変えていくことなどの重要性についてなど、当たり前について見つめ直してみること。
(アメリカでは、国の全人口の人種の比率で出演者の人種比率を決めるルールがある)

子どもたちにできること!として、
中島先生から、お金も時間も子どもに全力投球するんじゃなくて、親も自分にお金と時間をかけ、人生を学んで楽しんでください。それがお手本になります。と。
『子どもは(親から)言われたことはしない、親に見たことをする(アルバート・バンチュラ)』

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。