今日のこどもファームはたけのこ掘り、お昼付きのコースで活動は10時から2時まででした。

竹林のあちらこちらでたくさんのたけのこが取れました。今朝まで降った雨のおかげでぐっと伸びたようです。

収穫半ばの様子

takenoko

お昼御飯のメニューは、たけのこ五目御飯、スープ、たけのこ春巻き、若竹煮、ポテトサラダ、フルーツとたけのこたっぷり、参加した子どもたちがみんな参加してたけのこを刻み、にんじんを刻んで作りました。子どもたちが包丁を持って真剣に刻む様子はとても微笑ましたかったです。こども塾の窯で炊いたたけのこご飯は絶品でした、春巻きもたけのこたっぷりでとてもおいしくいただきました。

サポーターのお話は、放置竹林の話や竹の利用法についてなどとても幅広く、孟宗竹という名前の由来のお話は、初めて聞くもので勉強になりました。
『中国で三国時代に孟宗というお母さん思いの息子(役人)がいました。
お母さんが病の床で、たけのこを食べたがったので、孟宗は冬の山を探します。すると、なんとたけのこが奇跡的にも見つかり、それを食べさせるとお母さんの病は治りました。
親孝行の孟宗の名から竹に命名したのが孟宗竹です。』

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。