今日の朝日新聞に三重の農家の方が、自分の農地にソーラーパネルを置いて発電することが記事になっていました。
遊休農地にソーラーパネルを設置という珍しいことでないのですが、この農家の方の知恵・特別なところは
『ソーラーパネルを使って半日陰の作物を作る!』ということ

ソーラーパネルで発電→ソーラーパネルで日陰を作る→半日陰の作物を育てる(半日陰では雑草も少なそう)
一石二鳥!三鳥!で感心しました。
コロンブスの卵的な発想の転換ですね。

今日、ちょっと年上のお友達に小葉の髄菜(コバノズイナ)の鉢植えをいただきました。
つぼみをつけた初々しい姿です。
真っ白な花が咲き、香りも楽しめるうえ、秋には真っ赤に葉が紅葉するそうです。
楽しみです(^^)

小葉の髄菜(コバノズイナ)

小葉の髄菜(コバノズイナ)

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。