思春期までに伝えたい!「親子のための恋愛性教育講座」講師渡辺奈都子氏
参加させていただきました。

framea11cb6910338f14ec3da2592ac077817aa3abb4f

性教育というと、保健体育で習うような動物的なものか、病気や望まぬ妊娠など負の要素ばかりで夢のないお話しのようですが、

今回は違いました!

高校生を対象に行ったアンケートから見える、恋愛することへの期待と矛盾のお話しに出てきた数字は、驚くと同時に妙に納得してしまいました。

・恋愛でsexすることは当然と思う・・・60%

・sexした相手は信用できる・・・8.7%(sexした相手は信用できない)

素敵な人間関係を築きたいと思ったら、相手との身体の距離はゆっくりゆっくり近づけ、愛を育てていく。
一度進んだ身体の距離は元に戻しにくい。
例)1回目のデートで手をつないで。2回目のデートでキスしたら。3回目のデートで手もつながなかった。
・・・どう思う・・・

渡辺奈都子先生のブログで、内容が紹介されているので読んでみてください。

ちょうど、長久手北中の3年生で「命の学習講座」が開催されたと保健だよりにありました。
生徒さんの感想が素敵でした。
「人を愛するためには、まず自分を好きになることが大切だとわかりました。人を愛するためには、まず自分を好きになることが大切だとわかりました。自分のいいところ探しからはじめて、たくさんの人を心から愛せるようになりたいです。」

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。