「算数脳」を育てるの題目で、花まる学習会代表の高濱正伸先生の講演会で勉強させていただきました。

「算数オリンピックの過去問を一緒に解いてみましょう。」

と、用意された問題資料には問題が8問。

1問目
96958A9F889DEBE6EBE4E2EAE4E2E2EBE3E0E0E2E3E7E2E2E2E2E2E2-DSXMZO9497974010122015W12001-PN1-6
斜線部分の周囲の長さを求める問題です。

この問題で、
補助線が浮かぶか、浮かばないか。・・・見える力
無駄を削って、せばめていく・・・詰める力
など思考力がはかれる良い問題だと言うことでした。

答えが気になるし、確かめたい方はこちら→NIKKEI STYLEの子どもの学び

子育てで一番影響力のある母の言葉がけはとても注意が必要で、「あなたがうまれてよかった」を基本に、子どもが、どんな問題に当たった時にも、「人ができるなら私もできる!」と心に壁を作らないような言葉がけをするということでした。

思考力を伸ばす方法として、一番は、命の危険を感じながらの外遊び!
そのほかに、体験、お手伝いなど生活の中で五感を使うことで集中力とともに様々な力が身につくとお話でした。

「お母さんたち、この歳で、嫌いなものがあるなんて恥ずかしいですよ〜」と勢いでお話でしたが、この言葉が一番、ズキーンときました。
「人ができるなら私もできる!」と、苦手意識を克服できるよう工夫しなくちゃと自分に課題ができました。




コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。