今日は、教育福祉委員として長久手市家庭保育室スマイル☆キッズを視察させていただきました。

kateho03
家庭保育室は長久手市内に2カ所あります。
広報ながくて10月号の保育所など申し込み案内では次のように説明されています。
「保育士資格を持つ保育者が、市の認可を受けて マンションの一室で、最大5人の0〜2歳の乳幼児 を、家庭的な雰囲気のなかで保育する事業です。」

スマイル☆キッズさんは、杁ヶ池公園近くのマンション1階部分で子どもたちを受け入れています。
長久手市立南保育園と連携を取り、年間のカリキュラム(夏祭り、運動会、フェスティバルなど)も組んであります、経験豊かな保育士の方が働いていて、先生方の子どもたちを見つめる笑顔がとても素敵でした。


保育園との大きな違いは、給食がない事です。
連携保育園である南保育園で自園調理していないので配達してもらう事もできません。
その代わりに、保育料は保育園の保育料の6割です。

この4月、待機児童が27名いるというのに、定員5名のところに空きがあったというので、視察を希望させていただきました。
スタッフの方が、大切な子どもの預け先として選んでもらえるように風通しの良い施設になるよう工夫している様子がよくわかりました。facebookスマイル☆キッズにも日々の活動を紹介しています。

来年度4月には今の2歳児3名分の空きが出ます。市役所での申し込みで保育園と家庭保育園どこにするかが選べます。

まだ家庭保育室について知らない方、それぞれの運営は、スタッフのマンパワーにかかっている部分が大きいので、開放日などに足を運ばれると良いと思います。



コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。