犯罪が頻繁に起こり、集中してしまう場所をホットスポットというそうです。


ホットスポット・パトロールは、見えにくい場所、入りやすい場所、車がとまって事件が起きそうな場所などを重点的に見回り、犯罪の抑止につなげる試みだそうです。限られた人数で、効率的にパトロールができるということです。


詳しくは、ホットスポット・パトロール犯罪学専門の立正大学小宮信夫教授

西小校区では、1、2年生の下校時にボランティアの方々が付き添ってくれていて、本当に助けられています。
ゴミを拾うなど、人の手が入っていることも大切だというので、できることはしていきたいと思いまし。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。