漢検、正式には「日本漢字能力検定」です。

個人受験の場合は年に3回、事前に申し込みをして受験できます。

日本漢字能力検定はこちら

大人の腕試しだけではなく。
高校入試で3校に2校が、大学入試でも選考の際の参考・点数化・出願要件という形で活用されています。

受けてみようかな、受けとけば良かった…

と思ったその時!

漢検CBT受験

というものがあります。CBTはComputer Based Testingの略で、コンピューターを使った受験です。

今週末受けようか?というぐらい手軽で、数日後には受けることができます。

受けられるのは漢検の2~7級、7級が小学校4年生修了程度、3級が中学校卒業程度、2級が高校卒業・大学・一般程度のレベルです。
検定料は年3回の受験と同額。

漢検CBT受験はこちらから


長久手からだと、名古屋駅、栄の会場でほぼ毎日実施しています。

受験結果は8日後発表、資格のレベルや認定については、紙での検定と変わりません。

「早く合格証書が欲しい!」という時に便利です。

コメントをして足跡を残す
Loading Facebook Comments ...

RSS コメントの更新情報

コメントくださいね♪

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「書き込み」ボタンを押して足跡を残していってください。