平成29年第4回定例会が閉会しました。


承認1件議案13件が上程されましたが、くらし建設委員会で継続審査になった後に、議案第57号の撤回について採決され許可されました。

他の承認1件議案12件は可決されました。

閉会後に執行部からの報告が7件ありました。
①総合計画(ながくて未来図)基本構想進捗(広報ながくて1月号)
②第3次長久手市土地利用計画(案)
長久手市大学連携推進ビジョン4U(案)
④ふるさと寄付金見直し
文化マスタープラン策定の進捗状況
ながふく障がい者プラン策定状況
⑦長久手市第8次高齢者福祉計画及び第7期介護保険事業計画の策定状況

年末年始をはさみ、たくさんの計画づくりで会への参加やパブリックコメントを募集しています。
長久手市パブリックコメントのページでは、過去に実施したパブリックコメント意見とともに市の考え方も公表されています。
いただいた意見によって、内容が整理されたり、今後の参考に取り扱うとしているものもあります。


夕陽に図書館のとんがり屋根、東山タワーが小さく見えます。

コメントをして足跡を残す

中学校で携帯電話についての安全講座が開催されました。

12月6日の一般質問の際に、インターネットトラブルなどから児童生徒自身が自分を守るための具体的な知識や技能を学ぶ講座として開催を予定していると聞きました。


実際に目の前の相手と話す場合には、表情や声の調子で感情が伝わりやすい。

でも、

SNSの文字のみの場合には、どんな気持ちでの一言なのかが誤解を招くこともあり、メッセージの送る側に立った時も受け取る側に立った時も「話すととき以上に丁寧にやりとりする」ことを気をつけよう!

といったことを事例を交えて教えていただいたようです。

いただいた冊子には、人格権、肖像権、著作権など他の人の権利を大切にしなければいけないことや、親子でスマホ・ケータイ利用の心構えを話し合う提案もありました。

トラブル相談窓口としては、警察相談ダイアル#9110などが紹介されていました。

使い方によっては、加害者にも被害者にもなる可能性があるということを保護者以外の人から教えてもらえる機会が大切だと感じました。

コメントをして足跡を残す