猛暑から設置の方針を示された豊明市さんへ会派長久手グローバルネットで伺いました。

豊明市さんは、他の自治体と違い、業務用でなく。
ルームエアコンをつける方針を出しています!
柔軟な発想です。
そして、
この夏、実際に小学校の1つのクラスで試験的導入をし、検証されています。

豊明市では、来年市内の全小学校(9校)へ設置、再来年に中学校(3校)へ設置と順にエアコンの整備を進めるスケジュールです。(長久手市も来年度7月までに全小中学校で設置予定です)


普通教室1教室あたりに5馬力(14KW)が必要になるそうです。今回試験導入したクラスでは当初1台を稼働させていましたが、子どもたちがクラスに入ると発熱量もありパワーが足りなかったため2台目を設置したそうです。

導入費用の試算、運用に合わせ検討している事項、入札の方法で考えていること、メンテナンス…教えていただきました。
経費縮小できる面だけでなく、既存の建物への設置のため工夫されていることや、失敗できないというプレッシャーをお持ちの様子でした。


毛受市議にご尽力いただきました。答えにくい質問にも丁寧にお答えいただきました職員のみなさまも、ありがとうございました😊

長久手に活かします!

コメントをして足跡を残す