今年は、お蚕(かいこ)さんを育てる機会がなかったのですが、この季節元気な桑の葉で『桑の葉茶』を作ってみました。興味をもたれた方は、手軽に作れるので、まず一回分を作ってみませんか。

桑の葉

桑の葉

 

桑の葉茶の作り方(1回分)

(1 桑の葉10枚を洗い水気を拭き電子レンジ内にクッキングシートを敷いて並べ、500wで5分ほど乾燥。途中で一度裏返すとしっかり水分が飛びパリパリになります。(*^^)v出来上がり!

 

桑の葉茶(乾燥成功)

 

(2 干しあがった桑の葉は、しけらないように缶やビンなどに入れると常温保存できます。(心配な方は冷蔵庫で保存を)

桑の葉茶は、乾燥桑の葉をポットに一つかみ入れ、お湯を注ぎます。黄色くなったら飲み頃です、ほんのり甘くて飲みやすいですよ。

 

ほんのり黄色の桑の葉茶

 

☆桑の葉には血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病を予防、ダイエット効果も期待できるようですよ。

 

コメントをして足跡を残す

昨日は、お友だちに誘われてお料理を教わってきました。前日に『何かリクエストを…。』と聞かれて、旬の新玉ねぎのお勧めレシピをお願いしました。

1.玉ねぎを洗い、上と下を切り落としてから、玉ねぎの輪の部分の「下3分の一」を残し、垂直にさいのめの切れ込みを入れます。
2.耐熱皿に移し、ラップをして7分。レンジでチン!(玉ねぎ3つ)…半透明になっていればOK!様子を見てくださいね。
3.器に盛り、麺つゆ&鰹節をかけて完成!

ジャジャーン!

新玉ねぎで(薬膳?)

 

メインが新玉ねぎさん!(^^)!素人の写真で伝わるかわかりませんが、白い菊のように見た目が素敵で美味しい一品になりました。その他、ナス・かぼちゃ天ぷらの煮びたし、肉味噌きゅうり、わらび、イワシのかば焼き風、即席佃煮、そうめん、豆ご飯どれも美味しかったです。教えてくださった方は、素晴らいほどのスピードで料理をつくりあげる技をお持ちの上級食育士さんで、11時ごろにうかがってお昼には写真の豪華な薬膳が出来上がりました。

2時過ぎに帰るまでの間に、おからハンバーグ、菊花しゅうまい、さんまの甘露煮、ジュースなども教えていただきました。少しでも、我が家の食卓に還元できるようがんばろうと思います(*^^)v

コメントが1件あります♪

農学校でご一緒させていただいているひなたぼこさんに自家製酵母の作り方を教えていただきました。初ですが、ビワの皮とミントの葉でチャレンジです!

作り方の詳しい説明  ひなたぼこさんのページでごらんくださいね。

1日目

1日目(ビワ酒・ミント酒)

 

 

2日目
2日目(ビワ酒・ミント酒)

 

予定通り少し濁ってきました

3日目

3日目(ビワ酒・ミント酒)

かなり濁っていますが、臭かったりはしません。

6日目成功(*^^)v

ビワ酒・ミント酒(6日目)完成(*^^)v

 

かなり見た目が怪しいですが、ミントは大成功だと思います。ビワの皮は危険な香りがしたので却下。同日でビワの実でつけたものはいい感じです。美味しい飲み物になりました。 『これはもっと大瓶で作りたい!』 季節の旬を瓶につめるって作業がとっても素敵(^.^)


コメントが1件あります♪

夏は麦茶!効能は、胃の粘膜を守る・血液をサラサラに・抗酸化作用など。ティーパックにお湯をかけて、少し蒸らしてから水だしすると香りも良く出ます。

コメントが1件あります♪

初『プレーンシフォン』

シフォンケーキ

プレーンシフォンを焼きました。

購入後、永い間眠っていたシフォン型(20cm)を使いました。

金曜のパン教室は、17cmの型でつくったので卵3個を使いましたが、今日は卵5個使いました。サラダ油が無くオリーブオイルを使ったり、家にあるもので作りましたが、しっかり膨らんでふわふわ美味しかったです(^-^)

気を良くして、ココアにも挑戦中(*^^)vブイ♪

コメントをして足跡を残す