今日は、味噌仕込みをしました。

毎年、おうちごはん研究会で企画する「みそ仕込み楽会」で仲間を集め樽に仕込みます。

みんなで集まって味噌作りできるのは幸せです💕

今回は小さな参加者もたくさん。



小さな手でクルクルと豆をミンチにひき、一生懸命混ぜてこねて、お団子を作って投げ入れる!

美味しくな〜れ!

味噌の原料は、お豆、麹、塩の3つ。

2種類の味噌(麦味噌 豆味噌)は出来上がり時期も味も違い楽しめます。

麦味噌は、麦麹+米麹を使います。

完成までは3ヶ月ほど✨

5月には出来上がりです!

豆味噌は、豆麹を使います。

出来上がりは1年後の今時期です。

蓋塩(ふたじお)に、塩の1割弱を仕込んだ味噌の上に敷きます。

(豆知識)

蓋塩は、雑菌から味噌を守るためです。

上に敷いた味噌は、仕込みの長い時間を通じて溶けて、全体に染み渡るそうです。

出来上がりの頃には濃度はほぼ均一になるというので、長〜いお話です。

コメントをして足跡を残す

大豆は、2日前から1日半浸水させ煮ます。

明日の「みそ仕込み楽会」の下準備です。

昨年は愛知県産の大豆でしたが、今回のお豆は青森県産のおおすず大豆。

吸水もはやく、まん丸のお豆が1日の浸水でこんな感じ。

大豆を水洗いすると、泡がでます。

さらに

煮ても、あわあわ泡がでます。

短時間でふっくらと煮えました。ほんのり甘い美味しい豆です!

(豆知識)

泡について豆知識。

この泡の正体は、サポニン

ラテン語の石鹸を意味する「サポ」からついた名前です。

大豆に含まれる苦みや渋みの成分で、洗うときや茹でる時に泡立ちます。

大豆サポニンは、抗酸化作用が高く活性酸素を除去し、脂肪の酸化を防いでくれます。

その他にも効果はいっぱい「サポニン」で検索してみてください。

コメントをして足跡を残す

葛飾区の給食でのコマツナのアレンジが多彩です。

餃子、チャーハン、ケークサレ、グラタンパン、蒸しパン!

コマツナ給食のレシピ紹介(葛飾区)


長久手の伝統野菜「真菜」 今からが旬!

真菜はコマツナ科の野菜なので、そのままレシピが使えます(*^▽^*)✨


写真「真菜」




我が家で作った小松菜餃子╰(*´︶`*)╯♡

普段はニラと豚ひき肉なので、好きが2人、ニラが良いが2人。

シャキシャキ、さっぱりしていました。

コメントをして足跡を残す


MENU

・里芋のもっちりご飯(あいちのかおり、里芋、人参)

・プチヴェールとえびのピリ辛あん(プチヴェール)

・鶏ささみと里芋の塩味炒め煮(里芋、人参)

・プチヴェールとまぐろの柚子味噌和え

・豆乳ゼリーの黒蜜かけ

地産地消の推進のためカッコ内は地元野菜です。クッキングフェスタは試食から始まりました。

試食は、JAあいち尾東女性部長久手支部の方が前日から講師の先生と支度してくださいました。


講師は宮本和秀先生。

宮本先生は、キューピー3分クッキングのレギュラー講師もされていて、長久手にお住まいです。

減塩にもつながる濃いめの出汁の取り方と一緒に、家族のあり方、家庭料理の奥深さを楽しく教えていただきました。

毎日の家庭料理、あまり食材にお金をかけられないけれど、大変を承知で自分の健康のため、見ている家族を意識して台所に立つことが大切ですよって優しい語り口です。会場に笑顔があふれました。

たっぷり2時間楽しい時間でした。

コメントをして足跡を残す

放課後キッチンにお手伝いに入りました。


お弁当に2種「タコさんウィンナーとちくわの磯辺焼き」

コメントをして足跡を残す