今日は、長久手おやこ劇場の0歳から3歳の代表者会議がありました。
その中で、『サークルで遊ぶときに、1時間しか時間が無くて、他のお友だちより先に帰るとき、子どもが泣くけれど、行かないほうがよかったのだろうか?』について、話ができました。
私は『泣くくらいに楽しい1時間を過ごせたのだから、行かないよりいった方が良かったと思う。』と意見を言いましたが、自分自身を振り返ってみても、『子どもが泣くから、泣くかもしれないから・・・』と見送ってしまうこともあったな~と、思いました。

子育てでの困りごと。同じ仲間と意見を出し合えると、本当に求めていた答えが自分の中からも出てきたりするのが不思議。交わることって大事なあ~と改めて思いました。

金柑を煮ました(*^_^*)昨年に続き、大人のおやつ金柑チョコを作る予定です。

012
昼からは、茶和話さんで、2月15日の『農』をテーマとしたまちづくりシンポジウムのアフターイベントの打ち合わせをしました。予約不要のイベントです、ぜひ文化の家へお越しください。

夜は、明日の長久手市国際交流協会設立20年記念事業
「国際交流フェスタinながくて2015」~ミニ万博~『多文化共生で世界はひとつ!』
のリハーサルのため長久手響鼓で練習をしました。
昼ごろの出演予定です。ぜひ、太鼓の響きも楽しみに来てください。

021

コメントをして足跡を残す

2月になりました。いろいろ行事の立て込む短い月ですが、健康に気を付けて過ごしたいと思います。

広報2月号に、農楽校の募集記事が出ています。
2月9日(月)の朝8時半からの先着順です(^^)/

私が申込をした年は、午前中にいっぱいになってしまうほどの人気でした。
毎週その時期の長久手で必要な農作業を、畑で実践します。
私は、入校初めに食べた摘み菜の美味しさに感動しました。
旬の野菜を食べるために育てるという当たり前のことを仲間と楽しむことができ、おすすめです(^^)

コメントをして足跡を残す

IMG_4526.JPG

今朝は庭の畑でブロッコリーを収穫しました。

ブロッコリー、スーパーなどで見かける立派な大きな木のような形のブロッコリーは、真ん中に一つだけ取れます。
そして、
もう少し暖かくなると、周りの葉、一枚一枚の葉元にもブロッコリーが出てきます。味は変わらず、ブロッコリーです\(^o^)/



IMG_4528.JPG

お昼は、いなやさんで、天ぷらのせ味噌中華をいただきました。
美味しかったです‼︎
はじめてお店の中で食べましたが、注文から1分くらいで出てきてびっくりしました。

コメントをして足跡を残す

夏の暑い時期にまいた種から、大根、真菜、春菊、ホウレンソウなどが次々と芽を出し、育っています。
本葉が3,4枚になってころから密集したものを抜き菜として食卓にあげています。
お味噌汁の上に散らしたり、卵焼きに入れたり、ベーコンと炒めたり…。
お友だちは、生のまま、ドレッシングをかけても美味しいよと教えてくれました。今度作ってみようと思います。
大根の芽(葉を触るとポロリと落ちる、真っ黒い虫がいるので戦っています)
IMG_3591.JPG

夜は、長久手響鼓の練習が景行天皇社横の長湫公民館でありました。
長久手響鼓は字のごとく、長久手の和太鼓サークルです。
長男は小学校1年の時から続けているので、もう8年目!
太鼓をたたいて帰ってくると生き生きとしています。
新しくホームページができたので、ご覧ください。
長久手響鼓HP

コメントをして足跡を残す

今日は子ども会のお芋掘り\(^o^)/
秋晴れの気持ち良い日でした。
シルバーさんの畑を掘らせていただきました。

IMG_3486.JPG

私は途中で、子ども会育成会会長会議があり、福祉の家に移動しました。
市内の子ども会全体で行っていたドッチボール大会を来年度以降どうするかをそれぞれの子ども会で考えてくるように言われました。
子ども会の入会者の減少などで参加チームが少ない状態が続いているからで、私のいる子ども会もドッチボールへの参加をアンケートすると出席希望者がチームを作るのに必要な人数揃わないため、ここ数年参加していません。
1年生が怖がるくらいのスピードの球を投げられる高学年の子たちも、弱い子には優しい球をコツンとぶつける姿に、教えなくてもできる優しさを感じたりしていたので、無くなってしまうのはちょっとさびしいな~と思いました。
ルールも考え直せると、役員さんたちがお話していたので、チームの人数やコートの広さを変えて、参加へのハードルが少し下がると出られるかもしれないなと思います。

午後は認知症サポーターの養成講座を受講しました。
認知症サポーターキャラバンの方たちが、認知症とは何か、どういった接し方が必要かについてDVDとテキストを使ってお話を聞いた後には、実際に声掛けを数名の方が体験しました。
舞台を見るように、出会いの場面を見ていて、ゆっくりと笑顔で自分の無理のない言葉で話しかけることが大切だなあと思いました。そして、一人では解決できないと思った時には、他の人に助けを求めたり、市役所や包括支援センター、交番などへ案内するという方法も覚えておきたいなと思いました。
11月6日(木)『徘徊高齢者捜索模擬訓練』が行われます。

コメントをして足跡を残す