12月議会の一般質問が始まりました。

新型コロナウイルス感染症対策として、議長席、答弁席、質問席に(議長手作りの)アクリルボードが設置されました。
また、今議会は質問項目ごとに担当の部長・次長のみが席に付く形をとり、質問時間のタイバーは止めずに途中で入れ替わりました。


本日は
・伊藤祐司議員
・田崎あきひさ議員
・岡崎つよし議員
・ささせ順子議員
・木村さゆり議員
・山田けんたろう議員

伊藤祐司議員が道路行政について
「整備は大切で、人と人をつなぎ、地域・社会をつなぎ、物流を支え、集まる場となる。」と。
美しく安全な街のために無電柱化などを進めることと同時に穴ぼこだらけ、ひび割れだらけでは事故の責任は道路管理者であることを指摘しました。
また、初期消火の重要性についての中で、市内には、市民が使える40ミリ消火栓が145ヶ所、街道消火器が21ヶ所あることが明らかになりました。
正直、使い方はわからないです。

ささせ議員の制服の自由選択制についてで、制服についてアンケートを実施し、令和3年度にブレザー検討委員会で費用などを話し合い、令和4年から選択性になりそうな答弁がありました。

コメントをして足跡を残す

予算決算委員会の分科会長報告を精査しました。

昨日の分科会議事録は27ページ、20,771文字の文字起こしデータとしていただきました。
委員会終了から僅かな時間で文字起こしができることは本当に感激!AIすごい!

昨夜、このデータをもとに大島令子分科会長がピックアップしたものを整え、4ページにしました。
今日は、この内容について精査しました。
最終的には4ページ2,687文字。12月14日の予算決算委員会で分科会長報告の原稿となり、総務くらし建設分科会長の報告とともに予算決算委員会の採決の材料となります。

そして、議会だより📕
12月議会の審議内容を紹介する次号は2月発行ですが、昨日12月1日委員会審査の原稿締切は12月8日です。

大島委員長と2議案の審査内容をピックアップし、議案の内容&審査過程をわかりやすくまとめました。2時間ほどの内容を700字程度にします。

使う写真は、シルバー人材センターの自主事業が話題となったため、お昼をまわっていましたが「おふくろの味処」へ写真を撮りに行きました。(議会だよりに使う写真はお楽しみに・・・)



美味しくてリーズナブルなお弁当。販売数が少なく12時半前に売り切れてしまうこともあります。

提出した原稿については、議会だより特別委員会のメンバーが形になるまでチェックします。感謝!!!

来週の議会日程が一般質問(12月8日、9日、10日)なので、早めに終わって一安心です。

コメントをして足跡を残す

午後は予算決算委員会の教育福祉分科会に出席しました。

分科会では3議案の審査を行いました。

議案第69号令和2年度長久手市一般会計補正予算(第8号)
議案第70号令和2年度長久手市国民健康保険特別会計補正予算
議案第71号令和2年度長久手市介護保険特別会計補正予算

議案第69号の審査でわかったこと(抜粋)
・水泳等指導委託475万2千円(含インストラクター257万円):西小学校で令和3年度に児童1人あたり5回(授業2コマ=1回)、市内民間施設において、水泳指導を試行する。
・給食センター設備修繕:470万6千円:オール電化の給食センターで建設時からの使用で8年が経過した5つある給湯ヒートポンプ(蒸気調理器)のうち1台が故障したため修繕する。既製品ではなくメーカーによる長久手仕様の機器のため新品を購入などの対応はできず、修繕しかできない。機器の推奨交換時期は5年(1万8,000時間)で残り4台も順次交換を予定。
・小中学校コンピュータ機器整備事業3億2,836万4千円:令和3年4月から授業でタブレット使用できる環境を整えるためリース料、ソフトウェア・ライセンス、ICT支援員、校内通信回線使用料など。家庭への持ち帰りはセキュリティについてこれならだいじょうぶというものについて研究中で時間をいただきたい。
・・・タブレットを持ち帰り、調べ物に使うなど子どもの「学びの保障」を効果的・効率的に 行うためには,端末の持ち帰り学習等のIC Tを活用した取組の促進が急務のはず。長久手でも積極的に取り組みを進めてほしいです!


11月号議会だより(7ページ)

長久手市議会では2年前から予算決算の議案について、予算決算委員会、分科会方式をとっています。

予算決算委員会で議案の説明を受け、それぞれの分科会へ付託します。

分科会での審査では、
① 論点整理
② 所管部分を詳細審査

審査内容を予算決算委員会で各分科会長が分科会長報告の後に、報告への質疑、議案の討論採決を行います。

予算決算委員会の結果は、本会議で
①委員長報告
②報告への質疑
③討論
④採決

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今夜は、玄米と黒米を発芽(3日前から準備)させて炊きました♪

プチプチ美味しい💕

だけど、わたし以外は白いご飯🍚


これはお風呂に入れます🍊

コメントをして足跡を残す

教育福祉委員会に出席しました。付託された議案2件の審査、所管事務調査を行いました。

議案第73長久手市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

議案第76長久手市高齢者生きがいセンターの指定管理者の指定について

議案第73号は、空き地や空き家などの低未利用土地等活用のために租税特別措置法が改正されたことに伴い、譲渡益から100万円を特別控除することができる改正。

議案第76号は、市役所西庁舎より更に西側にある「高齢者生きがいセンター」の指定管理者を長久手市シルバー人材センターが令和8年3月31日まで行うこと。

シルバー人材センターは平成18年から高齢者生きがいセンターの指定管理を受け持っていますが、高齢者の生きがいづくり、働く場の提供などで実績を積み、今回も指定管理をお願いすることになりました。10月12日に指定管理者選定委員会が開かれ、審査の結果適当と認められています。

シルバー人材センターの自主事業は、内職、リフォーム、野菜や小物の販売、書道教室パソコン教室など多彩でこれらの活動が事業収益となっています。

野菜や小物(手作りマスク、竹細工など)の販売は販売価格の90%が提供者の取り分でシルバー人材センターは10%の手数料をとっているそうです。

どちらの議案も賛成全員で可決しました。

所管事務調査は

社会福祉法人長久手市社会福祉協議会について」行いました。

社会福祉協議会は社協(しゃきょう)とよばれ法人格を持つ「地域福祉の推進を図る団体」と社会福祉法に基づき設置された団体です。

3億円近い収入は、補助金・受託金と自主財源からで。

市補助金9,852万9,000円と市からの受託金(委託事業:スマイルポイント事業、生活困窮者相談支援業務など)1億5,599万8,000円が85.2%を占めています。

自主財源は、会費(自治会等を通じ1世帯あたり500円)、赤い羽根などの共同募金の配当金、寄付金、介護保険事業収入などがあり、こちらの合計は4,266万9,000円(令和2年度)です。

困窮者支援を始め、安心して生活ができるための活動は幅広く、市から委託する事業の数も年々増えているため正規職員の数は平成29年21名、平成31年27名、現在30名と増員しています。

会員制度は支え合いにより地域福祉が推進することを目的に世帯ごとに加入をお願いしていますが、長久手市の世帯数24,646世帯のうち加入は8,300世帯。加入率33.67%はこのままでよいのだろうか。

500円の会費が払えない場合は、要項にある「会長が特に認めた場合」の規定で支払いを配慮できるとお話でしたが、生活保護世帯などを支援する小中学校の就学援助費制度ではPTA会費を補助対象にしているので、もう少しそのあたりは市が考えてもよいのではないかと思いました。

午前中はここまで。

所管事務調査のために、担当の福祉課のほか、社会福祉協議会からは参事、事務局長、次長のもご出席いただき、質問に答えていただきました。ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す

11月も今日が最後ですね。
寒い朝でしたが、太陽の眩しさ、暖かさで昼にはずいぶん暖かくなりました。


市役所駐車場にある山茶花(さざんか)がきれいに咲き始めました。

8時50分より本日の議会運営について打合せ会
9時05分より議員全体の打合せ会


9時半からは、本会議が開かれ2議案の採決が行われ可決しました。
議案は、国家公務員の今年度のボーナスについて、新型コロナウイルスの影響で民間企業の支給割合が下がっているのに合わせて、0.05か月分引き下げるよう人事院勧告があり、改正給与法が11月27日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立したことを受けたものです。
・議案第77号 長久手市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について
・発意第2号 長久手市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末って当てに関する条例の一部を改正する条例について

散会後。
総務くらし建設分科会で補正予算、総務くらし建設委員会で3件の議案が審査されました。私は委員でないため、傍聴しました。

<<<分科会>>>
長久手市一般会計補正予算(第8号)の総務くらし文化の所管分について質疑。

ふるさとながくて寄付金について、今後はふるさと納税が集まることを見込んでいる。
ふるさと納税が見込める要因としては
1 ポータルサイトふるさとチョイスにJTBふるぽを追加する。JTBは手数料の追加で新たな返礼品の開発に加え、返礼品を扱う業者との間に入り市に成り代わって事務も行ってもらえる。
2 観光交流協会と連携し、新たな返礼品を選定し11月に追加した。
3 モリコロパークで行われるバンドイベント(1・2日で完売する人気)800万くらい見込める。
4 シンシアの丘の新たなクラウドファンディング800万見込める。

寄付があることで手数料がはじめてかかる。手数料はふるさとチョイス5%とJTB11%で合わせて16%。JTBが新たに返礼品を開発する商品数に上限はなく、順次増やしていく予定である。

杁ケ池体育館改修事業424.1万円について→体育館西側にある多目的トイレの改修。湿式から乾式、配管の取替え、便器の取替、おむつの取り替え台、オストメイトなどの設備を追加する。指名競争入札を予定、工事期間は1ヶ月ほどになる。

公民連携可能性調査等902万円について→繰越で業務を発注し、今年度1月から令和3年度秋ごろまでの期間、事業範囲、法制度、事業スキーム、事業評価、課題の整理などを行い最適な手法の構築をする。福祉の家温浴事業は開業から17年経過し、今後大規模な修繕費が予定されている。事業そのものの必要性、公益性などに対しサウンディング調査を行い、市民にとって公共サービスの向上になるようにしたい。節目となるタイミングでは議会にも途中経過を情報提供したい。

清掃事業粗大ごみ回収予約受付委託について→当初予算300万円があったが、前年比で6月143%、8月161%、9月145%、10月104%と4月から前年度比118%と例年より遥かに多い粗大ごみ回収予約があった。このため150万円の追加予算が必要。

ごみ啓発事業55.8万円について→レジ袋有料化に伴いしない大型店舗4社からの寄付金をもとに「雑がみ回収袋」をごみカレンダーと同時に全戸配布する。

有害鳥獣対策事業 謝礼金18万円 有害鳥獣処理委託20.7万円について→どちらも予算超過のため。

農業用施設維持管理事業52.9万円について→溜池周りの草刈り、選定、用水路の修繕で予算を消化し、草刈りに必要な予算が不足するための計上。

水環境施設管理事業、立石池管理事業82.4万円について→立石池敷地内一周分の桜の剪定。

はなみずき通駅駐輪場整備工事129.8万円について→戸建てとの間の緩衝帯で植栽があったが、マンションを建てる際に地面の高さを合わせ、マンション工事が終了し有効な土地利用とするため駐輪場整備をすることになった。

<<<総務くらし建設委員会>>>

付託された3議案について、委員会審査がおこなれ原案のとおり可決しました。

議案第73条 使用料及び手数料条例の一部を改正する条例について→土地・家屋台帳を廃止し、電子化することに伴い閲覧使用料の規定を削除(デジタル化により現在のものはPDF化)する。
・「紙の台帳は歴史的価値のある財産で閉鎖台帳として保存・公開の方法を考えないか。」などの意見がありました。年間200件強の閲覧実績がある台帳で、今年度いっぱい(令和3年3月末まで)は閲覧手数料200円で閲覧できます。
長久手市では概ね字ごとに5冊ある台帳中の1冊を申請書に住所名前を記入し、免許証などで本人確認をする手続きがありますが、誰でも閲覧できます。
法務局では1棟ごとに申請する必要があります。

議案第74号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について→愛知県市町村職員退職手当組合から尾張市町交通災害共済組合を脱退することにともなう変更。
・常勤職員1名が入るが組合解散とともに退職、解散業務は北名古屋市が行う。

議案第75号 尾三消防組合規約の変更について→10回ほど分担金の協議を開催し、平成30年度4つの指標で受益負担、応分負担が望ましいとの考えで分担割合を決めた。
・長久手市18.8119%→18.1957%令和2年度から2,100万円程度減額する試算。
・みよし、日進市、東郷町は令和2年度より負担割合が増加する。


市役所のホームページが新しくなっています。

コメントをして足跡を残す