今期最後の一般質問を終えました。

保育園への看護師配置を要望してきましたが、平成31年度予算に看護師配置が予算化されました。医療的ケアが必要な園児を受け入れるためですが、「施設側が看護師を配置すること」は大変意義深いことです✨

教育について。

公教育に閉塞感を感じていました。
変わらないんじゃないか、こんなに不登校が増え、このままでいいはずが無いのに…。
といった思いがありました。

学校ってなんのためにあるんだろう?」をずっとずっと考えいます。

12月の一般質問で「夏休みの宿題は必要か?」と質問してから、いろいろな方からお話を聞かせていただき、
工藤先生の本当の出会いもあり、その後工藤先生のお話を聞きに3度行き何だかんだで、希望が見えてきました。

公立の学校は、地域の子どもが安心して「明日も行きたいな」と思える学びの場であるべきだと、伝えました。
一番伝えたかったことです、伝わったかな。

不登校児の問題について。

長久手市では、不登校児童のために適応指導教室=N-ハウスがあります。
このN-ハウスが安全な居場所だから拡充していくという計画です。

年々不登校児が増えているのは社会が変化しているのに、いつまでも古い慣習を踏襲し、学校は変わらないからじゃないか、枠に入らないからと外側に安全な居場所を作るのは、目的を履き違えていないか?
外側に居場所(N-ハウス)をつくるのではなく、学校が安全な場所になることが大切なことだと、問題提起しました。

N-ハウスになら行ける子どもは、何が課題で地元の学校へ行けないのでしょうか?
そこにとことん、寄り添えないのか?

策定中の長久手市教育振興基本計画について。

教育基本法に「伝統と文化を尊重し、それ らをはぐくんできた我が国と 郷土を愛するとともに、他国 を尊重し、国際社会の平和と 発展に寄与する態度を養うこ と。」の記述がありますが、今回策定中の長久手市教育振興基本計画には、多文化共生として外国語、外国の文化を知ることは書いてあるけれど、日本を知ることなどは書いてありません。自国の成り立ち、文化を知ることはとても大切だと考えています。
このことを質問すると、「当たり前のことだから計画に書かない」ということでしたが、納得できません。(パブリックコメントを28日まで受付中です。)
教育部長から学校の目的を答弁いただいたものは、その当たり前のことを言っていただきました。
計画にないものは、いずれ無くなっても、わかりません。
当たり前のことだからこそ、計画の中にまずあるべき姿から載せて行くべきだと思います。


私にできることを探りながらも毎議会一般質問をしてきました。

60分と限られた時間ですが、思いが伝わりカタチになったものがあります。
今回も時間いっぱい使いました。

頭を切り替え、明日の総務委員会に備えます。

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

日中は暖かでした🌷4月中旬並みの気温だったようです。

本日、議会2日目。

昨日の教育福祉委員会で全員賛成となった小中学校エアコン設置の議案。

本会議も全員賛成で無事可決しました😉

準備室、廊下などを除く全ての教室にエアコンが設置されます。


学校の猛暑対策!
エアコン設置により、学校で熱中症になる子は確実に減らせます。
暑い季節、汗だくで登校しても学校に着くと少し涼める。
送り出す親御さんたちも、学校に着けば安心できる。

そして、もしもの場合に避難所となる学校です。
災害時の利用を考えても学校の猛暑対策は必要なことでした。

あとは工事が無事進むことを見守るばかりです!

長久手市議会議員 なかじま和代

コメントをして足跡を残す

今日、長久手市議会は3月議会が開会しました。

(まだ2月もだいぶ残っていますが…)

平成31年度4月から始まる第6次総合計画の議案を含む全26議案と同意案2件が上程されました。

総合計画は、市の今後10年をどうしていくかを計画するものです。

どんな「まち」を目指しているのか?

そのためにだれが、どんなことをしていくのか。
総合的・体系的にまとめたものです。
市の福祉施策や都市計画、環境、市政運営…といったすべての計画の基本となります。

大切な、大切な、総合計画。

この第6次総合計画については、明日の本会議で質疑が行われ、総務委員会に付託されます。

市長が「施政方針」を述べられました。⬇︎市長がこれからどんなまちをイメージしているのかわかる内容です。

平成31年度 市長施政方針 はこちら



本会議散会後。

エアコン設置の工事請負契約の締結議案4件について、教育福祉委員会が開かれました。


(議員控え室が委員会室になりました)

教育福祉委員会でエアコン設置の工事請負契約締結は全員賛成で可決しました。

明日2月20日の本会議に委員長報告ののち、はかられます。

昨日までより、外はずいぶん寒かったですが、久しぶりの雨が嬉しかったです☂️

コメントをして足跡を残す

明日から長久手市議会は開会します。

はじめて、予算決算の質疑を分科会(総務、教育福祉、くらし建設)で行います。

また、委員会、分科会の開会時間は朝10時から9時半に変更になります。

30分早く始めることで、委員会などが延長する場合に生じる市職員のかたの残業時間を少しでも減らせるようにと変更になりました。

コメントをして足跡を残す

今回2月26日の一般質問で「長久手市教育振興基本計画(案)」について質問をします。

日本の文化、伝統を学ぶことについての記述がない計画案です。必要な記述が追記されるように働きかけたいと思っています。

一般質問は4項目。次の内容になります。

1 子育てしながら働き続けられる環境の実現について

 第6次総合計画案で妊娠から出産・子育てまでの切れ目ない支援として、生後57日目からの産休明け保育の実施が明記された。その上、市内保育園では待機児童対策として保育園の定員増、大規模化が進んでいる。保育現場の安全性を担保するため、そして、保護者が安心して働き続けるためにも全ての保育園に看護師を配置することが必要だと考える。

⑴ 平成27年第2回定例会で、生後2カ月(57日目)からの保育の必要性を質問したところ、「集団保育における乳児の安全性を第一に考えますと、お預かりする時期としては、6カ月からとすることが最適と考えております。」と福祉部長が答弁した。安全面の課題はどのように解決したのか。

⑵ 平成31年度予算案で保育園への看護師配置が計上されているが、どのような業務を担うのか。

2 食育の推進について

 平成30年第4回定例会では、上郷保育園移転新築時に自園調理ができる予定である旨の答弁であった。

⑴ 自園調理開始までのスケジュールはどのようか。

⑵ センター方式で、給食生産者会へ示している野菜の大きさの基準は、地元の野菜を使うにはハードルの高いものになっている。自園調理になり、見直すことができないか。また、多品種少量生産の農家が納品できるような献立にできないか。

3 教育について

 長久手市で初となる長久手市教育振興基本計画案が示された。基本計画は、「多様な価値観を認め合い、誰もが幸せに感じる社会を築いていけるよう、まちづくりの当事者となる人材を育てていく」との想いを込めた計画策定であることが述べられている。

⑴ 「生きる力」の育成は、人がそれぞれ多様な感じ方、考え方をするもので、対立があって当たり前だと自覚する必要がある。対立を解決する学びは、どのように取り組むのか。

⑵ 多文化共生の推進には、日本の文化習慣を知る必要があるが、どのように取り組むのか。

⑶ 中学校の学校図書館が昼放課時間の15分から20分しか開館していないことは、読書活動の機会の損失である。開館時間延長のために4月からできることは何か。

⑷ 人生100年時代の教育として、市内に4大学、近隣にも教育施設のある長久手らしい大人の自己成長、キャリアアップのためのリカレント教育を取り入れないか。

4 情報通信技術(ICT)の利活用による便利な市役所について

 情報通信技術(ICT)は技術革新が著しい分野であり、スマートフォンの世帯保有率は平成29年には75.1%、モバイル端末全体では94.8%と普及が進んでいる。市民サービスに対し、「市民からの情報収集手法の構築」、「市民ニーズに合わせた情報提供手法の構築」及び「電子手続の充実」を図ることが必要である。また、行政事務に対し、「新たな技術の活用による業務効率化」を図ることも必要である。どのような計画で進めるのか。

・・・・・
CGSチャンネルで何度も登場していらっしゃる元小学校教諭の斎藤武夫先生の本を取り寄せています。

コメントをして足跡を残す