予算決算委員会が開かれました。

議案第1号令和2年度一般会計予算は総額204億4,000万円。
この中に、リニモテラス整備事業2億1,199万2千円が含まれています。

このリニモテラスの建設に反対と会派の中で話がまとまり、リニモテラス整備事業費を除いた修正案を大島議員が提出されたので賛成しました。
修正案の内容は、総額204億4,000万円からリニモテラス整備事業2億1,199万2千円のみを引いたものです。他の予算の部分は一切、加除を行っていないものです。

通常は議案第1号から審査されますが、議案第1号の修正案が前日までに提出されていたことから1番目に審査されました。
▶︎結果は、賛成少数により「修正案は否決」
▶︎続けて、令和2年度一般会計予算は総額204億4,000万円はリニモテラス事業を含むため反対しました。「令和2年度一般会計予算は賛成多数で可決」
▶︎▶︎▶︎その後、川合議員から附帯決議が提出され、暫時休憩となり。
内容について話し合いが行われ、意見を汲んでいただき、「附帯決議は全員賛成」で附すこととなりました。

附帯決議
令和2年度長久手市一般会計予算のうちリニモテラス事業については、長年にわたり議論され、素案も何度か示されてきたが、ようやく予算化された。その執行にあたっては、市民が納得できるよう下記の事項に留意して進め、市民、議会に説明すること。
1 リニモテラス公益施設建設について必要性を確固たるものにすること。特に「観光交流」「大学連携」「子育て支援」「多文化共生」の四つの柱については具体的に何をするか明確にすること。
2 運営の方法については、再度その仕組みを検討すること。


その他、13の議案についても可決されました。


(↑リニモテラス公益施設整備基本計画のイメージも2階建)

「リニモテラスって?」
私の理解では、11年前の第5次総合計画でリニモ古戦場駅に賑わいを作るため民間施設の誘致とともに4つのテーマ「観光交流」「大学連携」「子育て支援」「多文化共生」の公益施設を主要事業として作ろうと始まったもので、市民が委員となって真剣な議論が交わされていたがイオンが建つときに間に合わなかったものです。
平成28年からは毎年、運営主体探しや市民ボランティアの発掘に予算が計上されてきましたが、結局主体を担う市民団体が結成されることはなく、平成30年度、基本設計では2階建てか3階建て(延床1,740㎡)となっていたものが、400㎡共生ステーションサイズダウンされました。計画上、利用者駐車場は障がい者駐車場のみの木造建築です。

今夜、明日の本会議の討論準備をします。

コメントをして足跡を残す

新型コロナウイルス感染症に対して、3月3日に議長より意見があれば議会事務局に対して連絡するように通知がありました。

会派長久手グローバルネットとしては、昨日までに対策本部へ10項目の対応を要望しています。
市民の方から心配の声をたくさんいただいており、お返事は待っていただいている状況です。
2月20日から長久手市新型コロナウイルス対策本部が開催されていますが、限られた情報の中、ほぼ一律の市の施設の閉館が決まり、多くの市民は静かに協力しています。

①知事から要請のあった学校への自主登校開催
運動場、学校施設へ立ち入ることもできない現状の緩和や
受け入れ児童の給食提供についても検討をお願いしたい。

②野菜の有効活用
(販売もしくは児童養護施設・就学援助世帯への提供)
野菜は2月28日の予算決算委員会教育福祉分科会で
月曜日の分は市が購入することになるとの答弁がありました。
▶︎回答:支払いの上、業者に返品。

③職員感染時の対応ルールの公開

④職員感染による市役所職務縮小体制のスケジュール、職務優先順位の公開、閉庁の必要条件

⑤対策本部の決定内容の共有

⑥職員の家族が濃厚接触者として観察対象者である場合や風邪症状が出た場合の体制
直ちに自宅待機なのか、申告の上職務にあたるのか、申告もなく職務にあたるのか。

⑦職員の健康状態の把握、行動記録
重症化後では確認出来ないため記録が必要ではないか。

⑧職員のマスク着用とマスク支給
軽症者によって感染が広がっている「かかっているかもしれない」という意識で行動すべきでないか。
現在は自前のマスクで個々が対応しているが、入手困難な状況であり、市が責任を持ち備蓄マスクの活用を進めるべきではないか。

⑨保育園、児童クラブなどの預かり事業をはじめその他の福祉施設から
マスク不足による提供依頼があった場合の提供

⑩昨日③に捕捉
新型コロナウイルス感染症対策本部の職員が感染した場合の対策

コメントをして足跡を残す

先週2月28日の議会運営委員会で、本日より予定していた代表質問・一般質問は中止となりました。予定していた。

質問内容は以下の3項目です。
1 災害時の備えについて
2 健康寿命と運転寿命の延伸について
3 教育行政について

以下、通告受付(2月12日)したものに、質問の意図を加筆してあります。(青文字)
1 災害時の備えについて
・・・新型コロナウイルス武漢肺炎について、長久手市新型インフルエンザ等対策行動計画に基づいた備蓄状況の確認、市役所業務についてBCP作成しを1日も早く公表することで市民の安全を守る必要性についてなど質問要望する予定でした。
⑴ 中華人民共和国湖北省武漢市において令和元年12月以降発生報告のある肺炎新型コロナウイルス「COVID-19」の日本国内感染者が1月16日に確認された。連日のニュースで感染者数の増加が伝えられ、感染予防に必要なマスクやアルコール除菌の製品が品切れとなっている。
ア 長久手市の備えはどのようか。
イ 長久手市新型インフルエンザ等対策行動計画は平成27年3月策定され「市民生活及ひ市民経済の安定の確保」として感染症対策等の十分な事前の準備を啓発することになっているが、啓発は十分行えているか。
⑵ 停電、断水の備えへの周知啓発の徹底が必要ではないか。
ア 市民の備蓄状況はどのようか。
イ 令和元年10月25日厚生労働省からの通知「災害時における授乳の支援並びに母子に必要となる物資の備蓄及び活用について」で液体ミルクの備蓄を進めるよう通知があった。長久手市でも備蓄が必要ではないか。

2 健康寿命と運転寿命の延伸について
・・・高齢者から「いかに免許を返納してもらうか?」ということが目的になりつつあるが、運転できることのメリットはとても大きい。研究から認知機能・運動機能が保てる運動(コグニサイズ)など取り入れた高齢者が運転寿命と健康寿命を伸ばせる施策へ提案する予定でした。
⑴ 令和2年度介護保険特別会計の予算は約27億円となり、10年前の約2倍になった。「人生100年時代」をいきいきと自分らしく安心して送るために、
ア 認知症対策の効果検証はどのように行っているか。
イ 国立長寿医療研究センターでは運転寿命の延伸について研究を進めている。免許返納により、要介護状態や認知症の発症リスクが高まることがわかったが、長久手市では高齢ドライバーに今後どのように対応していくか。
⑵ 平成30年第3回定例会でも紹介したが、大阪府泉大津市のあしゆびプロジェクトは幼児期からあしゆびを鍛え、体幹を鍛えることで、高齢者の転倒防止などを含む健康寿命の延伸を進めるプロジェクトである。効果の検証も行われ、活動が充実してきているが、長久手市も連携できないか。

3 教育行政について
・・・長久手市のコンピュータの整備率が低い(愛知県は全国ワースト1)が教育福祉委員会で1月21日大阪府箕面市へ視察し、これからの教育に不可欠なものであるとの思いと、国が進めるスケジュールに前向きな整備を求めるもの。また、放課後の学校の活用の提案。麹町中学校の3年間の研究結果からわかった脳の特性としての心理的安全下での教育効果の密接な関係を教育現場に取り入れていただけることを提案する予定でした。
⑴ 国は子どもたち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて「GIGAスクール実現推進本部」を令和元年12月19日設置し、全国一律の環境整備が必要だとの考えのもと予算を組んでいる。
ア 小中学校のコンピュータ整備状況は全国平均が5.4人に1台だが、長久手市は8.78人に1台とあまりに整備が遅れている。1月に教育福祉委員会で視察した大阪府箕面市では児童用のタブレット1台が1万6,000円で調達できたとのことだった。「児童生徒1人1台コンピュータ」の実現に向けて、環境整備はどのように進めるのか。
イ デジタル教科書などソフト面の導入はどのように進めるのか。
ウ 日常的に活用するために、教員の研修、ICT支援員の配置はどのように進めるのか。
⑵ 教師の「働き方改革」が進められるなか、名古屋市では新年度から小学校の部活動を民間委託する方針である。多様な活動を選択できる仕組みに変え、子どもたちは様々な運動、文化に触れ、教員、担任以外から指導を受ける機会が得られる構想である。これからの時代を生き抜くためには、人に寄り添い思いを分かち合う能力が今まで以上に必要になっていくと考えるが、長久手市でも放課後の部活動で子どもたちに良質な体験の機会を創造しないか。
⑶ 東京都千代田区立麹町中学校では、子どもの自律性を高めるには、経験を通して得たことを俯瞰して見る力(メタ認知能力)を教育に活かす取り組みが研究されたが、長久手市の教育に活かしていかないか。

子どものおやつに寒天パパ大活躍!

コメントをして足跡を残す


臨時議会運営委員会(2月28日)



「新型コロナウイルスに関する対応について」日程などを審議し、3月4日〜3日間の本会議(一般質問)を中止決定しました。



話し合いの中で私は「緊急事態宣言が出ていない。議運で決めず議長が全議員を招集し議会対応を協議できないか」を提案しましたが、議長より「今日の議運で決めて欲しい」と発言があり、一般質問中止が決まりました。





中止は、今回の事態において感染拡大の防止に向け対策本部に協力するためです。



長久手市では2月20日「新型コロナウイルス対策本部」が設置されています。(議会からは事務局長が出席)



長久手市議会では、緊急時の取り決めとして災害対策行動マニュアルがあります。



議会事務局長から今回の「新型コロナウイルス対策本部」は長久手市地域防災計画に定める市対策本部でないため、マニュアルの行動原則から外れると発言がありました。



しかし、他に緊急事の取り決めがありません。



⭐️マニュアルを参考に全議員参加の会議を開いて欲しいと議長に要望しました。

⭐️質問は2月12.13日に16名の議員が提出済みで、再質問は各部各課にヒアリングして準備中ですが、答弁をどのように求めるかは今後決めることになりました。



⭐️3月議会の日程

3月4日休会

3月5日予算決算委員会→議会運営委員会

3月6日本会議

3月11日予備日

3月16日議会運営委員会

3月18日本会議



コメントをして足跡を残す

1人1台の端末に向けて

学校ICTフォーラムの文部科学大臣のメッセージ(Youtube)

「子供たちの可能性を広げるべき場所である学校が時代に取り残され、世界から遅れたままではいられません。令和元年度の補正予算案において児童生徒向けの1人1台端末・・・整備する経費が盛り込まれました。・・・」

さぁ!どうする長久手市!

一般質問や委員会、会派の予算要望などで様々に提案してきましたが、

10月議会では、
「10年後までに小中学校1校あたり40台整備の予定」
とまだまだ先のような答弁でした😢

整備の状況は、
全国平均5.4人/台
長久手市8.78人/台。


今、舵を切るべきです!

明日から2日間教育福祉委員会視察です。
学校ICTの取り組み(箕面市)、障がい児支援センターの取り組み(草津市)について。

箕面市、草津市ともに学校ICTフォーラムの先進校として今回視察校になっています。

しっかり学んできます!

国では「GIGAスクール実現推進本部」が令和元年12月に設置されています。
子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT環境の実現に向けて対応するためのものです。
都道府県レベルでの共同調達の推進なども盛り込まれています。
愛知県は全国ワースト1の整備率です。
県の力も借りて、進めるべきです。

コメントをして足跡を残す