教育福祉委員会に出席しました。付託された議案2件の審査、所管事務調査を行いました。

議案第73長久手市国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

議案第76長久手市高齢者生きがいセンターの指定管理者の指定について

議案第73号は、空き地や空き家などの低未利用土地等活用のために租税特別措置法が改正されたことに伴い、譲渡益から100万円を特別控除することができる改正。

議案第76号は、市役所西庁舎より更に西側にある「高齢者生きがいセンター」の指定管理者を長久手市シルバー人材センターが令和8年3月31日まで行うこと。

シルバー人材センターは平成18年から高齢者生きがいセンターの指定管理を受け持っていますが、高齢者の生きがいづくり、働く場の提供などで実績を積み、今回も指定管理をお願いすることになりました。10月12日に指定管理者選定委員会が開かれ、審査の結果適当と認められています。

シルバー人材センターの自主事業は、内職、リフォーム、野菜や小物の販売、書道教室パソコン教室など多彩でこれらの活動が事業収益となっています。

野菜や小物(手作りマスク、竹細工など)の販売は販売価格の90%が提供者の取り分でシルバー人材センターは10%の手数料をとっているそうです。

どちらの議案も賛成全員で可決しました。

所管事務調査は

社会福祉法人長久手市社会福祉協議会について」行いました。

社会福祉協議会は社協(しゃきょう)とよばれ法人格を持つ「地域福祉の推進を図る団体」と社会福祉法に基づき設置された団体です。

3億円近い収入は、補助金・受託金と自主財源からで。

市補助金9,852万9,000円と市からの受託金(委託事業:スマイルポイント事業、生活困窮者相談支援業務など)1億5,599万8,000円が85.2%を占めています。

自主財源は、会費(自治会等を通じ1世帯あたり500円)、赤い羽根などの共同募金の配当金、寄付金、介護保険事業収入などがあり、こちらの合計は4,266万9,000円(令和2年度)です。

困窮者支援を始め、安心して生活ができるための活動は幅広く、市から委託する事業の数も年々増えているため正規職員の数は平成29年21名、平成31年27名、現在30名と増員しています。

会員制度は支え合いにより地域福祉が推進することを目的に世帯ごとに加入をお願いしていますが、長久手市の世帯数24,646世帯のうち加入は8,300世帯。加入率33.67%はこのままでよいのだろうか。

500円の会費が払えない場合は、要項にある「会長が特に認めた場合」の規定で支払いを配慮できるとお話でしたが、生活保護世帯などを支援する小中学校の就学援助費制度ではPTA会費を補助対象にしているので、もう少しそのあたりは市が考えてもよいのではないかと思いました。

午前中はここまで。

所管事務調査のために、担当の福祉課のほか、社会福祉協議会からは参事、事務局長、次長のもご出席いただき、質問に答えていただきました。ありがとうございました。

コメントをして足跡を残す

11月も今日が最後ですね。
寒い朝でしたが、太陽の眩しさ、暖かさで昼にはずいぶん暖かくなりました。


市役所駐車場にある山茶花(さざんか)がきれいに咲き始めました。

8時50分より本日の議会運営について打合せ会
9時05分より議員全体の打合せ会


9時半からは、本会議が開かれ2議案の採決が行われ可決しました。
議案は、国家公務員の今年度のボーナスについて、新型コロナウイルスの影響で民間企業の支給割合が下がっているのに合わせて、0.05か月分引き下げるよう人事院勧告があり、改正給与法が11月27日の参院本会議で、与党などの賛成多数で可決、成立したことを受けたものです。
・議案第77号 長久手市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について
・発意第2号 長久手市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末って当てに関する条例の一部を改正する条例について

散会後。
総務くらし建設分科会で補正予算、総務くらし建設委員会で3件の議案が審査されました。私は委員でないため、傍聴しました。

<<<分科会>>>
長久手市一般会計補正予算(第8号)の総務くらし文化の所管分について質疑。

ふるさとながくて寄付金について、今後はふるさと納税が集まることを見込んでいる。
ふるさと納税が見込める要因としては
1 ポータルサイトふるさとチョイスにJTBふるぽを追加する。JTBは手数料の追加で新たな返礼品の開発に加え、返礼品を扱う業者との間に入り市に成り代わって事務も行ってもらえる。
2 観光交流協会と連携し、新たな返礼品を選定し11月に追加した。
3 モリコロパークで行われるバンドイベント(1・2日で完売する人気)800万くらい見込める。
4 シンシアの丘の新たなクラウドファンディング800万見込める。

寄付があることで手数料がはじめてかかる。手数料はふるさとチョイス5%とJTB11%で合わせて16%。JTBが新たに返礼品を開発する商品数に上限はなく、順次増やしていく予定である。

杁ケ池体育館改修事業424.1万円について→体育館西側にある多目的トイレの改修。湿式から乾式、配管の取替え、便器の取替、おむつの取り替え台、オストメイトなどの設備を追加する。指名競争入札を予定、工事期間は1ヶ月ほどになる。

公民連携可能性調査等902万円について→繰越で業務を発注し、今年度1月から令和3年度秋ごろまでの期間、事業範囲、法制度、事業スキーム、事業評価、課題の整理などを行い最適な手法の構築をする。福祉の家温浴事業は開業から17年経過し、今後大規模な修繕費が予定されている。事業そのものの必要性、公益性などに対しサウンディング調査を行い、市民にとって公共サービスの向上になるようにしたい。節目となるタイミングでは議会にも途中経過を情報提供したい。

清掃事業粗大ごみ回収予約受付委託について→当初予算300万円があったが、前年比で6月143%、8月161%、9月145%、10月104%と4月から前年度比118%と例年より遥かに多い粗大ごみ回収予約があった。このため150万円の追加予算が必要。

ごみ啓発事業55.8万円について→レジ袋有料化に伴いしない大型店舗4社からの寄付金をもとに「雑がみ回収袋」をごみカレンダーと同時に全戸配布する。

有害鳥獣対策事業 謝礼金18万円 有害鳥獣処理委託20.7万円について→どちらも予算超過のため。

農業用施設維持管理事業52.9万円について→溜池周りの草刈り、選定、用水路の修繕で予算を消化し、草刈りに必要な予算が不足するための計上。

水環境施設管理事業、立石池管理事業82.4万円について→立石池敷地内一周分の桜の剪定。

はなみずき通駅駐輪場整備工事129.8万円について→戸建てとの間の緩衝帯で植栽があったが、マンションを建てる際に地面の高さを合わせ、マンション工事が終了し有効な土地利用とするため駐輪場整備をすることになった。

<<<総務くらし建設委員会>>>

付託された3議案について、委員会審査がおこなれ原案のとおり可決しました。

議案第73条 使用料及び手数料条例の一部を改正する条例について→土地・家屋台帳を廃止し、電子化することに伴い閲覧使用料の規定を削除(デジタル化により現在のものはPDF化)する。
・「紙の台帳は歴史的価値のある財産で閉鎖台帳として保存・公開の方法を考えないか。」などの意見がありました。年間200件強の閲覧実績がある台帳で、今年度いっぱい(令和3年3月末まで)は閲覧手数料200円で閲覧できます。
長久手市では概ね字ごとに5冊ある台帳中の1冊を申請書に住所名前を記入し、免許証などで本人確認をする手続きがありますが、誰でも閲覧できます。
法務局では1棟ごとに申請する必要があります。

議案第74号 愛知県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び愛知県市町村職員退職手当組合規約の変更について→愛知県市町村職員退職手当組合から尾張市町交通災害共済組合を脱退することにともなう変更。
・常勤職員1名が入るが組合解散とともに退職、解散業務は北名古屋市が行う。

議案第75号 尾三消防組合規約の変更について→10回ほど分担金の協議を開催し、平成30年度4つの指標で受益負担、応分負担が望ましいとの考えで分担割合を決めた。
・長久手市18.8119%→18.1957%令和2年度から2,100万円程度減額する試算。
・みよし、日進市、東郷町は令和2年度より負担割合が増加する。


市役所のホームページが新しくなっています。

コメントをして足跡を残す

議会二日目



朝一番乗りかと思ったら、冨田議員がすでに議場にいらっしゃいました。

議会運営についても打合わせ、全議員打合せ会が行われ、10時開会。


議案質疑が行われ、委員会(予算、総務くらし建設、教育福祉)へ付託されました。

散会後
次期環境基本計画(2021年度から2030年度の10年間)、リニモテラスの進捗状況について執行部から説明がありました。

環境基本計画は現在第3次、2021年からの第4次を策定中です。
2050年頃の世界及び地域の環境に向けた行動の第1歩を踏み出す始めの10年という位置づけで、脱炭素・循環型・自然共生のくらしを計画したもので、今後パブリックコメントなどが実施される予定です。

リニモテラスについては、カフェ運営事業者が決定したこと、また指定管理者の募集期間が終わり、12月に選定委員会が開かれること、同時に整備される2号公園の案が示されました。
川合議員から公園の中に配置される「人工芝」について、「環境基本計画で循環型のくらしを計画するのに、人工芝で良いのか」と意見がありました。担当課ではマイクロプラスチック汚染の原因となっていることなどは承知していました。どのように対応を決めるのか注目します。


会派室から北側をみるとセイタカアワダリソウがキラキラ綺麗です。
嫌われ者の外来種というイメージでしたが、セイタカアワダチソウを干して入浴剤にしている方の話を聞いてからはうまく暮らせないかななんて思ってしまいます。

午後は
12月10日の一般質問の準備、担当者へのヒアリングをし、教育と人事については流れが作れそうです♪


雀のなる木


一般質問(16人)の通告内容はこちら→

コメントをして足跡を残す

12月8.9.10日に予定されている一般質問の通告期限が、本日11月16日より明日11月17日の昼までとなっており、提出してきました。

質問は
1教育の充実について
2子育て支援について
3暴力のない安心安全なまちの実現について
4職員の給与と特殊勤務手当について


以上4項目です。
13番目の受付だったので、12月10日の午後1番かな。日程については、20日の議会運営委員会で決まります。

1 教育の充実について

令和2年10月に教育長に任命された大澤孝明新教育長に対して、これから本市の未来を担う児童・生徒の教育に対しての抱負と教育行政の向上に向けた取り組みについて考えを伺う。
⑴ GIGAスクール構想によりICTの活用が飛躍的に進むことが期待できるが、「個別最適化された学び」として学習内容が身についていない子どもへの補習に加え、理解の進んだ子どもは上級学年の学習をすることができる。情報端末の持ち帰りを含めてどのように考えているか。
⑵ 令和元年第2回定例会でも提案しているが、不登校の児童・生徒が自宅でICTを活用して学習した場合に出席扱いにできる制度についての活用をすすめるべきではないか。
⑶ 障がいのある児童・生徒の入学希望に対しての対応はどのように考えているか。
⑷ 北朝鮮による拉致問題は人権教育として学校で学ぶべき内容だと思うが現状をどのように把握し、今後はどのようにすすめるべきと考えているか。

2 子育て支援について

令和2年の出生数が昨年より2万人程度減少し、84万人台半ばとなる見通しである。新型コロナウイルス感染症拡大の長期化により妊娠前から子育て期へ不安を感じたことが影響すると考えるが、今後、本市で希望出生率1.8を実現するためには感染不安を取り除くサポートなど具体的な対策が必要だと考える。現状と対策、市内保育環境について伺う。
⑴ 令和2年度の母子健康手帳交付数の推移は昨年度までと比べてどのような状況か。
⑵ 保育園の待機児童数はどのような状況か。
⑶ 上郷保育園で給食の自園調理が始まったが、実施状況はどのようか。

3 暴力のない安心安全なまちの実現について

令和2年4月1日、親権者等による体罰禁止の明確化などを定めた「児童虐待防止対策の強化を図るための児童福祉法等の一部を改正する法律」が施行された。国はDVと児童虐待が密接に関連していることから現場での縦割りでない具体的な連携が必要だとしているため、その取組みについて伺う。
⑴ DVと児童虐待の特性等を理解するための研修や人事交流は、どのように行われているか。
⑵ 情報共有や連携の方法については、フローチャートやアセスメントツールを作成するなど相談員の経験や能力だけに頼らない形で標準化できているか。
⑶ 「しつけ」と称した暴力をふくめ体罰が禁止されたがどのように周知し、安全なまちを実現するか。

4 職員の給与と特殊勤務手当について

⑴ 新型コロナウイルス感染症対策として、市役所業務においてテレワークが実施された。業務の中でどのような職種で可能なのか。また、給与、手当の支給はどのように整理したのか。
⑵ 令和2年11月13日に香川県における高病原性鳥インフルエンザ4例目が確認され、環境省「野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル」の対応レベルがレベル3に引き上げられた。防疫手当は感染症、家畜伝染病の病原体の付着した物を取り扱う場合などに勤務1日につき500円支給できるが、増額できないか。

議会図書館に新しくハラスメントの本が2冊入ったので読みました。
冨田議員が昨年の12月議会からハラスメントについて継続して提案を続けています。
今議会の一般質問でも市役所の取り組みについて経過を質問します。


本の中では、公務員のハラスメントについて人事院の定める「懲戒処分の指針」などの具体例も紹介されています。参考になりました。

コメントをして足跡を残す

長久手市議会会派 香流(かなれ)を新結成し、活動報告を作成しました。



会派って何?

と聞かれますが、信頼し話し合える仲間です。
長久手市議会基本条例では次のように定めています。
「第5条 会派は、政策を中心とした同一の理念を共有する議員で結成し、活動するものとする。」

会派への扱いは市町によって扱いが色々です。

長久手市議会では会派には会派室の利用が許されています。すぐに解決するような問題から長い時間を要するものまで、それぞれの意見を持ち寄り話し合う場として利用しています。また、市民の方からの相談を受ける場としても利用します。お困りごとがあれば、ご相談くださいね。

そして、政務活動費の支給は会派支給ではなく、議員に年額12万円が支給されています。政務活動費の運用については各々が責任をもって取り扱うことになっています。

コメントをして足跡を残す