先日、ちょこっとご紹介した託児所のオープン情報です。地域のオアシスになりますように。 クリックすると大きな画面でご利用案内が確認できます。

(携帯から拡大がご覧になれない方もいらっしゃったので)
ご利用時間8:00~18:00
時間外(7:00~8:00/18:00~20:00)
火~日曜日・祝日
ご利用料金一時保育
1時間あたり 700~800円
(時間外は10分150円)

長久手町久保山160-3
電話(0561)63-9610

託児所 花 オープン

託児所 花 hana

☆土日もご利用いただけるようです。詳しくはお電話でお問い合わせくださいね。 0561-63-9610

託児所hanaブログはこちら→http://ameblo.jp/nagakute-hana/

コメントが1件あります♪

保育拡充

| 長久手の時間 | コメントくださいね♪

今日の朝日新聞では、西三河5市(碧南・刈谷・高浜・知立・安城)が7~9月の自動車業界の土日操業・木金休業への変更に合わせ、日曜と祝日の「休日保育」の拡充対応を決めたこと伝えていました。刈谷市では日曜日に閉鎖している児童クラブも開くことにしたそうです。

長久手の保育園は休園日が、日曜日・祝日・年末年始(12/29~1/3)を指定しているため、休日保育を行っていません。

通常保育   月~金曜日 8:00~16:00  土曜日 8:00~12:00(全園)
長時間保育は一番長い長湫西保育園で平日19:00まで。土曜日は全園で14:00までとなっています。

働くスタイルが多様化しているのに、土曜は昼までって…。

 

コメントをして足跡を残す

防災役員会で避難所運営研修(HUGという静岡県が開発した防災ゲーム)に参加しました。
講師は愛知県防災局から伊藤正直氏、長久手町社会福祉協議会(長久手防災V.C)のかたがお手伝いで参加してくださいました。

『もし、災害が起きて避難所の運営をしなければならない立場になったとき、最初の段階で殺到する人々や出来事にどう対応すれば良いか?』

を考えていくテーブルゲームです。

今回は避難所に指定された西小学校にさまざまなタイプの避難者や救援物資の到着、取材依頼などが訪れる設定で体育館と教室に避難者を分けていきました。一度決めた場所を移動するのは避難者に負担になるので、高齢の方や乳児、持病があるなど多様な避難者を初めの段階で的確に分けることが大切だということです。

ある日突然、防災リーダーというのではなく、組織作りとスキルを生かせる工夫は平時にこそ大事なんだと思います。

東日本大震災で1200人の避難者を受け入れた小学校では、同時にペット(犬35匹、猫、ハムスターなど)を連れて避難されるかたが多かったそうです。

HUGは、H(hinanzyo避難所)、U(unei運営)、G(gameゲーム)の頭文字を取ったもので、英語で「抱きしめる」という意味です。避難者を優しく受け入れる避難所のイメージと重ね合わせて名付けられています。

☆今日の研修のように、愛知県には『お届け講座』があります。

コメントが1件あります♪

東海地方も梅雨入りしましたね。梅雨の雨は静かに降り続けるイメージがありますが大型台風2号が接近中なので雲の流れに勢いがあります。

桜桃(ゆすらうめ)の実が色づき始めました。7年前に15センチほどの苗を植えてから、毎年たくさんの実をつけています。鳥に気づかれるとあっという間に無くなってしまうので、子どもたちは少し青い実までほおばっています。

桜桃(ゆすらうめ)

桜桃(ゆすらうめ)

 

そして、パッションフルーツ(くだものとけいそう)です。昨年長久手町の農学校で同期の方にパッションフルーツジャムを試食させていただいてから苗を探していたのですが、なかなか見つけることが出来ませんでした。(楽天でも品切れ店舗ばかりで)今朝その方から『町役場前のJAに実の付いた苗が売っていたよ。』とお電話をいただき出かけてきました。葉っぱと同色で分かりづらいですが、卵型の実がわかりますか(#^.^#) つる性の植物なので、朝顔・ゴーヤに続き緑のカーテンとして人気急上昇のようです。

ジャジャーン! パッションフルーツ (*^^)v

パッションフルーツ(くだものとけいそう)

コメントをして足跡を残す

 

ファミリーサポートのフォローアップ研修会に参加しました。
『簡単おもちゃづくり』で、カチカチ動物・いないいないばあ・ストロー落としの3つを作りました。おもちゃを手作りして、子どもさんを待つ時間って考えただけでもワクワクしますね(#^.^#)

『いないいない』





いないいない

『ばー!』

ばー!




私は長男が保育園に通っているとき、助けていただけるんじゃないか(いずれ余裕ができたら助けてみたい)と両方会員で登録をしました。3年ごとに更新があり今年3月に2度目の更新をしたので、6年以上お世話になっています。
二男の出産の際は、近くに親せきもいないので送迎をお友だちに頼むのでも、保険に加入しているファミリーサポートを利用することで安心でした。
長女の通院・リハビリの時も、0歳児を預かっていただけるファミリーサポートは長久手の母でした。
今日の講習会で、まさに長久手の母と慕っていた方が一緒に講習に参加されていて、嬉しい再会をしました。今もたくさんの方の依頼を受けていらっしゃるそうで、頼もしいなあと思いました。

ながくてファミリーサポートセンターを紹介すると、地域において育児の援助を受けたい人と行いたい人が会員となって助け合う会員組織で設立運営は長久手町が行っています。2時間から4時間の講習を受けることで、援助会員・両方会員・依頼会員になることができます。
ご興味のある方に、今後の講習会日程は6月8日(水)、7月16日(土)、9月29日(木)、11月1日(火)です。事前に、ながくてファミリーサポート事務局に申し込みが必要です。講習の際には託児がありますよ(*^^)v

コメントをして足跡を残す